オープン・ザ・トライアングル・ゲート王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オープン・ザ・トライアングルゲート王座
詳細
現王者 NOSAWA論外
Eita
鈴木鼓太郎
獲得日 2022年6月23日
管理団体 DRAGON GATE
創立 2004年11月7日
統計
最多保持者 土井成樹 : 14回
初代王者 ミラノコレクションA.T.
YOSSINO
アンソニー・W・森
最年長 小川良成 : 55歳
最年少 フラミータ : 19歳

オープン・ザ・トライアングルゲート王座は、DRAGON GATEが管理、認定している王座。

概要[編集]

DRAGONGATEを形容するときに使われるジェットコースターバトルの名のごとく、王者の交代が早く、試合形式も一般的な6人タッグだけでなく、3WAYマッチや4WAYマッチでも行われることがある。

最もタイトルマッチを組まれる間隔が短く、長期政権を築くことが困難なため、移動が激しい王座である。

チャンピオンベルトの中央には、それぞれ「心」、「技」、「体」のエムブレムがあり、それぞれ好きなように並び替えることが出来る。

歴代王者[編集]

歴代 レスラー 防衛回数 獲得日付 獲得した場所(対戦相手・その他)
初代 ミラノコレクションA.T.YOSSINOアンソニー・W・森
イタリアン・コネクション
2 2004年11月7日 札幌テイセンホール
近藤修司"brother"YASSHI菅原拓也、王座返上
第2代 斎藤了ドラゴン・キッド堀口元気
Do FIXER
2 2005年3月6日 札幌テイセンホール
CIMA土井成樹鷹木信悟
第3代 CIMAドン・フジイ土井成樹
Blood Generation
1 2005年7月3日 ワールド記念ホール
第4代 斎藤了、ドラゴン・キッド、堀口元気
(Do FIXER)
2 2005年7月9日 諸富町文化体育館
第5代 マグニチュード岸和田、CIMA、吉野正人
(Blood Generation)
4 2005年7月12日 後楽園ホール、王座剥奪
第6代 CIMA、B×Bハルクジャック・エバンス
(Blood Hearts)
0 2006年8月20日 札幌テイセンホール
斎藤了、ドラゴン・キッド、堀口元気
第7代 斎藤了、ドラゴン・キッド、堀口元気
(Do FIXER)
0 2006年9月30日 大阪府立体育会館第2競技場、王座返上
第8代 土井成樹、吉野正人、Gamma
マッスル・アウトローズ
0 2006年11月19日 博多スターレーン
横須賀享K-ness.小野寺大和
第9代 アンソニー・W・森、スペル・シーサー、B×Bハルク
Pos.HEARTS
0 2006年12月26日 SITE-KOBE
第10代 土井成樹、吉野正人、Gamma
(マッスル・アウトローズ)
3 2007年1月21日 神戸サンボーホール
第11代 CIMA、横須賀享、斎藤了
Typhoon
1 2007年3月25日 津市体育館
第12代 マグニチュード岸和田、土井成樹、Gamma
(マッスル・アウトローズ)
0 2007年4月9日 SITE-KOBE
第13代 CIMA、横須賀享、斎藤了
(Typhoon)
0 2007年4月15日 四日市オーストラリア記念館
第14代 鷹木信悟、B×Bハルク、サイバー・コング
NEW HAZARD
1 2007年5月10日 後楽園ホール、王座返上
第15代 マグニチュード岸和田、土井成樹、吉野正人
(マッスル・アウトローズ)
0 2007年7月22日 神戸サンボーホール
鷹木信悟、サイバー・コング、ジャック・エバンス
第16代 望月成晃、ドン・フジイ、K-ness.
(無所属)
3 2007年9月9日 博多スターレーン
第17代 鷹木信悟、B×Bハルク、サイバー・コング
(NEW HAZARD)
1 2008年2月24日 福井市体育館、試合不成立により空位
第18代 Gamma、鷹木信悟、YAMATO
REAL HAZARD
1 2008年5月14日 後楽園ホール
土井成樹、吉野正人、B×Bハルク
第19代 新井健一郎岩佐拓
戸澤塾
0 2008年6月28日 名古屋テレピアホール
第20代 Gamma、神田裕之、YAMATO
(REAL HAZARD)
2 2008年7月12日 新潟市体育館
第21代 望月成晃、ドン・フジイ、マグニチュード岸和田
(絶倫ズ)
3 2008年9月28日 サンドーム福井
第22代 鷹木信悟、ドラゴン・キッド、岩佐拓
KAMIKAZE
2 2009年2月15日 博多スターレーン
第23代 CIMA、Gamma、KAGETORA
WARRIORS-5
1 2009年4月15日 後楽園ホール
第24代 吉野正人、B×Bハルク、PAC
WORLD-1
2 2009年6月7日 名古屋国際会議場
第25代 望月成晃、ドン・フジイ、
(超絶倫ズ)
3 2009年10月14日 後楽園ホール
第26代 神田裕之、菅原拓也Kzy
ディープ・ドランカーズ
