忍 (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
忍の画像
プロフィール
リングネーム
超神龍
菅原 忍
おでん・カーン
マスクドバディ2015(忍)
本名 菅原 忍
ニックネーム 性爆弾
身長 170cm
体重 74kg
誕生日 1980年9月2日(34歳)
出身地 宮城県登米市
所属 666
デビュー 2004年6月6日
テンプレートを表示

(しのぶ、1980年9月2日 - )は、日本男性プロレスラー。本名は菅原 忍(すがわら しのぶ)。宮城県登米市出身。暗黒プロレス組織666所属。離婚歴あり。

経歴[編集]

元々はリングネームマグナムKYOTOとして学生プロレス団体、RWF(Ritsumeikan Pro-wrestling Federation:立命館プロレス同好会)に所属していた。666の初期の興行には毎回RWFの選手が出場しており、マグナムKYOTOは2月29日のバトルスフィア東京大会にマグナム京都として出場した。このことが666入団のきっかけとなったようである。

2004年6月6日のバトルスフィア東京大会における対“ナスティ”ブラック・パンサー戦でデビュー[1]

他団体では大日本プロレスに定期的に参戦している。KAIENTAI-DOJOWMFアジアンスポーツプロモーションなどのリングにも上がった。

2006年12月19日中国・北京市海淀体育館大会から、謎のマスクマン超神龍としてDRAGON GATEに登場するも、2007年11月9日スト市ボンバイエ2で行われたカツオとのマスカラ・コントラ・カベジェラ戦に敗北し[2]、マスクを脱いだ。その後はNEW HAZARDの一員としてDRAGON GATEに参戦した。

2008年5月にNEW HAZARDが消滅した後、6月12日の後楽園大会で戸澤塾の新しいメンバーとして登場した。6月28日、新井健一郎岩佐拓をパートナーに名古屋テレピアホール大会で行われたオープン・ザ・トライアングル・ゲート王座に挑戦し勝利、第19代王者となるが、7月12日、新潟市体育館でトライアングルゲートの初防衛に失敗。

8月9日、後楽園ホール大会でアンソニー・W・森堀口元気との3wayマッチにてノーリングながら堀口に勝利し、堀口の持つオープン・ザ・ブレイブゲート王座に挑戦表明。8月31日にブレイブゲートに挑戦も敗北。11月に所属していた戸澤塾が解散となり、以降、DRAGON GATEへの参戦が減り、現在ではほぼ、京都限定参戦となっている。

2008年8月、アキバプロレスに、限定キャラのおでん・カーンとして登場した。

2010年12月、30歳になるということで記念に宮本裕向木高イサミと組んで「有刺鉄線ボードデスマッチ」で佐々木貴星野勘九郎シャドウWX組と対戦、これが大日本でのデスマッチデビュー戦となった。ただ大日本では現在も「ストロングBJ」中心に参戦しており、2012年には4月に佐々木義人、7月に岡林裕二とパートナーを変えながらBJW認定タッグ王座を2度獲得した。

かなりの露出狂で、666の試合などで下半身を露出することが多い。

2015年4月11日、みちのくプロレスで活躍中のムーの太陽に入信。入信理由は世界最高の性行為ができる教団だと思ったから。

得意技[編集]

DRAGON GATE参戦時には技名が龍☆星となる。

タイトル歴[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊プロレス2014年11月26日号&12月3日号p74
  2. ^ [http://www.gaora.co.jp/dragongate/data/result/2007/1109.html スト市ボンバイエ2~離婚なんかぶっとばせ!市川軍 vs 佐野軍 全面対抗戦~  2007.11.9 新宿FACE 観衆:たくさん(超満員札止め)]DRAGONGATE公式サイト

外部リンク[編集]