レッカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レッカ
Rekka
レッカ  Rekkaの画像
プロフィール
リングネーム レッカ
身長 175cm
体重 84kg
誕生日 (1984-09-11) 1984年9月11日(33歳)
出身地 中華民国の旗 中華民国
台北市
所属 新台湾プロレス
DDT NEW ATTITUDE
トレーナー グルクンマスク
デビュー 2003年1月23日
テンプレートを表示

レッカ1984年9月11日 - )は、台湾台北市出身のプロレスラー新台湾プロレスDDT NEW ATTITUDE兼任所属。

経歴[編集]

2003年
  • 1月23日、地元台湾のプロレス団体「IWL」でデビュー。
2013年
2014年
  • 3月1日、2か月の間参戦した琉球ドラゴンプロレスリングでラストマッチを行い台湾に帰国。
  • 4月5日、再び琉球ドラゴンプロレスリングにレッカ一人で参戦。
  • 8月23日、ドリームタッグpresents KOZA BATTLE FESTA3に参戦し新台湾プロレス所属のア・ヨン・ゴと対戦。
2015年
2016年
  • 3月21日全日本プロレス沖縄大会に参戦。結果はパートナーのヒージャー・キッドマンハイビスカスみぃに敗れる。
  • 3月26日DDTプロレスリング新宿大会に登場。11月20日にレッカの地元である台北でDDTが大会を行うことを聞きつけ「力になりたい。日本でもっとプロレスをしたい。DDTとDNAに入団させてください!」と大社長高木三四郎に直訴。このとき同じくDDTに入団を希望するKENSOとともに高木に手を差し出しレッカのみと握手し新台湾プロレスとDDT NEW ATTITUDEの2団体所属となる。しかし、入団を拒否されたKENSOはレッカの入団を拒否。高木は3月6日に新台湾プロレスに参戦しておりレッカに目をつけていた。
  • 4月1日、DNA所属第一戦としてワンチューロとのシングルマッチを行い飛びつき腕ひしぎ逆十字固めで勝利。
  • 4月2日、DDTに入団を希望するKENSOがレッカのDNA入団を認めるかどうかを決めるシングルマッチを行い敗北。DDT本隊にはこれが初参戦となる。
  • 4月17日、琉球ドラゴンプロレスリングでレッカ卒業スペシャルと題し美ら海セイバーと組みグルクンマスク&RYUKYU-DOG ディンゴを相手に対戦。
  • 4月24日、琉球ドラゴンプロレスリング旗揚げ3周年記念大会に参戦して琉球ドラゴンプロレスリングを卒業。
  • 4月29日キング・オブ・ダーク王座に初挑戦。王者伊橋剛太に勝利し王座戴冠を免れた。また同日、KAIENTAI DOJOに初参戦。若手選手の登龍門K-METAL LEAGUE2016に参戦。レッカにとっては初のリーグ戦となる。結果は大日本プロレス野村卓矢GO浅川の2人から勝利し勝ち点4でリーグ戦を終えた。

得意技[編集]

  • 飛びつき式腕ひしぎ逆十字固め

タイトル歴[編集]

  • 初代UWC無差別級王座
  • 第4代NTW無差別級王座

人物・エピソード[編集]

入場曲[編集]

  • Sweetest vengeance

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本人のツイッターより。
  2. ^ 本人のツイッターより。

外部リンク[編集]