マッスル坂井

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マッスル坂井
マッスル坂井の画像
プロフィール
リングネーム マッスル坂井
スーパー・ササダンゴ・マシン
本名 坂井 良宏
ニックネーム マッスル・オブ・ジョイトイ
身長 186cm
体重 120kg
誕生日 (1977-11-05) 1977年11月5日(40歳)
出身地 新潟県新潟市
所属 松竹芸能
スポーツ歴 剣道
トレーナー アニマル浜口
デビュー 2004年7月31日
テンプレートを表示

マッスル坂井(マッスルさかい、1977年11月5日 - )は、日本のプロレスラー、実業家、映像作家。坂井精機専務取締役。本名:坂井 良宏(さかい よしひろ)。有限会社DDTテック(現:株式会社TEC)元代表取締役でありマッスルを主宰。

経歴[編集]

新潟明訓高校時代は剣道部に所属していた。一方で映画監督漫画家にも憧れており、「ビッグコミックスピリッツ」で努力賞を受賞している。

早稲田大学第二文学部に進学。「シネマ研究会」に所属して自主映画を製作する流れで、プロレスのドキュメンタリーを撮ろうと考え、アニマル浜口のジムの練習生となった。

のちDDTに参加し、在学中の2002年6月20日、DDT Club ATOM大会でのダーク・マッチで初登場を果たす。以来練習生として200試合以上をこなし、正式デビューに至らないまま(当時DDTの新人の登竜門であったスーパー宇宙パワー戦は2004年9月16日に経験しているが、雨のため大会は中止扱い、記録抹消)2003年1月4日にはアイアンマンヘビーメタル級王座に就くもすぐに脚立にタイトルを奪われるという失態を演じ、12月10日には当時の社長・一宮章一に映像班に専念することを言い渡された。

早稲田大学を中退した2004年7月31日後楽園ホール大会でスーパー宇宙パワー相手に正式デビュー戦。それに際し「マッスル坂井」と改名。その年の10月13日にはお笑い系プロレス興行「マッスル」をスタートさせる。

2005年には猪熊裕介男色ディーノとのユニット「ドラマチック三銃士」で話題を博し、橋本友彦、男色ディーノとは昭和52年生まれ限定のユニット「B-52スペシャル」を結成する(橋本友彦のDDT退団により消滅)。2006年に入り頭をアフロにしたかと思うと大鷲透率いるDISASTER-BOXに心酔してメンバー入り、「魔ッスル坂井」と名乗り解散後にマッスルに戻る。映像班も兼任。「DDTテック(現:TEC)」の社長でもあった。

2007年1月、今までDDTテックの社長ということでノーギャラでリングに上がっていたことに本人が気づいたため、DDTと初の選手契約を交わした。しかし、1試合当たり5000円のギャランティ契約であるらしい。

2007年6月3日、NOSAWA論外を騒音防止デスマッチで破り、DDTエクストリーム選手権第3代王者となる。

2008年4月、親しらずからバイ菌が入り、下アゴの骨が壊死しかけるという蜂窩織炎により緊急手術を行い、約3週間にわたり入院した。

2008年末の両国大会告知以降は映像班に専念し、2009年8月23日の両国大会を裏方として盛り上げる。

2009年9月9日、マッスルの元ネタであるハッスルに練習生として入団。この時点でDDTとは正式なレスラー契約をしていないため、DDT退団ではない[1]TAJIRIとのシングルでハッスルデビュー。

2009年11月29日、再びDDTへ戻り正式にレスラー契約を結び、2010年5月23日の大阪大会で復帰した。

2010年8月3日、実家の金型工場である坂井精機株式会社を継ぐためとして引退を発表。同年10月6日、後楽園ホールにて開催されたマッスルハウス10をもって引退し試合中に先日入籍していたことや近々子供が生まれる予定であることを発表した。20年後の2030年10月6日にマッスルハウス11を開催し、自身の子供を出場させる考えを示した。

その後はレスラーとして表舞台に上がることはなかったが、2012年2月19日のDDT後楽園大会では「マッスルの亡霊」役で1年半ぶりにリングに登場する。その後8月12日の武道館ピーターパンのマッスル提供ダークマッチ、マッスルハウス10.5に出場し限定復帰を果たした。この出場に備えて地元を拠点とする新潟プロレスにて練習を行っており、7月28日にはレフェリーとして新潟プロレスに出場している。

