MIZUKI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
瑞希
瑞希の画像
プロフィール
リングネーム 瑞希
MIZUKI
本名 上撫 瑞希
ニックネーム みずぴょん
popping suger rabbit
身長 158cm
体重 40kg
誕生日 (1995-03-16) 1995年3月16日(22歳)
出身地 兵庫県神戸市
所属 フリー
スポーツ歴 ソフトテニス
トレーナー 井上貴子
中川ともか
さくらえみ
デビュー 2012年12月29日
神取忍&井上貴子
(パートナーはSAKI
テンプレートを表示

瑞希(みずき、1995年3月16日 - )は、日本の女子プロレスラー。本名:上撫 瑞希(かみなで みずき)。

所属[編集]

  • LLPW-X(2011年 - 2016年)
  • フリーランス(2016年 - )

経歴・戦歴[編集]

井上貴子がプロデュースするアイドルレスラープロジェクト「VoLume II」の2期生で、同期のSAKIとともに「ブリバト♡」(ブリリアントバトルガールズの略)として活動中。1期生オーディションには100通以上の応募があったものの、合格者8名全員がデビュー前に脱落。より審査を厳格化して開催した2期生オーディションで応募70通弱の中から合格した2名がSAKIとMIZUKIだった[1]。プロレスと平行して秋葉原で週1回の定期LIVEを行うなど、ライブアイドルとしても活動している。

2011年
  • 高校2年の秋に「VoLume II」の2期生オーディションを受け16歳で合格。神戸の高校に通っていたため、本格的にトレーニングを開始するのは上京する翌春からとなった。
2012年
  • MIZUKIが上京して間もなく1期生が脱落。残った同期のSAKIとともにデビューに向けトレーニングを続ける。12月29日、LLPW-X赤坂BLITZ大会でSAKIとともにデビュー。貴子は当初、SAKIvsMIZUKIのシングルマッチを考えていたが、社長神取忍の提案により、神取&貴子組vsブリバトでのデビュー戦となった。試合は4分37秒、貴子のツームストン・パイルドライバーでMIZUKIが敗戦[2]。またプロレスと同時にCDデビューした。
2013年
  • 4月13日、「石岡女子プロレスフェスティバル」にてSAKIとの初シングルもボディスラムからの逆エビ固めで敗れる[3]8月31日にはブリバトとして我闘雲舞に初参戦。以降、定期参戦するなど、練習ではさくらえみから指導を受けるようになる。
2014年
  • 10月11日、LLPW-X両国国技館大会のブリバトvs里歩帯広さやか戦で、帯広から新技アクアマリンで3カウントを奪い、デビューから2年で初のフォール勝ち。(それまでブリバトの勝利試合は、全てパートナーのSAKIが決めていた)
2015年
2016年
2017年
  • 3月25日東京女子プロレス横浜大会に登場しレギュラー参戦を発表。リングネームは瑞希とする[7]
  • 4月8日東京女子プロレス成増大会にて復帰。伊藤麻希を相手にキューティースペシャルで半年ぶりの試合を勝利で飾る。試合後、伊藤より「伊藤リスペクト軍団」への勧誘を受け同ユニットに加入。
  • 6月5日、我闘雲舞・板橋大会で沙紀(SAKI改め)と1年ぶりにタッグを組み、ブリバトを復活[8]
  • 7月2日、第4回東京プリンセスカップに参戦、初戦にてのの子をキューティースペシャルで投げきり勝利、2回戦へ進出。

タイトル歴[編集]

人物[編集]

  • 「ブリバト♡」で共に活動しているSAKIは同期だが、年齢は7つ離れている(SAKIは23歳、MIZUKIは16歳でLLPW-X入門)。
  • 憧れの選手は、師匠井上貴子と、地元神戸出身の真琴REINA女子プロレス)。
  • プライベートで仲の良い選手は、我闘雲舞里歩。2人のコンビは(りほ+みずぴょん)で「りほぴょん」と呼ばれている。
  • 衣装のデザインが好きで、試合コスチュームも自身でデザインしている。
  • 好きなアイドルは、NMB48渡辺美優紀

得意技[編集]

アクアマリン
変形の逆打ち。MIZUKI時代のフィニッシャー。
キューティースペシャル
MIZUKI時代もカウンター技として使用していたが、瑞希と改めて以降は相手をロープに振って繰り出すフィニッシャーとして用いられている。
ダイビングクロスボディ
弓矢固め

テーマ曲[編集]

  • ねっ」 - 東京女子プロレス参戦以降に使用
  • 笑う 笑えば 笑おう♪」 - LLPW-X時代に使用
  • 「奇跡の扉」 - SAKIとのタッグ「ブリバト♡」時に使用

脚注[編集]

外部リンク[編集]