野橋太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野橋 太郎
野橋 太郎の画像
プロフィール
リングネーム のはし たろう
かめっしー
野橋 太郎
野橋 真実
新井 小一郎
本名 野橋 太郎
ニックネーム 陸奥継承
身長 160cm
体重 80kg
誕生日 (1982-08-10) 1982年8月10日(35歳)
出身地 兵庫県神戸市
所属 みちのくプロレス
トレーナー ウルティモ・ドラゴン
デビュー 2002年5月11日
テンプレートを表示

野橋 太郎(のはし たろう、1982年8月10日 - )は、日本プロレスラーリングネームは、のはし たろう

経歴[編集]

新井小一郎[編集]

闘龍門の9期生として入門し、新井健一郎のミニ版として新井小一郎のリングネームで活躍。新井の弟というギミックで新井の母親も呼んで闘龍門にも登場した。後に新井注一郎というもう1人の兄弟が登場して兄弟トリオを組んでいた。

野橋真実[編集]

闘龍門X解散後、みちのくプロレスに参戦。今度は新崎人生のミニ版というギミックで登場し、実際に弟子入りし付き人も務めた。人生のムーブを完璧にコピーするのと併せて小柄な体格ならではの軽快な動きを駆使して人気を博した。人生との直接対決を実現させたが敗戦し、メキシコに再修業に出た後にフジタ"Jr"ハヤトと共にみちのく復帰を果たす。

野橋太郎[編集]

2010年1月、突如ルード軍「九龍」入りを果たしリングネーム本名の「野橋太郎」に改名。コスチュームは特徴色だった白が青く染められ、入場時には青いマスクを着用。必殺技は青く塗られた一斗缶を頭にかぶり無動作による「一斗缶タイビングヘッドバット」。デビューから約9年を経て初めて、他人のコピーではないオリジナルな存在としてのキャリアを歩み始めたが、一部のプロレスマニアからはひげや頭や凶器攻撃がそのまま飯塚高史のコピーと言われている。

2012年6月、大釜にてデビュー10周年記念大会を開催して子供の頃から憧れていた獣神サンダー・ライガーとのシングルマッチを行った。

11月26日、正規軍VS九龍の9対9の全面対抗戦が行われて野橋はザ・グレート・サスケと試合をした。結果は一斗缶を使っての反則勝ちとなった。それでも、九龍に一勝をもたらした。しかし対抗戦は5対4で正規軍の勝ちとなった。拳王に「九龍終わりにしろ」と言われた後にハヤトが、「俺とお前との決着まだついてないだろ!」と発言し、それがきっかけになり野橋とハヤトの関係に亀裂が生じた。その後、拳王、バラモン兄弟日向寺塁と共に「阿修羅」を結成するも結局、野橋が九龍を解散に追い込んだことになった。

2013年3月1日、みちのくプロレス東日本大震災復興チャリティ大会~神戸出身・野橋太郎デビュー10周年“初”地元凱旋大会~として神戸サンボーホールで師匠である人生と対決。

5月17日、闘龍門の同期である石森太二の持つGHC・ジュニアヘビー級王座に挑戦するも敗北した。

2014年、拳王のノア長期参戦、バラモン兄弟とザ・グレート・サスケの新ユニットムーの太陽の結成などから、限定参戦のタイガー・アリと欠場中の日向寺塁の3人だけになり、師匠でもある人生からは「野橋はいい奴なんです」などと会場で言われるようになり正規軍復帰を勧められる。

5月5日、日向寺の復帰戦終了後に日向寺が正規軍に復帰すると宣言し、野橋も人生の後押しなどもあり自然的に日向寺と正規軍に復帰。人生からは7月の矢巾大会までに「みんなに愛されるキャラクターになれ」と課題を出された。

6月15日、地元神戸市の垂水で初凱旋興行を行った。スペル・デルフィンと師匠である人生の6人タッグでムーの太陽と対戦。

7月19日、矢巾大会でウルティモ・ドラゴンと組み、タッグチャンピオンにてザ・グレート・サスケ&バラモン・ケイと対戦。キャラクター変更マッチの試合結果を受けて、人生から「髭がだめだ。皆から愛されるキャラクターになれ」と通告される。その結果、緑の全身タイツに甲羅とバズーカを背負った、仮面ライダーV3の登場怪人カメバズーカを彷彿とさせる姿で登場し、新たなるオリジナルキャラクターとした。愛されキャラに亀を選んだ理由について、「愛されるキャラにと言われて、亀かパンダしか浮かばなかった。パンダは愛されて日が浅い、亀の方が昔から愛されてるので亀にした。」と述べている。新リングネームは8月まで一般公募を行なっていた。

8月16日、滝沢市の観光大使に非公認ながら就任し、目標としていじめ撲滅・需要のある名産品のPR・滝沢市の活性化を掲げた。また滝沢市からは「変なことをしなければやってもいい」との理由で観光大使に就任したと言う。

8月20日、新キャラで『速報!バトル☆メン』に出演し、と共演し「妻が気に入っているから髭を剃らない」と表明する。番組のMCの豊本明長もブログで何を言ってもおもしろいと評価していた。