2013年現在、金型工場では専務職にあること、新潟大学大学院の技術経営研究科に入学したこと、新潟プロレスにマスクマン(後述)として出場したことを明かしている[2]。また、引退後は顔を隠してDDT後楽園大会に通っていたことを仄めかした。

2014年8月17日、DDT両国大会にて男色ディーノの指名を受けて限定復帰し、ディーノの持つDDTエクストリーム選手権に「インポータントサムシング時限爆破デスマッチ」で挑むが敗北した。試合後、DDTの映画進出第1号作品で総監督を務めることも発表された。

幻の2代目マッスル坂井[編集]

2015年4月29日、ユニオンプロレス後楽園ホール大会第6試合の福田洋vsスーパー・ササダンゴ・マシン戦が「2代目マッスル坂井決定戦」として行われた。勝利した福田が2代目マッスル坂井襲名の権利を得たが、坂井の代理人である川邊賢一郎弁護士が読み上げた権利書から坂井の権利に加え、住宅ローンや固定資産税ほか各種税金などの支払い義務も発生すると聞くと福田は辞退した。

スーパー・ササダンゴ・マシン[編集]

スーパー・ササダンゴ・マシン

スーパー・ササダンゴ・マシンは、新潟プロレスに所属していたマスクマン。名前の由来は新潟名物笹団子スーパー・ストロング・マシンをかけたもので、マスク及びコスチュームも笹団子の色である緑が基調である。また、新潟と言えば笹団子と金型工場と公言している。DDTではなにかしらの理由で頻繁にマスクを脱いでおり、また選手及び関係者も「坂井」と呼ぶことがあるので正体がバレバレになっている。パワーポイントによるプレゼンテーションを織り交ぜたマイクパフォーマンスが特徴。

  • 2012年10月21日、「新潟プロレス in 山王苑」大会にてvs ときのひな戦でデビュー。
  • 2013年3月3日、新潟プロレス道場マッチにて新潟無差別級王者シマ重野と初シングル。
  • 2013年7月15日、DDT新潟市鳥屋野総合体育館大会に怪覆面MSとして現れるも、マスクを剥がされてしまう。新潟出身のDJニラと組み高木三四郎&飯伏幸太組と対戦し、ニラの脚延髄のアシストから高木にバーディクトでフォールする。
  • 2013年10月2日、「DDT48総選挙」で9位に入った。
  • 2014年1月3日、HARASHIMAの持つDDT EXTREME級選手権に「新春プロレスかるたデスマッチ」ルールで挑むも敗北した[3]
  • 2014年3月21日、DDT後楽園ホール大会での「いつでもどこでも挑戦権ロイヤルランブル」に参加、DJニラに自身のマスクをかぶせ視界を失わせるという攻撃を行い権利書を獲得し、これ以降行使するまで奪われること無く保有し続ける。
  • 2014年5月18日、ユニオンプロレス後楽園大会「ゴールデンユニオン」にて竜剛馬が持つ世界アイポケ級選手権にNO-DQ Only 「SAY YES」デスマッチ(当時渦中にあったCHAGE and ASKAのヒット曲「SAY YES」サビの締めである「SAY YES」を相手に歌わせた方が勝ち)で挑み、勝利。ササダンゴ曰く「アメリカ南部ではだいぶやられている試合」とのこと[4]。以後アイデアポケットとの提携が終了したため世界アイポケ級選手権は封印状態にあるものの、ササダンゴは入場時にアイポケ級のベルトを巻き続けている。
  • 2014年6月29日、DDT後楽園ホール大会にてKO-D無差別級王者(当時)HARASHIMAの試合後に突如登場。本部席からPowerPointを使用し「自己紹介・挑戦理由・勝利方法」等を次々にプレゼン[5]した上で、保有していた「いつでもどこでも挑戦権」を行使。マッスル坂井時代から通じて初のKO-D王座挑戦も敗北[6]
  • 8月23日、新潟プロレス・デンカビッグスワンスタジアム大会にて保坂秀樹の持つ新潟無差別級選手権に挑戦するも敗れた。
  • 2015年2月15日、全身白のコスチューム桜庭和志と対戦し、バナナの皮を使って桜庭を滑らせるものの敗北を喫した。
  • 3月29日、男色ディーノとのタッグでKO-Dタッグ王座に挑戦し、妖怪子泣き爺になったり頭を丸めたりするも敗北した。
  • 6月12日、芸能活動に関して松竹芸能所属(文化人枠)になることが発表された。
  • 8月限りで新潟プロレスを卒業し、「DDT準所属」という名目でフリーランスに転じることになった。
  • 2016年3月21日、ケンドー・カシンの持つDDT EXTREME級選手権に挑戦し、アルティメットロワイヤル有刺鉄線パワーポイント・ノー電源爆破PWFルールで対戦し勝利する。
  • 心臓疾患によりプロレス活動のみを休業。
  • 2017年3月20日、男色ディーノvsジョーイ・ライアンの「『DDTがDDTであるために』20年のエンタメ集大成!ワールドワイド世界一ヤバいヤツ決定戦」にてインターナショナル・パワーポイントを披露した。
  • 5月8日、高木三四郎とタッグを組み鈴木みのる&ロッキー川村組と復帰戦を行うも敗れた。

