プロレスサミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プロレスサミットとは、日本プロレスイベントである。

概要[編集]

  • 2006年、大成功を収めたインディーサミットでマッチメイクを担当したTAKAみちのくが封印。理由として「プロレスにメジャーもインディーもない。そんな垣根を壊しプロレスサミットを開催する。」と宣言した。インディーサミットでの参加団体を含め、多くの団体・選手に参加を呼びかけている。
  • 2009年、「若武者IV」開催発表会見にて、2009年度の年越しプロレスサミットは開催しないことを発表。去年でほぼ日本の全団体の参加と、斬新なマッチメイクが困難になってしまったため、無期限の充電期間を置き復活を目指すとのこと。
なお、1990年に全日本新日本WWFの三団体共催で行われた「日米レスリングサミット」とは全く関係ない。

現在までの参加・協力団体[編集]

(2008年12月現在)

上記団体はプロレスサミット主催・設営団体であり、下記団体は各所属選手個人による参加・協力である。

ソウル・コネクション(旧:ElDorado)、ユニオンプロレス闘龍門MEXICO新日本プロレス全日本プロレス格闘探偵団バトラーツDRAGON GATEビッグマウス・ラウドWMF(解散)、ZERO1パンクラスMISSIONどすこいプロレス暗黒プロレス組織 666-TripleSix-プロレスリング・ノアDEPSTYLE-Eでら名古屋プロレス、高山堂、東京愚連隊、ダフプロレス、その他

2007年[編集]

若武者〜プロレスサミットへの道〜[編集]

若武者
〜プロレスサミットへの道〜
イベント詳細
シリーズ プロレスサミット
主催 プロレスサミット実行委員会
開催年月日 2007年3月22日
開催地 日本の旗 日本東京都新宿区
会場 新宿FACE
試合数 全6試合
放送局 FIGHTING TV サムライ
入場者数 356人
備考 年末開催への序章として、若手選手を中心とした大会。
  • 試合および試合結果
第1試合 6人タッグマッチ 時間無制限1本勝負
内藤哲也
西山秀紘
今井計
7分58秒
逆エビ固め
カツオ
ランディ拓也
ロベルト田中
第2試合 タッグマッチ 時間無制限1本勝負
メカマミー
メカマミーLite
10分25秒
スリーパーホールド
菊タロー
松山勘十郎
第3試合 シングルマッチ 時間無制限1本勝負
田口隆祐 9分56秒
回転十字固め
石川修司
第4試合 バチバチルール 時間無制限1本勝負
佐々木貴
吉川祐太
9分56秒
K.I.D
原学
フジタ"Jr"ハヤト
セミファイナル 8人タッグマッチ 時間無制限1本勝負
雷陣明
スーパー・ドルフィン
南野武
澤宗紀
12分27秒
AXボンバー
KAZMA
KAGETORA
柿本大地
ソルジャー
メインイベント シングルマッチ時間無制限1本勝負
真霜拳號 17分56秒
ジャーマン・スープレックス・ホールド
関本大介

プロレスサミット in Osaka[編集]

プロレスサミットinOsaka
〜噂のサミットが大阪初上陸
イベント詳細
シリーズ プロレスサミット
主催 プロレスサミット実行委員会
開催年月日 2007年7月27日
開催地 日本の旗 日本大阪府大阪市浪速区
会場 旧:デルフィン・アリーナ
試合数 全5試合
放送局 FIGHTING TV サムライ
入場者数 254人
備考 初の地方大会。全カードに大阪プロレス所属選手が参加。
  • 試合および試合結果
第1試合 若手対決
タダスケ
矢野啓太
7分17秒
変形首固め
小部卓真
河野健一
第2試合 エンターテイメントマッチ〜3Wayタッグマッチ
15分45秒
レフェリーを含む全員がゾンビ化したため無効試合
中澤マイケル
松永智充
バラモン・シュウ
バラモン・ケイ
えべっさん
くいしんぼう仮面
第3試合 チャレンジマッチ
佐々木貴 11分22秒
逆エビ固め
原田大輔
第4試合 空中戦
KAGETORA
ラッセ
17分14秒
ジャガラギ
ビリーケン・キッド
メインイベント JUST NOW AGAIN
真霜拳號
関本大介
タイガースマスク
18分9秒
タイガース・スープレックス・ホールド
GAINA
HARASHIMA
谷嵜なおき