10月にフジテレビの『めちゃ²イケてるッ!』のメンバーでもある三中元克が番組企画でみちのくプロレスに入団。本来は入団オーディションに合格しないと練習生としてリングデビューへの道は進めないが、特別に「テスト生」という形で三中を指導した。しかし、三中は野橋がいない時の自主練習では手を抜いたことで練習生テストに不合格となった。野橋はこれを受け今までの姿勢を問題視して三中を注意し、その後三中が再テストの依頼を人生にお願いして承諾されたことから三中には厳しく指導した。しかし三中は厳しくなった練習を嫌がり、ついに脱走してしまう。12月28日にフジテレビの「冬フェス+フジテレビ 2014~2015」みちのくプロレス in お台場に素顔で久々に登場。この日三中はフジテレビを訪れたが、何事もなかったかのように野橋は三中にリング作りを手伝わせ、人生が全試合終了後に三中を呼び出すと、マイクを野橋に渡し、コーチとして「覚悟決めて(もう一度プロレスを)やれるのか!?」と迫り、野橋は三中に気合と禊ぎの張り手を炸裂させ、脱走の一件を赦した。 その三中は翌年再テストに合格して晴れて練習生となったが、練習の過酷さや進展しない企画に音を上げ、2015年の7月中旬にまたもや脱走し、遂には勝手にお笑い芸人になる為の芸能活動を始めるなど、番組や人生そして野橋達の努力を無下にする様な行動に出た。一度ならず二度までも裏切られたことで、流石の野橋も三中に対し愛想を尽かし、人生やめちゃイケのスタッフに「もう(三中がみちのくプロレスに)戻ってきても、コーチはしない」と事実上の破門宣言をした事で、企画はそのまま中止となった。結局、三中はリングデビューも果たせぬままみちのくプロレスを退団(除名)となった上、この不始末が原因でめちゃイケからも降板させられる事となってしまった。

2016年2月27日、先述のプロレスラー挑戦企画放棄の罰として行われた再オーディションで不合格となり、めちゃイケから降板となった三中に対し、人生が『プロ芸人(三中が結成したお笑いコンビ dボタン)としての初仕事』として、翌日の28日都内で開かれたみちのくプロレスの大会のMCを依頼。そこで野橋は、三中と(当時)相方の臼杵寛をリングの上に呼び出すと、自分や人生、みちのくプロレス関係者全員の期待を二度も裏切り、企画を台無しにした事について叱責。三中は勿論、『相方が犯した不始末の連帯責任』という理由から臼杵に対しても、それぞれケジメの張り手を炸裂させた。その上で野橋は「もうプロレスを教える事はないけど、芸人の仕事は途中で投げ出そうとせずに頑張っていけ」と叱咤激励し、そんな厳しくも労りある言葉に感涙した三中は改めて野橋に企画をやり通せなかった事を謝罪し、最後は両者抱き合って和解した。

かめっしー[編集]

9月20日、新リングネーム応募総数100通近くの中から決まった「かめっしー」というリングネームに改名された。ふなっしーの要素もなくマスクをかぶったティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズのリーダーレオナルドそっくりのキャラになった。髭を新崎人生に気に入られてないためマスクを新調させられて髭が見えなくなった。カメバズーカとして使用していたバズーカは現在も入場時に使用している。道場では常に上下緑色に染まった服を着用している。

10月18日、本家ふなっしーと同様に弟が誕生した。かめっしーよりも圧倒的に小さい弟の「かめごろう」で、登場時にはかめごろうにコールが飛び交った。

11月23日、ムーの太陽に異星人で入場時に使用するバズーカを滝沢市を破壊する兵器と勘違いされて、ムーの太陽とかめっしーというハンディキャップマッチで亀狩りに合う。だが試合もサスケの腕ひしぎ逆十字固めに敗れ、試合後には弟のかめごろうを殺されてしまった。

12月12日、宇宙大戦争で再生手術をして記憶を失ったが、兄のために戦うことだけを覚えている巨大化したかめごろーかめっしー1号&2号と共にみちのくニンジャタートルズを結成して対戦するも、敗北した。

のはしたろう[編集]

2015年3月14日、矢巾大会、バラモン・シュウの持つ東北ジュニアヘビー級王座に挑戦。試合後、のはしたろうに改名した。みちのくニンジャタートルズは解散となった。

3月15日、仙台大会にてMASAみちのく、デビュー当時のTAKAみちのくと同じく三度笠スタイルで登場した。のはしたろうとしてのデビュー初戦はKen45°から逆打ちで勝利する。同月からは、のはしを滝沢市“公認”観光大使にする署名を試合会場で行った。

4月、6月19日開催の神戸サンボ-ホール大会開催を前に兵庫県龍野市に本社があるインスタントラーメンなどの製造販売を行うイトメンの「イトメン」大使に就任した。

得意技[編集]

東林寺ドライバー
LSD IIIと同型。
捨身ヶ嶽
真実一路
逆打ち
ダイビングヘッドバット

入場曲[編集]

タイトル歴[編集]

外部リンク[編集]