プロレス以外での活動[編集]

かつてフジテレビで放送された『WWEスマックダウン』に、当時のエースだったブロック・レスナーのそっくりさんに扮しスタジオの観客達に混ざっていた。また、レスナーの真似をして試合をしたこともあった。

2007年4月、デトロイト・メタル・シティとのコラボでTシャツを製作する。しかしデザインが某メジャー団体のロゴと酷似していたため、Tシャツ担当者から買取を命じられた(本当に買い取ったかどうかは不明である)。

2007年6月2日、ルミネtheよしもとにて行われたお笑いイベント、ダイナマイト関西Rにプロレス界から初の出場を果たす。1回戦はシードながら、2回戦で中山功太、準決勝でラバーガール大水洋介と撃破し、名立たる芸人を差し置いてまさかの決勝進出を果たした。決勝戦ではカリカ家城啓之に1-0で敗れるも、準優勝という成果を上げている。

2007年9月12日、Zepp Tokyoにて行われたダイナマイト関西RXに出場、1回戦で笑い飯西田幸治に1-0のスコアで勝利し、大会屈指の番狂わせと言われた。しかし最終結果は2回戦でジャルジャル後藤淳平に2-1で敗れ敗退となった。

2008年1月5日より、『めちゃ×2イケてるッ!』の企画「只今参上 色とり忍者・第二章」に徳川綱引将軍役で出演した(以前は「単位上等!爆走数取団」の関取団として参加していた)。

2008年6月7日 - 13日、YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100 〜100人が映画撮りました〜の企画で、映画監督に初挑戦した『シルバーホストG』(主演:村上ショージ)が公開された。

2010年8月21日、ディファ有明で開催されたダイナマイト関西2010 secondに出場したが、1回戦では小籔千豊に対してサドンデスまで持ち込むも敗れた。なお、この大会では各選手の入場VTR作成を坂井が担当した。

2012年2月4日、「バッファロー吾郎Aの試練の大喜利十番勝負」にバッファロー吾郎Aの4番目の対戦相手として登場し、3ポイント先取のルールで出した3回答すべてでポイントを獲得して勝利する。なお、このイベントの会場はマッスルでも常打ちとしていた北沢タウンホールであった。

2013年9月14日のAOMORI ROCK FESTIVAL -夏の魔物-内で行われたトークショー、「KAMINOGE ROCK FESTIVAL'13」に出演、この出演に際してAOMORI ROCK FESTIVAL公式サイトにて近況を語っている[2]

2015年11月11日、『水曜日のダウンタウン』に「近年のプロレス、表現の幅広がってる説」で出演した。その後も数回出演している。

2016年3月30日、『くりぃむクイズ ミラクル9』に出演。

なお、地元である新潟総合テレビ(NST)の情報番組『八千代コースター』にレギュラーとして出演している[7]

得意技[編集]

