アイアンマンヘビーメタル級王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アイアンマンヘビーメタル級王座(アイアンマンヘビーメタルきゅうおうざ)は、ポイズン澤田が創立したDDTプロレスリングが管理する王座。

概要[編集]

2000年6月29日DDTプロレスリング北沢タウンホール大会にて、ポイズン澤田がでっちあげたベルト(その後、正式認定)。WWEに存在したWWEハードコア王座をモチーフとしており、同様に24時間防衛戦が可能である。大変苛酷な王座であり、場所、試合形式などは一切問われず、レフェリーによる判定さえあればタイトルマッチ以外の通常のシングルマッチやタッグマッチ、そして(証拠VTRなどさえあれば)不意打ち、闇討ちなどでも王座が移動する(不意打ち、闇討ちの場合は3カウントフォール、ギブアップ、TKOを回避した時点で王座防衛が成立する)。

階級はヘビーメタル級(無差別)であり、DDT所属レスラー以外でも挑戦資格があるため、他団体の興行で王座が移動したり、平田一喜のようにデビュー前の練習生が王座獲得してデビュー戦が防衛戦になったり、レフェリーなどのスタッフが戴冠したり、更にはタレント、一般人、果ては動物、脚立や皿などの無機物、カレーライスやビールなど飲食物、団体グッズ、車(大日本プロレスリングトラック)までもが歴代王者に名を連ねた。本家のWWEハードコア王座がWWEインターコンチネンタル王座との統合により消滅したため、オマージュながら現在は本家よりも息の長い王座となっている。ベルトの移動は、ボリビアアメリカでも積極的に行われている[1]

2012年8月のDDT日本武道館大会以降は、限定参戦選手が獲得していることが多く活発な変動はなかったが、2013年6月23日にアイアンマンバトルロイヤルが行われ、そのときの王者は第972代王者の「光明」(美輪明宏の書いた書)となっている。

2014年3月に高木三四郎大社長が第999代王座を獲得したのを機に王座封印を宣言したが、創設者の澤田がこれに反発。4月29日の後楽園ホール大会でアイアンマンバトルロイヤルで守りきったベルトを封印しようとした高木を澤田がベルトで殴り、倒れたところでベルトを乗せて松井幸則レフェリーが3カウント、チャンピオンベルトそのものが第1000代王者になった(全試合終了後に秋山準が奪取して第1001代目となる)。

ルール[編集]

以下、FMW 2002年最終興行(直後に倒産)のアイアンマン選手権試合(高木三四郎 vs チョコボール向井)においてリングアナウンサーの中村吉佐からなされたルール説明を記す。

  1. 1つ、選手権試合は一切の認定を必要としない。
  2. 1つ、選手権保持者からの3カウントフォール、ギブアップ、KOにより王座が移動する。
  3. 1つ、24時間、如何なる場所においても、ルールの状況を満たせば王座が移動する。
  4. 1つ、あらゆる凶器や環境の利用は、これを認める。
  5. 1つ、挑戦者の逃亡により続行が困難になった時点で試合終了として王座防衛とする。

アイアンマンバトルロイヤル[編集]

現王者を含む10名の選手が出場。

10分経過後にベルトを保持していたものが勝者となるが、試合中のベルト移動も歴代王者にカウントされる。

693代王者の脚立は王者が開始から終了までの10分間王座から一切陥落しないという完全試合を達成した。

テレビとラジオ番組内での王座移動劇[編集]

一時期、NHK教育テレビジョンの番組「天才てれびくん」にDDT所属選手が出演しており、アイアンマンベルト保持者が出演した際に番組に出演するタレントや子役がベルトを奪取するなどNHK教育の番組においてプロレスタイトル移動劇が起きていた。 2016年11月22日には選手権保持者が芸能人だったためテレビ東京ほぼほぼ~真夜中のツギクルモノ探し~」収録中にタイトルが移動し[2]、翌23日深夜にはTBSラジオ山里亮太の不毛な議論」生放送中に番組スタッフやリスナーのメールなどに王座が交替している[3][4]

歴代王者[編集]

歴代王者の中には一般人名などが多少存在する。詳しくは外部リンクの「DDTタイトル史」を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 2012年にはディック東郷絡みでボリビアで数度王座移動があり、2016年には5月21日から8月20日まで、2017年にも3月26日から7月7日までいずれもジョーイ・ライアン絡みで王座がアメリカに流失、その間にそれぞれ83回、42回も王座が移動している(ちなみに最初の流出中、7月10日にライノが第1097代王者を獲得し、初めて本家ハードコア王座とのダブル獲得者となった)。
  2. ^ アイアンマンヘビーメタル級王座の動向<11月22日分>DDTホームページ。2016.11.25閲覧
  3. ^ アイアンマンヘビーメタル級王座の動向<11月23日分>DDTホームページ。2016.11.25閲覧
  4. ^ JUNK 山里亮太 「敗退!」 TBSラジオ、2017年3月8日閲覧

外部リンク[編集]