ヤングドラマ杯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヤングドラマ杯は、DDTプロレスリングが主催するプロレスのシングルマッチによるリーグ戦。同団体の若手選手を中心とする。DDTプロレスリングでは所属選手を「ドラマ」と呼んでおり[1]、「ヤングドラマ」とはそのうちの若手を意味する[2]

2009年に次代のドラマ育成を目的として第1回を開催、6人総当りの公式戦を行い、上位2名が10月25日の後楽園ホールでの決勝に進出した[1]

2010年も開催した。

歴代大会記録[編集]

開催年 優勝者 準優勝 日程 決勝戦会場
2009年 石井慧介 ササキアンドガッバーナ 9月13日 - 10月25日 後楽園ホール
出場者 ササキアンドガッバーナ、安部行洋、石井慧介、谷口智一、伊橋剛太高尾蒼馬
2010年 高尾蒼馬 石井慧介 10月14日 - 11月28日 後楽園ホール
出場者 安部行洋、石井慧介、入江茂弘美月凛音、高尾蒼馬、平田一喜

脚注[編集]

[ヘルプ]