のどかおねえさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
天満 のどか
天満 のどかの画像
2018年8月25日
後楽園ホール
プロフィール
リングネーム 天満 のどか
のどかおねえさん
ニックネーム のどか
のどねえ
身長 145cm
誕生日 6月7日
出身地 岡山県
所属 東京女子プロレス
デビュー 2016年1月4日
テンプレートを表示

天満 のどか(てんま のどか)は、日本プロレスラー東京女子プロレス所属。岡山県出身。 愛野ユキの姉[1]

経歴[編集]

2015年
  • 5月23日 - 東京女子プロレス北沢タウンホール大会にて4人の練習生のうちの一人として紹介される。
  • 12月12日 - 春日部ふれあいキューブ大会にて同じく練習生のゆう(仮)とのエキシビジョンマッチで敗北。試合後、2016年1月4日の後楽園ホール大会でのデビューが発表。合わせてリングネームを「のどかおねえさん」と発表。
2016年
のどかおねえさん
  • 1月4日 - 東京女子プロレス後楽園ホール大会にて、優宇戦でデビュー。腕極めケサ固めに敗北。
  • 4月29日 - 横浜ラジアントホール大会での滝川あずさ戦で自身初勝利。
  • 9月8日 - WRESTLE-1福島・鶴ヶ城体育館大会に参戦、才木玲佳と対戦しタワーブリッジに敗北。
  • 11月13日 - DDTおかやま未来ホール大会にて、地元凱旋として山下実優との東京女子プロレス提供試合。
2017年
  • 9月17日 - DDTおかやま未来ホール大会にて、地元凱旋として滝川あずさとの東京女子プロレス提供試合に勝利し、凱旋初勝利。
2018年
  • 3月3日 - 成城ホールにて、優宇とのタッグ「BRAVE☆MATES」で沙希様&アズサ・クリスティの保持するTOKYOプリンセスタッグ王座に挑戦するも惜敗。
  • 6月3日 - 新宿村大会より始まった第5回東京プリンセスカップ開幕戦にてまなせゆうなに勝利。同トーナメントにおいて自身初の一回戦突破となる。
  • 6月17日 - 成増アクトホール大会での第5回東京プリンセスカップ2nd ROUNDにて山下実優からシングル初勝利、準決勝進出。
  • 7月8日 - 両国KFCホール大会での第5回東京プリンセスカップ準決勝にて優宇に破れトーナメント敗退。
  • 7月17日 - 会見にて、「のどかおねえさん」を卒業することを発表。8.25後楽園大会より新たな名前・コスチューム・入場曲になることが発表される。
  • 8月18日 - 名古屋市東スポーツセンター第2競技場大会にて最後のピンポンパン体操を披露。
  • 8月20日 - 新リングネームが「天満 のどか」に決定。

人物[編集]

  • 小学生時代より地元のミュージカル劇団に所属。高校時代は演劇部にも所属し、全国大会で賞を獲得。
  • DDTが始めたプロレス教室に通い始め、後に東京女子の練習生となる。練習生時代の名前は「シオ(仮)」。
  • 東京女子プロレスの会場に子供のファンがいないことから、ちびっこファン獲得のため「子供番組のお姉さん」というキャラクターを託されデビュー。また実家も子供に携わる仕事をしている。のどかおねえさん時代のキャッチコピーは「ママとあそぼう!」。
  • 目標とするプロレスラーは東三四郎男色ディーノ
  • 嫌いな食べ物はトマト。

得意技[編集]

キル・スイッチ
バックフリップ
クロスボディー・アタック
WARスペシャル
フライング・ボディプレス
ピンポンパン体操[2]

タイトル歴[編集]

入場曲[編集]

Existence / 天満のどか
あつまりましたよッ!ピンポンパン / 酒井ゆきえ
のどかおねえさん時代の入場曲

出演[編集]

モデル[編集]

  • IDOL WRESTLER EXHIBITION アイドル×レスラー展(2018年3月13日 – 25日、銀座・ヴァニラ画廊)[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]