アイアンマンヘビーメタル級王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アイアンマンヘビーメタル級王座(アイアンマンヘビーメタルきゅうおうざ)は、DDTプロレスリングが認定しているプロレスの王座。

概要[編集]

2000年6月29日、DDTプロレスリング北沢タウンホール大会にて、ポイズン澤田がでっちあげた。その後、DDTにより正式に認定されている。

24時間いつでもどこでも防衛戦が可能であり、試合形式などは一切問われず、公式戦である必要もない。レフェリーによる3カウント判定さえあれば王座が移動する。

階級はヘビーメタル級(無差別級)。プロレスラー以外にも挑戦資格があるため、平田一喜のようにデビュー前の練習生が戴冠[1]してデビュー戦が防衛戦になったり[2]、レフェリーなどのスタッフが戴冠することもある。タレントや一般人、動物、カレーライスやビールなど飲食物、脚立や皿などの無機物も歴代王者に名を連ねている。

WWEに存在したWWEハードコア王座をモチーフとしている。

ルール[編集]

以下は、FMWの2002年最終興行のアイアンマン選手権試合(高木三四郎 vs チョコボール向井)において、リングアナウンサーの中村吉佐からなされたルール説明。

  1. 選手権試合は一切の認定を必要としない。
  2. 選手権保持者からの3カウントフォール、ギブアップ、KOにより王座が移動する。
  3. 24時間、如何なる場所においても、ルールの状況を満たせば王座が移動する。
  4. あらゆる凶器や環境の利用は、これを認める。
  5. 挑戦者の逃亡により続行が困難になった時点で試合終了として王座防衛とする。

アイアンマン・バトルロイヤル[編集]

現王者を含む10名の選手が出場。試合時間は10分で、試合終了時にベルトを保持していたものが勝者となるが、試合中のベルト移動も歴代王者にカウントされる。

ビッグマッチなどではいわゆるロイヤルランブル形式で行われることが多く、その時の王者を退場させればベルト移動となる。

歴代王者[編集]

2022年の王者
王者 戴冠日 引用
1528 MAO 2022年1月7日 [3][4]
1529 公式YouTubeチャンネルの登録者10万人 2022年2月6日 [5][6]
1530 大鷲透 2022年2月6日 [5][6]
1531 アントーニオ本多 2022年2月14日 [7]
1532 男色"ダンディ"ディーノ 2022年2月14日 [7]
1533 高梨将弘 2022年2月14日 [7]
1534 大鷲透 2022年2月14日 [7]
1535 アントーニオ本多 2022年2月14日 [7]
1536 男色"ダンディ"ディーノ 2022年2月14日 [7]
1537 高梨将弘 2022年2月14日 [7]
1538 足つぼマット 2022年2月14日 [7]
1539 アントーニオ本多 2022年2月14日 [7]
1540 大鷲透 2022年2月14日 [7]
1541 高梨将弘 2022年2月14日 [7]
1542 勝俣瞬馬 2022年2月14日 [7]
1543 男色"ダンディ"ディーノ 2022年2月14日 [7]
1544 アントーニオ本多 2022年2月14日 [7][8]
1545 リンリン 2022年2月14日 [7][8]
1546 リンゴ 2022年3月25日 [9]
1547 アントーニオ本多 2022年3月25日 [9]
1548 川松真一朗 2022年3月27日 [10][11]

エピソード[編集]

  • 一時期、NHK教育テレビジョンの番組「天才てれびくん」にDDT所属選手が出演しており、ベルト保持者が出演した際にタレントや子役にベルトを奪取されるなど、番組内においてプロレスタイトルの移動劇が起きていた。
  • 2007年4月1日、第693代王者の脚立は、アイアンマン・バトルロイヤルにおいて試合開始から終了までの10分間、王座から一度も陥落しない完全試合を達成した。[12]
  • 2014年3月に高木三四郎大社長が第999代王座を獲得したのを機に王座封印を宣言したが、創設者の澤田がこれに反発。4月29日の後楽園ホール大会でアイアンマンバトルロイヤルで守りきったベルトを封印しようとした高木を澤田がベルトで殴り、倒れたところでベルトを乗せて松井幸則レフェリーが3カウント、チャンピオンベルトそのものが第1000代王者になった。[13]
  • 2016年11月22日、南海キャンディーズ山里亮太(1170代・1176代王者)がタイトル保持者だったため、テレビ東京ほぼほぼ~真夜中のツギクルモノ探し~」収録中にタイトルが移動。翌23日深夜には、TBSラジオ山里亮太の不毛な議論」生放送中に、番組スタッフやリスナーのメールなどに王座が交替している。[14][15]

プロレスラー以外のベルト保持者[編集]

プロレス関係者[編集]

