Judgement2018〜DDT旗揚げ21周年記念大会〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Judgement2018〜DDT旗揚げ21周年記念大会〜
イベント詳細
シリーズ
主催 株式会社DDTプロレスリング
開催年月日 2018年3月25日
開催地 日本の旗 日本 東京都墨田区
会場 両国国技館
放送局 FIGHTING TV サムライ
入場者数 5796人(超満員)

Judgement2018〜DDT旗揚げ20周年記念大会〜』(ジャッジメント2018 ディーディーティーはたあげにじゅういっしゅうねんきねんたいかい)日本のプロレス団体DDTプロレスリングによって両国国技館で行われる興行である。

概要[編集]

試合[編集]

第1アンダーマッチ 15分一本勝負
松永智充
星誕期
マッド・ポーリー
チェリー
伊橋剛太
[7分26秒]
ポーリーバスター→片エビ固め
渡瀬瑞基
レッカ
下村大樹
島谷常寛
中野貴人
第2アンダーマッチ 15分一本勝負
近野剣心
定アキラ
[8分10秒]
レッグラリアット→片エビ固め
岩崎孝樹
冨永真一郎
第3アンダーマッチ 東京女子プロレス提供試合 15分一本勝負
坂崎ユカ
中島翔子
[8分45秒]
魔法少女スプラッシュ→体固め
辰巳リカ
黒音まほ
オープニングマッチ ガントレットタッグマッチ 各30分一本勝負
アントーニオ本多
イーサン・ペイジ
才木玲佳
レディビアード
吉村直巳
奥田啓介
彰人
勝俣瞬馬
大鷲透
平田一喜
LiLiCo
大石真翔
○本多
ペイジ
[3分26秒]
才木のボディーアタック誤爆→オーバー・ザ・トップロープ
才木
ビアード●
本多
○ペイジ
[5分1秒]
ビッグブーツから→オーバー・ザ・トップロープ
吉村●
奥田
彰人
○勝俣
[1分0秒]
勝俣式断頭台(仮)→片エビ固め
本多●
ペイジ
彰人
●勝俣
[2分4秒]
奇跡を呼ぶ一発逆転首固め
大鷲
平田○
●LiLiCo
大石
[3分20秒]
奇跡を呼ぶ一発逆転首固め
大鷲
平田○
第二試合 ワールド・クレイジーレスラーNo.1決定戦 in DDT 30分一本勝負
ジョーイ・ライアン [10分11秒]
ビリー・ゴーツ・カース
コルト“Boom Boom”カバナ
第三試合 東京女子プロレス提供スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
沙希様
世志琥様
アズサ・クリスティ
[11分55秒]
アカデミー賞→体固め
山下実優
伊藤麻希
瑞希
第四試合 アイアンマンヘビーメタル級選手権試合 60分一本勝負
スーパー・ササダンゴ・マシン
(王者)
[9分12秒]
横入り式エビ固め
黒潮"イケメン"二郎
(挑戦者)
※第1298代王者が防衛に成功。
第五試合 KO-D6人タッグ選手権試合 60分一本勝負
KUDO
坂口征夫
高梨将弘
(第32代王者)
[12分28秒]
梅田ドライバー(仮)→エビ固め
梅田公太
上野勇希
竹田光珠
(挑戦者)
※酒呑童子が3度目の防衛に失敗、梅田組が第33代王者組となる。
第六試合 ウェポンランブル5WAYタッグ敗者肛門爆破マッチ 30分一本勝負
高木三四郎
一般人・澤宗紀
マイク・ベイリー
MAO
宮本裕向
高尾蒼馬
[17分43秒]
キャノンボール450°→エビ固め
木高イサミ
阿部史典
中澤マイケル
中邑珍輔
第七試合 ドラマティック・ドリームマッチ 30分一本勝負
男色ディーノ
石井慧介
大家健
[20分9秒]
ムーンサルト・プレス→体固め
グレート・ムタ
佐々木大輔
遠藤哲哉
セミファイナル ウチコミ!presents KO-Dタッグ選手権試合 60分一本勝負
HARASHIMA
丸藤正道
(第62代王者組)
[17分49秒]
轟天→エビ固め
関本大介
樋口和貞
(挑戦者組)
※ハラシマルフジが6度目の防衛に失敗、関口組が第63代王者組となる。
メインイベント KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
竹下幸之介
(第61代王者)
[23分31秒]
ジャーマン・スープレックス・ホールド
石川修司
(挑戦者=D王 GRAND PRIX 2018優勝者)
※第61代王者が11度目の防衛に成功。

脚注[編集]