0 2010年5月5日 愛知県体育館
第27代 CIMA、Gamma、堀口元気
(WARRIORS)
1 2010年5月13日 後楽園ホール
第28代 土井成樹、谷嵜なおき、PAC
(WORLD-1)
0 2010年6月20日 博多スターレーン
第29代 CIMA、Gamma、堀口元気
(WARRIORS)
3 2010年6月24日 関西テレビなんでもアリーナ
第30代 神田裕之、谷嵜なおき、菅原拓也
土井軍(仮)
1 2010年10月25日 延岡市民体育館
第31代 CIMA、ドラゴン・キッド、リコシェ
Blood WARRIORS
5 2010年12月26日 福岡国際センター、王座返上
第32代 吉野正人、YAMATO、Gamma
JUNCTION THREE
2 2011年6月18日 博多スターレーン
CIMA、土井成樹、B×Bハルク
第33代 土井成樹、谷嵜なおき、Kzy
(Blood WARRIORS)
5 2011年9月2日 神戸サンボーホール、王座剥奪
第34代 堀口元気H.A.Gee.Mee、斎藤"ジミー"了、ジミー・神田
ジミーズ
1 2012年3月3日 大阪府立体育会館第2競技場
望月成晃、ドン・フジイ、Gamma
第35代 土井成樹、吉野正人、PAC
WORLD-1 INTERNATIONAL
5 2012年5月6日 愛知県体育館、王座返上
第36代 B×Bハルク、戸澤陽谷崎なおき
MAD BLANKEY
2 2012年8月19日 博多スターレーン
CIMA、Gamma、マグニチュード岸和田
第37代 Gamma、マグニチュード岸和田、HUB
(帰ってきたベテラン軍)
1 2012年10月21日 大阪府立体育会館 第1競技場
第38代 土井成樹、吉野正人、しゃちほこBOY
(WORLD-1 INTERNATIONAL)
0 2012年11月17日 大阪府立体育会館 第2競技場
第39代 堀口元気H.A.Gee.Mee!!、斎藤"ジミー"了、Mr.キューキュー・谷嵜なおき・豊中ドルフィン
(ジミーズ)
4 2012年11月23日 諸富ハートフル
第40代 土井成樹、しゃちほこBOY、リッチ・スワン
(WORLD-1 INTERNATIONAL)
1 2013年3月3日 大阪府立体育会館 第2競技場
第41代 望月成晃、ジミー・ススム、K-ness.
M2K
0 2013年6月5日 後楽園ホール
第42代 堀口元気H.A.Gee.Mee!!、斎藤"ジミー"了、ジミー・神田
(ジミーズ)
1 2013年6月16日 博多スターレーン
第43代 望月成晃、ドラゴン・キッド、K-ness.
オレたちベテラン軍
0 2013年8月19日 延岡市民体育館、王座返上
第44代 B×Bハルク、YAMATO、サイバー・コング
(MAD BLANKEY)
1 2013年10月6日 博多スターレーン
吉野正人、鷹木信悟、戸澤陽
第45代 T-Hawk、Eitaフラミータ
ミレニアルズ
0 2013年12月5日 後楽園ホール
第46代 ジミー・ススム、斎藤"ジミー"了、Mr.キューキュー"谷嵜なおき"豊中ドルフィン
(ジミーズ)
3 2013年12月22日 福岡国際センター、王座返上
第47代 ジミー・ススム、ジミー・神田、Mr.キューキュー"谷嵜なおき"豊中ドルフィン
(ジミーズ)
1 2014年2月20日 神戸サンボーホール
土井成樹、サイバー・コング、Kzy
第48代 T-Hawk、Eita、U-T
(Millennials)
2 2014年3月17日 和歌山県立体育館
第49代 土井成樹、サイバー・コング、Kzy
(MAD BLANKEY)
3 2014年6月14日 博多スターレーン
第50代 CIMA、ドン・フジイ、Gamma
(オレたちベテラン軍)
0 2014年10月9日 後楽園ホール
第51代 堀口元気H.A.Gee.Mee!!、ジミー・ススム、斎藤"ジミー"了
(ジミーズ)
2 2014年10月19日 四日市楠緑地体育館
第52代 望月成晃、ドラゴン・キッド、ビッグR清水
Dia.HEARTS
3 2014年12月28日 福岡国際センター
第53代 堀口元気H.A.Gee.Mee!!、ジミー・ススム、ジミー・カゲトラ
(ジミーズ)
2 2015年3月29日 諸富ハートフル、王座返上
第54代 CIMA、ドン・フジイ、Gamma
(無所属)
4 2015年6月14日 博多スターレーン
堀口元気H.A.Gee.Mee!!、ジミー・ススム、斎藤"ジミー"了、王座返上
第55代 吉野正人、戸澤陽、T-Hawk
MONSTER EXPRESS
5 2015年12月6日 ススキノ・マルスジム
鷹木信悟、土井成樹、YAMATO
第56代 堀口元気H.A.Gee.Mee!!、斎藤"ジミー"了、ジミー・神田
(ジミーズ)
3 2016年9月4日 ネーブルカデナアリーナ、王座返上
第57代 ジミー・ススム、斎藤"ジミー"了、ジミー・神田
(ジミーズ)
0 2016年12月25日 福岡国際センター