バーディクト
マッスル坂井、ササダンゴマシン共通で使用しているフィニッシャー。
マッスルロック(フルネルソン
マッスルスープレックス
投げっぱなし式のフルネルソンスープレックス
マッスルボンバー
ダイビングニードロップ
仕掛ける際に観客に手拍子を要求し、高確率でかわされることも。
ベリートゥベリースープレックス
フォールアウェイスラム
ハリケーンミキサー
バッファローマンを模したコスチュームのときに使用する。
マッスルスタンプ
足踏み。
垂直落下式リーマンショック
リストロック式インプラントDDT。
ササダンゴ自身が初のKO-D戦に挑むにあたって開発した技。被験者である新潟プロレスのブラックトムキャット曰く「HPが35%減った」・コシ☆ヒカ〜ル曰く「2発で70%減った」との発言から、3発食らわせると相手を倒すことが出来る。
また企業が相手ならば理論上は倒産させることが出来るとしている。
2014年6月29日のDDT後楽園ホール大会にてKO-D無差別級王者(当時)HARASHIMAに3発食らわせることが出来たものの敗北した。
飯伏式リーマンショック
7ヶ月ぶりの復帰戦にあたり新必殺技を飯伏プロレス研究所へ外注した結果、開発された技。通常の垂直落下式リーマンショックのリストクラッチ状態から一度ファイヤーマンズキャリーの形で背中に担ぎ、そこから垂直落下式に相手を落とす。担がれた状態で首が締まるため。拷問技の要素も追加されている。
キドクラッチ式リーマンショック
キドクラッチ
身長と体重以外何一つとして勝っていないササダンゴが坂口征夫対策に開発した格闘家系レスラーの弱みである丸め込み技で、征夫の父でもある坂口征二が苦手としていた抜群のフォール率を誇る技。臨床実験の際被験者のコシ☆ヒカール曰く、体重差のあるササダンゴに丸め込まれるとササダンゴの体重のかけ方が上手すぎて必要以上に苦しく、「HPが35%も消耗しました」と言っている。
3回成功すれば垂直落下式リーマンショックと同様に企業なら倒産させることが出来る。
バナナの皮
イグノーベル賞物理学賞を受賞している北里大学馬渕清資教授の研究で「バナナの皮は通常の床の6倍滑る」ということを生かしコーナーに追い詰められたササダンゴがセコンド(主に勝俣瞬馬)からこっそり皮を渡してもらい相手を6倍の威力で滑らせる技。滑った相手を垂直落下式リーマンショックに移行する。
子泣き式男色ドライバー
男色ディーノとの合体技。勝利のためなら悪魔と化してもいいと思ったササダンゴが妖福亭鶴瓶妖ゐこTK妖が所属する上方妖怪界の二大プロダクションの妖竹芸能に入社して妖怪子泣きじじいと化して2,000kgになったササダンゴが男色ドライバーを決めにかかるディーノの背中におぶさりながら決める合体式の男色ドライバー。ディーノの体重105kgと子泣きじじいとなったササダンゴの体重2,000kgを加えて合計2105kgのダメージを相手に与えることが可能となる。但し、試合ではディーノが患ってるヘルニアの影響もあり一回が限度の必殺技でもある。
オムツかぶせ式リーマンショック
7月12日の大阪大会でプレゼンした臨床実験不可能の必殺技。感動的な雰囲気の中でササダンゴが12日の朝から着用している紙オムツを対戦相手の丸山敦に渡し「これで涙を」と言いオムツをかぶってしまうことを想定したうえで考案した必殺技。マスクマンの悲しい性でどうせ被ると想定していたが、当日観戦に来ていた丸山のファンでもある入江茂弘の母が息子に送ったメッセージで丸山は号泣するも、丸山に呼ばれて登場した入江が母に送ったメッセージでササダンゴのほうが逆に泣いてしまい、ササダンゴはその丸山にオムツを渡されるとオムツをかぶせられた状態で丸山のTAJIRI公認バズソーキックを喰らい、あえなく敗れてしまった。

入場曲[編集]

マッスル坂井
スーパーササダンゴマシン

タイトル歴[編集]

出演[編集]

