両国ピーターパン2017〜ピーターパン 二十歳になっても ピーターパン〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
両国ピーターパン2017
〜ピーターパン 二十歳になっても ピーターパン~〜
イベント詳細
シリーズ 両国ピーターパン
主催 株式会社DDTプロレスリング
開催年月日 2017年8月20日
開催地 日本の旗 日本 東京都墨田区
会場 両国国技館
放送局 FIGHTING TV サムライ

両国ピーターパン2017〜ピーターパン 二十歳になっても ピーターパン~〜』(りょうごくピーターパン2017〜ぴーたーぱん はたちになっても ぴーたーぱん〜)とは、日本のプロレス団体DDTプロレスリングによって両国国技館で行われる興行である。

概要[編集]

試合[編集]

キング・オブ・ダーク選手権試合~ぶらり路上プロレス番外編!伊橋剛太両国五番勝負第1戦 60分一本勝負
伊橋剛太
(第19代王者)
0分36秒
ボディープレス→体固め
鈴木大
(挑戦者)
第19代王者が3度目の防衛に失敗、鈴木が第20代王者となる
ダークマッチ~ぶらり路上プロレス番外編!伊橋剛太両国五番勝負第2戦 20分一本勝負
伊橋剛太 3分31秒
ボディープレス→片エビ固め
ゴージャス松野
ダークマッチ~ぶらり路上プロレス番外編!伊橋剛太両国五番勝負第3戦 20分一本勝負
伊橋剛太 4分35秒
テーズプレス→体固め
マッド・ポーリー
ダークマッチ~ぶらり路上プロレス番外編!伊橋剛太両国五番勝負第4戦 20分一本勝負
伊橋剛太 1分23秒
バルボアブロー→体固め
ロッキー川村
ダークマッチ~ぶらり路上プロレス番外編!伊橋剛太両国五番勝負最終戦 20分一本勝負
伊橋剛太 1分36秒
シャイニング・ウィザード→体固め
ランジェリー武藤
伊橋は2勝3敗で終了。
第一アンダーマッチ 20分一本勝負
松永智充
星誕期
島谷常寛
神野聖人
6分23秒
バックドロップ→片エビ固め
渡瀬瑞基
レッカ
ディエゴ
下村大樹
第二アンダーマッチ~東京女子プロレス提供アイアンマンヘビーメタル級選手権時間差入場バトルロイヤル 時間無制限勝負
<アイアンマン王者>甲田哲也
出場選手(入場順)
甲田哲也、チェリーのどかおねえさんのの子まなせゆうな坂崎ユカ瑞希黒音まほ小橋マリカ辰巳リカ中島翔子山下実優優宇滝川あずさ
のどか
のの子
3分17秒
甲田に躓いたところを押さえ込む→エビ固め
チェリー
のどか 4分52秒
押さえ込む→体固め
甲田
のどかおねえさんが第1265代王者に
坂崎 5分1秒
オーバー・ザ・トップロープ
のの子
まなせ
瑞希 6分47秒
キューティースペシャル
のどか
瑞希が第1266代王者に
黒音 10分4秒
オーバー・ザ・トップロープ
小橋
辰巳 10分43秒
オーバー・ザ・トップロープ
黒音
坂崎
中島
11分40秒
合体ジャックナイフ式エビ固め
辰巳
優宇 13分4秒
オーバー・ザ・トップロープ
山下
瑞希 13分28秒
オーバー・ザ・トップロープ
坂崎
中島
優宇 14分53秒
サイドウォークスラム→片エビ固め
滝川
優宇 16分46秒
片羽絞め
瑞希
優宇が第1267代王者に
オープニングマッチ 飯野雄貴デビュー戦 30分一本勝負
吉村直巳
上野勇希
10分49秒
正念場→片エビ固め
岩崎孝樹
飯野雄貴
第二試合 初代KO-D10人タッグ王座決定戦 60分一本勝負
大鷲透
平田一喜
ジョーイ・ライアン
赤井沙希
ヨシヒコ
10分23秒
炎のスピア→エビ固め
大石真翔
LiLiCo
レディビアード
スーパー・ササダンゴ・マシン
大家健
LiLiCo組が初代王者組となる
第三試合 イケメンvsアイドル!仁義なき男前バトル 30分一本勝負
黒潮"イケメン"二郎 12分0秒
イケメンクラッチ
勝俣瞬馬
第四試合 スペシャル4WAYタッグマッチ~ノータッチルール 30分一本勝負
カズ・ハヤシ
石井慧介

木高イサミ
宮本裕向
10分30秒
公認エンドレスワルツ
マイク・ベイリー
MAO

鈴木鼓太郎
高尾蒼馬
第五試合 KO-D6人タッグ選手権試合 60分一本勝負
KUDO
坂口征夫
高梨将弘
(第30代王者)
13分52秒
ダイビング・ダブルニードロップ→片エビ固め
ディック東郷
ヤス・ウラノ
アントーニオ本多
(挑戦者)
第30代王者組が初防衛に成功
第六試合 DDT20周年記念ウェポンランブル~全権・コントラ・結婚~ 時間無制限一本勝負
男色ディーノ 17分16秒
ゴッチ式男色ドライバー→漢固め
高木三四郎
ディーノがDDTのリング上の全権を獲得。
ウェポン試合 時間無制限一本勝負
ケンドー・カシン 2分36秒
無効試合
百田光雄with百田家
第七試合 DDT EXTREME級選手権試合~カベジェラ・コントラ・ カベジェラ・ハードコア・サブミッションマッチ 60分一本勝負
佐々木大輔
(第39代王者)
21分14秒
ミスディカ式クロスオーバー・フェースロックwithチェア
彰人
(挑戦者)
第39代王者が5度目の防衛に成功
セミファイナル ウチコミ!presents KO-Dタッグ選手権試合 60分一本勝負
入江茂弘
樋口和貞
(第61代王者組)
16分14秒
蒼魔刀→体固め
HARASHIMA
丸藤正道
(挑戦者組)
入江組が4度目の防衛に失敗、ハラシマルフジが第62代王者組となる
メインイベント~グッドコムアセットpresents KO-D無差別級選手権試合
竹下幸之介
(第61代王者)
29分2秒
クロスアーム式ジャーマン・スープレックス・ホールド
遠藤哲哉
(挑戦者)
第61代王者が7度目の防衛に成功
※勝者には賞金200万円が贈呈されます。

脚注[編集]

外部リンク[編集]