鈴木大 (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 大
Dai Suzuki
鈴木 大 Dai Suzukiの画像
プロフィール
リングネーム 鈴木 大
スーパーマンタロウ
スーパーマンタロウ(女)
泡 盛男
ちん・すこ太郎
ニックネーム 元・探偵
身長 163cm
体重 80kg
誕生日 (1990-01-19) 1990年1月19日(30歳)
出身地 栃木県那須塩原市
所属 DDT NEW ATTITUDE(最終所属)
デビュー 2014年11月28日
引退 2017年12月13日
テンプレートを表示

鈴木 大(すずき だい、1990年1月19日 - )は、日本男性プロレスラー栃木県那須塩原市出身。二松学舎大学卒業。

経歴[編集]

2013年

2014年12月に、”負ければ即引退”戦で敗北し引退となったのだが、翌年に泡 盛男ちん・すこ太郎の名で参戦し、後にスーパーマンタロウに戻して参戦していた。 以下は鈴木大としての経歴

2014年
  • 9月28日のDDT後楽園ホール大会にて新人プロジェクト「DDT NEW ATTITUDE」(通称DNA)が発表された際、練習生と共に同プロジェクトに参加する事が発表される。
  • 11月28日、北沢タウンホールで行われたDNA旗揚げ戦にて、勝俣瞬馬戦でデビュー。
2015年
  • 8月2日新木場1stRINGにて開催された「闘うビアガーデン2015~DDT~」にて高木三四郎より営業職に任命、9月から「大阪オクトパス2015」までの3ヶ月間大阪に在住させる事を発表。大会終了後も以降の大阪大会の営業のため在住。
2016年
  • 左ひざ半月板の手術のため長期欠場。11月に復帰。
2017年
  • 2月24日、DNAにて将軍岡本とのシングルに敗北。試合後「目醒めろ、鈴木大! 試練の七番勝負1st Battle 7分一本勝負」なる試合が組まれた。鈴木大が7戦全敗すると強制的にプロレスラーを引退、1試合でも勝てば引退回避、引き分けても勝利と認められ、引退を回避できる特別ルールの試練が組まれた。1st Battleでは佐藤耕平と対戦。
  • 11月13日、DDT公式サイトで引退発表[1]。並行して勤めてきた福祉の仕事に専念したい本人の意向によるもので、引退試合は12月13日新木場大会にて行われた。

得意技[編集]

タイトル歴[編集]

人物・エピソード[編集]

  • 前職は探偵。
  • 弟も同じくプロレスラーで、ガンバレ☆プロレスやいたばしプロレスリングを中心に活躍中のタイガーベッドシーンこと鈴木心。DNAではシングル戦、タッグ戦を含め、四度組まれているがいずれも未勝利。

入場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]