さいたまスーパーDDT2015

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さいたまスーパーDDT2015
イベント詳細
シリーズ
主催 株式会社DDTプロレスリング
開催年月日 2015年2月15日
開催地 日本の旗 日本 埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナ
試合数 11試合
放送局 FIGHTING TV サムライ
入場者数 6500人(超満員札止め)

さいたまスーパーDDT2015』(さいたまスーパーディーディーティー にせんじゅうご)とは、日本のプロレス団体DDTプロレスリングによる、さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナで行われた興行であり、ピーターパンシリーズ以外では初のビッグマッチ。

概要[編集]

全試合結果[編集]

キングオブダーク初代王者決定戦
伊橋剛太
DJニラ
6分12秒
首固め
福田洋
星誕期
伊橋がキングオブダーク初代王者となる
第0試合
樋口和貞
河村知哉
岩崎孝樹
6分40秒
カナディアン・バックブリーカー
中津良太
鈴木大
梅田公太
オープニングマッチ 曙軍vsヨシヒコ軍全面対抗戦
〈曙軍〉

大鷲透
平田一喜
12分15秒
ランニング・ボディープレス
〈ヨシヒコ軍〉
ヨシヒコ
アントーニオ本多
グレート小鹿
アイアンマンヘビーメタル級選手権
アジャ・コング 14時31分
カメラで襲撃→片エビ固め
DDT映像班 久保佑允
久保が1013代王者に
第二試合 アイアンマン時間差入場バトルロイヤル
出場選手(入場順)
久保佑允、ヤス・ウラノ勝俣瞬馬相島勇人高尾蒼馬佐藤光留ベルナール・アッカ松永智充ゼウス赤井沙希大石真翔、アジャ・コング
久保 2分1秒
カサドーラ
勝俣
勝俣が第1014代王者に
勝俣 5分57秒
逆片エビ固め
佐藤
佐藤が第1015代王者に
佐藤 7分43秒
ジャックナイフ式エビ固め
高尾
高尾が第1016代王者に
アッカ 8分35秒
OTR
ゼウス
相島 8分40秒
OTR
ゼウス
ウラノ 8分51秒
OTR
ゼウス
高尾 10分9秒
のど輪落とし
ゼウス
ゼウスが第1017代王者に
佐々木 11分59秒
OTR
越中
ゼウス 10分18秒
横入り式エビ固め
松永
松永が第1018代王者に
松永 11分26秒
ゼウスのラリアット→体固め
大石
大石が第1019代王者に
大石 12分40秒
バックドロップ
アジャ
アジャが第1020代王者に
赤井 13分44秒
垂直落下式ブレーンバスター
アジャ
第三試合 テレ玉 presents DDT EXTREME級選手権試合 ルールランブルマッチ
彰人
(第30代王者)
10分1秒
エビ固めwithロープ
旭志織
(挑戦者)
彰人が6度目の防衛に失敗、旭志織が第31代王者となる。
第4試合 KO-D6人タッグ選手権試合
バラモン・シュウ
バラモン・ケイ
ゴージャス松野
(第15代王者組・ゴージャスバラモン)
10分16秒
コブラクラッチ
KUDO
坂口征夫
マサ高梨
(挑戦者組・酒呑童子)
第15代王者組ゴージャスバラモンが3度目の防衛に失敗、酒呑童子が第16代王者組となる
第5試合 スーパーTLC4WAYタッグマッチ 30分1本勝負
高木三四郎
葛西純
12分20秒
カバン奪取
石井慧介
入江茂弘
佐々木大輔
宮武俊
MIKAMI
石川修司
第6試合 スペシャルシングルマッチ〜愛の記憶〜
男色ディーノ 12分40秒
男色デストロイ→漢固め
中澤マイケル
第7試合 スペシャルシングルマッチ
スーパー・ササダンゴ・マシン 7分13秒
サクラバロック
桜庭和志
第8試合 KO-Dタッグ選手権試合
竹下幸之介
遠藤哲哉
(第50代王者)
19分51秒
ゴーレムスプラッシュ
関本大介
岡林裕二
(挑戦者組)
第50代王者組の竹下&遠藤が5度目の防衛に失敗、関本&岡林が第51代王者組となる
メインイベント KO-D無差別級選手権試合
HARASHIMA 22分44秒
フェニックス・プレックス・ホールド
飯伏幸太
第48代王者HARASHIMAが8度目の防衛に失敗、飯伏が第49代王者となる

外部リンク[編集]