  • 『NHK高校講座 社会と情報』(Eテレ、2016年)レギュラー ※スーパーササダンゴマシン
  • 八千代コースター』(新潟総合テレビ、レギュラー)
  • 水曜日のダウンタウン』(TBS、2015年 - )プレゼンターなどで出演。2017年6月には飯伏幸太と「プロレスラー」のコンビ名で漫才を披露。
  • 『ますおか岡田&スーパーササダンゴマシンのパァ!さんぽ~看板娘いませんか?~』(2017年、AbemaTV) - MC※スーパーササダンゴマシン

作品[編集]

映画[編集]

  • 『シルバーホストG』(2008年6月7日公開) - 監督脚本
  • 『劇場版プロレスキャノンボール2014』(2015年2月16日公開) - 監督[8][9]
  • 『俺たち文化系プロレスDDT』(2016年11月26日公開) - 監督[10]

DVD[編集]

  • 『スーパー・ササダンゴ・マシンによるコミュ障サラリーマンのためのプレゼン講座』(発売元・ポニーキャニオン、ササダンゴマシンプレゼン講座制作委員会、2016年4月6日[11]) ※スーパーササダンゴマシン

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ a b 夏の魔物 - AOMORI ROCK FESTIVAL'13公式サイト - 魔刊ヨミモノ 第六話”. AOMORI ROCK FESTIVAL公式サイト. 2013年10月29日閲覧。
  3. ^ 【後楽園リポート】4月からテレ玉レギュラー放送決定!/マイケルのウェポンとして鈴木みのる登場、8・17「両国ピーターパン2014〜人生変えちゃう夏かもね!〜」への参戦決定!!/1・26後楽園で大石&赤井沙希vs大鷲透&世Ⅳ虎 | DDTプロレスリング公式サイト”. DDTプロレスリング (2014年1月3日). 2014年2月12日閲覧。
  4. ^ 【後楽園リポート】イサミ、敗れる! 光留へ流出した至宝奪還に立ち上がったのは福田!!/ユニオンvsガンプロ対抗戦の結末は石川勝利も「これで終わりと言わない」/ワールドメンズクラブがUWA世界タッグV1/ビアードがチェリーのFTE王座に挑戦!! 赤井はディーノの尻に吸い込まれる/ササダンゴがノーDQオンリーSAY YESマッチを制してアイポケ王座奪取 | DDTプロレスリング公式サイト”. DDTプロレスリング (2014年5月18日). 2014年5月16日閲覧。
  5. ^ 2014年6月29日DDT後楽園ホール大会「スーパーササダンゴマシン 煽りパワポ」 (YouTube). DDTプロレスリング.. (2014年7月1日). http://www.youtube.com/watch?v=8GssxTyKewQ 2014年7月25日閲覧。 
    2014年6月29日DDT後楽園ホール大会「スーパーササダンゴマシン 煽りパワポ」 (niconico). DDTプロレスリング.. (2014年7月1日). http://www.nicovideo.jp/watch/1404220826 2014年7月25日閲覧。 
  6. ^ 【後楽園リポート】KING OF DDTを制したのはイサミ! 8・17両国で無差別級王座挑戦へ/HARASHIMAがいつどこ権行使のササダンゴを退け無差別級王座防衛、ヤスからいつどこ権を奪取したケニーは7・20後楽園で挑戦なるか!?/8・17両国で竹下vs棚橋が決定!!「胸を貸したい!」(棚橋)「僕はジュラ紀から数えて2億万年に一人の逸材です」(竹下)/8・17両国の鈴木&マイケル戦の高木のパートナーは葛西! 今年の両国全域を使った路上プロレスは本戦!”. リポート&コラム. DDTプロレスリング. 2014年7月3日閲覧。
  7. ^ 八千代コースター 新潟総合テレビ
  8. ^ 映画「劇場版プロレスキャノンボール2014」”. ライブ・ビューイングジャパン (2015年2月16日). 2015年6月8日閲覧。
  9. ^ 映画『プロレスキャノンボール』で、レスラーたちが実現した奇跡とは?(1/3) [格闘技PRESS]”. Number Web - ナンバー (2015年2月8日). 2015年6月8日閲覧。
  10. ^ マッスル坂井が監督作の公開初日に熱弁「プロレス文化の本質が伝われば」”. 映画ナタリー (2016年11月27日). 2017年2月1日閲覧。
  11. ^ http://hp.ponycanyon.co.jp/short/sakuhin/PCBC000011194/

外部リンク[編集]