吉野正人、KotokaBen-K・サイバー・コング、問題龍エル・リンダマンとの3WAYマッチ
第58代 鷹木信悟、T-Hawk、サイバー・コング
VerserK
0 2017年3月4日 大阪府立体育会館 第2競技場、王座返上
第59代 土井成樹、ビッグR清水、Ben-K
MaxiMuM
1 2017年3月20日 和歌山県立体育館
鷹木信悟、T-Hawk、"brother"YASSHI
第60代 鷹木信悟、吉田隆司、エル・リンダマン
(VerserK)
1 2017年7月1日 大阪府立体育会館 第2競技場
第61代 YAMATO、B×Bハルク、Kzy
TRIBE VANGUARD
1 2017年11月3日 大阪府立体育会館 第1競技場
第62代 土井成樹、吉野正人、ジェイソン・リー
(MaxiMuM)
2 2017年12月23日 福岡国際センター
第63代 Kzy、横須賀ススム、堀口元気
NATURAL VIBES
6 2018年5月6日 愛知県体育館
第64代 神田裕之、吉田隆司、KAZMA SAKAMOTO
R・E・D
3 2018年12月23日 福岡国際センター
第65代 ストロングマシーン・Jストロングマシーン・Fストロングマシーン・G
ストロングマシーン軍団
3 2019年7月21日 ワールド記念ホール
第66代 吉田隆司、ディアマンテH・Y・O
(R・E・D)
0 2019年12月15日 福岡国際センター
第67代 ドラゴン・キッド、斎藤了、新井健一郎
闘龍門
0 2020年2月7日 後楽園ホール
第68代 Ben-K、ストロングマシーン・J、ドラゴン・ダイヤ
DRAGON GATE
1 2020年2月29日 大阪府立体育会館 第2競技場
第69代 吉田隆司、ディアマンテ、KAZMA SAKAMOTO
(R・E・D)
0 2020年9月21日 大田区総合体育館、王座返上
第70代 吉田隆司、KAZMA SAKAMOTO、SB KENTo
(R・E・D)
2 2020年11月3日 大阪府立体育会館 第1競技場
土井成樹、リョーツ清水、パンチ富永
第71代 Kzy、横須賀ススム、堀口元気
(NATURAL VIBES)
1 2021年1月13日 後楽園ホール
第72代 ジェイソン・リー、ドラゴン・ダイヤ、ラ・エストレージャ
MASQUERADE
2 2021年5月5日 愛知県体育館
第73代 Eita、石田凱士、H・Y・O
(R・E・D)
2 2021年9月20日 大田区総合体育館
第74代 シュン・スカイウォーカー箕浦康太、ジェイソン・リー
(MASQUERADE)
0 2021年12月15日 後楽園ホール
第75代 Eita、石田凱士、H・Y・O
(R・E・D)
0 2022年1月12日 後楽園ホール、王座返上
第76代 Kzy、U-T、JACKY"FUNKY"KAMEI
(NATURAL VIBES)
0 2022年2月20日 アクロス福岡
B×Bハルク、H・Y・O、シュン・スカイウォーカー
第77代 箕浦康太 with ミノリータ、土井成樹、石田凱士
GOLD CLASS
0 2022年3月5日 大阪府立体育会館 第2競技場
第78代 NOSAWA論外、Eita、鈴木鼓太郎
PERROS DEL MAL DE JAPON
0 2022年5月5日 愛知県体育館
第79代 小川良成吉岡世起進祐哉
STINGER / プロレスリング・ノア
0 2022年6月7日 後楽園ホール(プロレスリング・ノア / STAR NAVIGATION 2022)
第80代 原田大輔小峠篤司YO-HEY
(NOAHJr.正規軍 / プロレスリング・ノア)
0 2022年6月8日 後楽園ホール(プロレスリング・ノア / STAR NAVIGATION 2022)、王座返上
第81代 NOSAWA論外、Eita、鈴木鼓太郎
(PERROS DEL MAL DE JAPON)
1 2022年6月23日 新宿FACE(プロレスリング・ノア / N Innovation)
小峠篤司、YO-HEY、エクストリーム・タイガー

主な記録[編集]

  • 最多戴冠者 : 14回 - 土井成樹(第3、8、10、12、15、28、33、35、38、40、49、59、62、77代)
  • 最多戴冠回数 : 3回 - 斎藤了ドラゴン・キッド堀口元気(第2、4、7代)、堀口元気H.A.Gee.Mee!!、斎藤“ジミー”了、ジミー・神田(第34、42、56代)
  • 最多通算戴冠回数 : 9回 - ジミーズ(第34、39、42、46、47、51、53、56、57代)
  • 最多連続防衛回数 : 6回 - Kzy横須賀ススム、堀口元気(第63代)
  • 最多通算防衛回数 : 17回 - ジミーズ(第34、39、42、46、47、51、53、56代)

その他[編集]

  • 2022年 プロレスリング・ノアのSTINGERが戴冠し、初めて他団体に王座が流出した

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]