プロレスサミット in ARIAKE[編集]

プロレスサミット in ARIAKE
〜王者の祭典!全試合タイトルマッチ
イベント詳細
シリーズ プロレスサミット
主催 プロレスサミット実行委員会
開催年月日 2007年8月26日
開催地 日本の旗 日本東京都江東区
会場 ディファ有明
試合数 全7試合
放送局 FIGHTING TV サムライ
入場者数 1820人
備考 全試合タイトルマッチ。
  • 試合および試合結果
第1試合 IWA世界ジュニア王座決定戦バトルロイヤル
ウルトラセブン 8分12秒
バックドロップ
第6代王者となる
河童小僧●
退場順=グラン浜田田島久丸、南野武、趙雲子龍
第2試合 DDT EXTREME級選手権試合〜夏休み自由工作デスマッチ
荒谷望誉
(挑戦者)
9分40秒
リング設営に感動し戦意喪失
第4代王者となる
マッスル坂井(王者)●
アブドーラ小林(挑戦者)●
第3試合 東北タッグ&大阪プロレスタッグ両選手権試合
景虎
ラッセ
(第10代東北タッグ王座)
15分37秒
一騎当千
第10代東北タッグ王座防衛、
第17代大阪タッグ王者となった。
秀吉
政宗
(第16代大阪タッグ王者)
第4試合 インディペンデント世界ジュニアヘビー級王座決定戦
飯伏幸太 15分40秒
フェニックススプラッシュ
第7代王者となる
円華
第5試合 UWA世界6人タッグ選手権試合
HELL DEMONS
菅原拓也
バラモン・シュウ
バラモン・ケイ
(第32代王者組)
11分14秒
十三不塔
第32代王者組防衛
オメガ
火野裕士
旭志織
大石真翔
(挑戦者)
第6試合 BJW認定タッグ選手権試合
△関本大介
佐々木義人
(第23代王者組)
時間切れ引き分け
第23代王者組が防衛
真霜拳號
HARASHIMA
(挑戦者)
第7試合 BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合蛍光灯デスマッチ
"黒天使"沼澤邪鬼
(挑戦者)
19分50秒
狂神太平
第21代王者となる
佐々木貴●
(王者)

プロレスサミット in KORAKUEN[編集]