  • ナオミ・スーザン(マネージャー) - 2004年(第132代)[16]、2007年の2度戴冠。
  • テッド・タナベ(レフェリー) - 2004年3月14日、MIKAMIに勝利(第143代)。
  • 甲田哲也(プロレス団体代表) - 第230代、第1269代、第1336代の3度戴冠。
  • 松井幸則(レフェリー) - 2006年6月30日、諸橋晴也に勝利(第250代)。[17]
  • 三田佐代子(アナウンサー) - 2006年12月、に勝利(600代)。
  • 元井美貴(キャスター) - 2016年12月2日、サムライTVスタジオでマタロー(サムライTVのディレクター・カメラマン)に勝利(第1192代)。
  • 木曽大介(レフェリー) - 2019年6月12日、パイプ椅子に勝利(第1373代)。

著名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 試合結果《DDT》《Dramatic 2010 February Special》《東京・新木場1stRING》2010/02/28”. 週刊プロレスmobile. 2022年5月19日閲覧。
  2. ^ 試合結果《DDT》《Judgement2010》《東京・後楽園ホール》2010/03/14”. 週刊プロレスmobile. 2022年5月19日閲覧。
  3. ^ DDT FREE -January-”. DDT ProWrestling. 2022年5月19日閲覧。
  4. ^ 試合結果《DDT》《DDT FREE -January-》《東京・新宿FACE》2022/01/07|週刊プロレス”. 週刊プロレスmobile. 2022年5月19日閲覧。
  5. ^ a b Ultimate Tag League 2022 in NUMAZU!!”. DDT ProWrestling. 2022年5月19日閲覧。
  6. ^ a b 試合結果《DDT》《Ultimate Tag League 2022 in NUMAZU!!》《静岡・キラメッセぬまづ》2022/02/06”. wp.bbm-mobile.com. 2022年5月19日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p DDT FREE -February- Ultimate Tag League 2022 in SHINJUKU!!”. DDT ProWrestling. 2022年5月19日閲覧。
  8. ^ a b c 試合結果《DDT》《DDT FREE -February- Ultimate Tag League 2022 in SHINJUKU!!》《東京・新宿FACE》2022/02/14”. 週刊プロレスmobile. 2022年5月19日閲覧。
  9. ^ a b 3月27日後楽園大会超直前情報/ダークマッチ、アントンvsポコたんの一戦は急きょアイアンマンヘビーメタル級選手権試合に!”. DDT ProWrestling. 2022年5月19日閲覧。
  10. ^ a b Day dream Believer 2022”. DDT ProWrestling. 2022年5月19日閲覧。
  11. ^ a b 試合結果《DDT》《Day dream Believer 2022》《東京・後楽園ホール》2022/03/27”. 週刊プロレスmobile. 2022年5月19日閲覧。
  12. ^ 試合結果《DDT》《Aprilfool 2007》《東京・後楽園ホール》2007/04/01”. 週刊プロレスmobile. 2022年5月19日閲覧。
  13. ^ 試合結果《DDT》《MAX BUMP 2014》《東京・後楽園ホール》2014/04/29”. 週刊プロレスmobile. 2022年5月19日閲覧。
  14. ^ JUNK 山里亮太 「敗退!」”. TBSラジオ. 2022年5月19日閲覧。
  15. ^ アイアンマンヘビーメタル級王座の動向〜11月24日TBSラジオ内〜”. YouTube. 2022年5月19日閲覧。
  16. ^ 試合結果《DDT》《初夢2004》《東京・後楽園ホール》2004/01/12”. 週刊プロレスmobile. 2022年5月19日閲覧。
  17. ^ 試合結果《DDT》《Go Go West Tour 2006 in Osaka》《大阪・ローズ文化ホール》2006/06/30”. 週刊プロレスmobile. 2022年5月19日閲覧。
  18. ^ 試合結果《DDT》《NHK教育「天才てれびくんMAX」》《東京・NHK放送センター》2003/04/26”. 週刊プロレスmobile. 2022年5月19日閲覧。
  19. ^ ゴージャス松野が大恩人“ホストの帝王”の死に衝撃 整形手術も愛田さんの勧めだった”. 東スポWeb (2018年10月26日). 2022年5月19日閲覧。
  20. ^ 生ハムと焼うどんの東がゆるめるモ!のあのから王座奪取!”. バトル・ニュース (2016年11月24日). 2022年5月19日閲覧。
  21. ^ SKE48・須田がプロレスの新王者に!DDTアイアンマンヘビーメタル級奪取”. スポニチ (2018年7月10日). 2022年5月19日閲覧。
  22. ^ SKE48内でアイアンマンヘビーメタル級王座が動く! 松村香織が須田亜香里を襲撃し、タイトル強奪!”. DDT ProWrestling (2018年10月2日). 2022年5月19日閲覧。
  23. ^ SKE48・松村香織、8日間天下に終わる! 荒井優希がアイアンマンヘビーメタル級王座奪取! 10月28日後楽園大会参戦へ!”. DDT ProWrestling (2018年10月10日). 2022年5月19日閲覧。

外部リンク[編集]