プロレスサミット in KORAKUEN
イベント詳細
シリーズ プロレスサミット
主催 プロレスサミット実行委員会
開催年月日 2007年12月31日
開催地 日本の旗 日本東京都文京区
会場 後楽園ホール
試合数 全9試合
放送局 GAORA(ニアライヴ)
FIGHTING TV サムライ(収録完全放送)
入場者数 2008人
備考 2007年度の集大成。
レフェリー
和田京平李日韓松井幸則内山彰吾
リングアナ
味方冬樹村上☆健新藤力也
変更カード
葛西純 ⇒ 伊東竜二
金村キンタロー ⇒ 黒田哲広
  • 試合および試合結果
第1試合 若手対決 6人タッグマッチ
矢野啓太
小部卓真
大橋篤
11分20秒
ジャーマン・スープレックス
スパーク青木
佐藤悠己
日向寺塁
第2試合 芸タッグランブル (時間無制限1本勝負)
グレート小鹿
将軍KYワカマツ
18分10秒
オーバーザトップロープ
バラモン・シュウ
バラモン・ケイ●
参加者
MEN'Sテイオー男色ディーノ維新力松田慶三、大石真翔&忍、
NOSAWA論外MAZADA、荒谷望誉&平井伸和
第3試合 チャレンジマッチ シングルマッチ
鈴木みのる 11分14秒
チキンウィングアームロック
原田大輔
第4試合 空中戦〜レジェンドvs新世代8人タッグマッチ
ザ・グレート・サスケ
グラン浜田
TAKAみちのく
ウルティモ・ドラゴン
8分36秒
サンダーファイヤーパワーボム
裕次郎
アジアン・クーガー
ザ・グレート・タケル
藤田峰雄
第5試合 バトラーツルール
澤宗紀 11分05秒
右ハイキック⇒KO
原学
第6試合 High&Low
高山善廣
房総ボーイ雷斗
16分47秒
エベレストジャーマン・スープレックス・ホールド
石川修司●
野橋真実
第7試合 蛍光灯6人タッグデスマッチ
佐々木貴
宮本裕向
稲松三郎
18分40秒
インプラント
伊東竜二
"黒天使"沼澤邪鬼
谷嵜なおき○
セミファイナル イケメンvsぶさいく 6人タッグマッチ
○飯伏幸太
円華
B×Bハルク
15分36秒
フェニックス・スプラッシュ
高木三四郎
アブドーラ小林
ドン・フジイ
高木がアイアンマン防衛に失敗、飯伏が第735代王者となった。
メインイベント 6人タッグマッチ
近藤修司
佐々木義人
○関本大介
23分40秒
ジャーマン・スープレックス・ホールド
真霜拳號
HARASHIMA
黒田哲広

2008年[編集]

若武者II[編集]

若武者II〜プロレスサミットへの道〜
イベント詳細
シリーズ プロレスサミット
主催 プロレスサミット実行委員会
開催年月日 2008年4月30日
開催地 日本の旗 日本東京都江東区
会場 新木場1stRING
試合数 全6試合
放送局 FIGHTING TV サムライ
入場者数 207人
備考 より多くのファンに観戦してもらうように入場無料。
  • 試合および試合結果
第1試合
○大橋篤 7分42秒
逆エビ固め
関根龍一
レフェリー:和田京平
第2試合
○スパーク青木 8分28秒
バックドロップ
天狗たけし
レフェリー:李日韓
第3試合
●矢野啓太
小坂井寛
11分12秒
オリンピックスラム
タダスケ
竹田誠志
レフェリー:熊本ちえ
第4試合
高西翔太 7分9秒
キャメルクラッチ
入江茂弘
レフェリー:内山彰吾 入江はデビュー戦。
セミファイナル

小部卓真
15分42秒
逆片エビ固め
駿河一
石川晋也
レフェリー:李日韓
メインイベント
小幡優作
清水義泰
15分39秒
片山ジャーマン・スープレックス・ホールド
原田大輔
安部行洋
レフェリー:内山彰吾

若武者III[編集]

若武者III〜プロレスサミットへの道〜
イベント詳細
シリーズ プロレスサミット
主催 プロレスサミット実行委員会
開催年月日 2008年9月3日
開催地 日本の旗 日本東京都江東区
会場 新木場1stRING
試合数 全6試合
放送局 FIGHTING TV サムライ
入場者数 181人
  • 試合および試合結果
第1試合
清水義泰
三原一晃
8分36秒
逆エビ固め
関根龍一
安部行洋×
第2試合
政宗
KAGETORA
9分15秒
一騎当千
佐々木大輔×
正岡大介
第3試合
平井伸和 7分43秒
裏WARスペシャル
小部卓真×
第4試合
佐々木貴
佐藤光留
15分8秒
腕ひしぎ逆十字固め
松田慶三
竹田誠志×
第5試合
関本大介 10分15秒
ジャーマン・スープレックス
入江茂弘×
第6試合
真霜拳號
HARASHIMA
19分10秒
無道
矢野啓太
石川晋也×

プロレスサミット2008[編集]

プロレスサミット2008〜カウントダウンプロレス〜
イベント詳細
シリーズ プロレスサミット
主催 プロレスサミット実行委員会
開催年月日 2008年12月31日
開催地 日本の旗 日本東京都文京区
会場 後楽園ホール
試合数 全9試合
放送局 FIGHTING TV サムライ(ニアライヴ)
GAORA(収録放送)
入場者数 2000人
備考 2008年度の集大成。
  • 試合および試合結果
第1試合 若手六人タッグ
岡田かずちか
小部卓真
シークヮーサー仮面
07分25秒
アルゼンチン・バックブリーカー
吉川祐太
岡林裕二
タダスケ
第2試合 チャレンジマッチ1
○田中将斗 04分55秒
スライディングD
入江茂弘
第3試合 15分1本勝負 MEN'Sテイオー御前試合〜プロレス一子相伝男のいろは〜
制限時間内にMEN'Sテイオーが疑惑の47のプロレス技をかけていく。
MEN'Sテイオー 14分56秒
男のいろは伝授完了
ヘラクレス千賀
ツトム・オースギ
KUDO
佐藤悠己
円華
松田慶三
TAKAみちのく
第4試合 蛍光灯6人デスマッチ
ザ・グレート・サスケ
伊東竜二
佐々木貴
15分55秒
ドラゴンスプラッシュwith蛍光灯
宮本裕向
木高イサミ
稲松三郎
第5試合 バトラーツルール
○澤宗紀
HARASHIMA
12分28秒
卍固め
佐藤光留
竹田誠志●
第6試合 タッグマッチ
鷹木信悟
吉江豊
16分04秒
ラストファルコンリー
火野裕士
TAKEMURA
第7試合 チャレンジマッチ2
鈴木みのる
高山善廣
13分00秒
ゴッチ式パイルドライバー
矢野啓太
石川晋也
セミファイナル 8人タッグ
大石真翔
野橋真実
タイガースマスク
正岡大介
18分24秒
S.E.X
KAGETORA
大和ヒロシ
忍○
KUSHIDA
メインイベント 6人タッグ
マンモス佐々木
石川修司
佐々木義人
23分54秒
ジャーマン・スープレックス
真霜拳號
関本大介
青木篤志
  • プロレスマラソン:ランナー気仙沼二郎 スクリーンによる中継
  1. 蝶野正洋からプロレスの灯を渡され新日本プロレス事務所をスタート。
  2. 道を間違え新木場1stRINGにつくと佐野直に火を消されるが、THE CRAZY SKBの火炎攻撃により復活。
  3. ディファ有明経由を周る。
  4. JWP女子プロレスNEO女子プロレスアイスリボン、フリーの女子選手から「負けないで」合唱応援。
  5. 全日本プロレス事務所前にて転倒し火を消してしまうも、渕正信から激を入れられ再び復活。
  6. 後楽園関係者に火気厳禁と止められるが、通りすがりの飯伏幸太へプロレスの灯を受け継いだ。

2009年[編集]

若武者IV[編集]

若武者IV〜プロレスサミットへの道〜
イベント詳細
シリーズ プロレスサミット
主催 プロレスサミット実行委員会
開催年月日 2009年6月25日
開催地 日本の旗 日本東京都江東区
会場 新木場1stRING
試合数 全6試合
備考 若武者初の6人タッグマッチが決定。
  • 試合および試合結果
タッグマッチ
三原一晃
河上隆一
15分56秒
ランディーフェイス
ランディ拓也
梶原慧
シングルマッチ
●谷口智一
佐々木大輔
12分12秒
ダイビングエルボードロップ→片エビ固め
クワイエット・ストーム
ライアン・テイラー
シングルマッチ
ヤス・ウラノ 14分6秒
首固め
小部卓真
タッグマッチ
佐々木貴
HARASHIMA
18分26秒
蒼魔刀
矢野啓太
石川晋也
6人タッグマッチ
真霜拳號
関本大介
佐々木義人
10分52秒
ジャーマンスープレックスホールド
石井慧介
関根龍一
翔太
タッグマッチ
滝澤大志
入江茂弘
19分4秒
ダイビングボディプレス→片エビ固め
日向寺塁
岡林裕二

外部リンク[編集]