八木隆行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八木 隆行
プロフィール
リングネーム 八木 隆行
ジョンソン・フロリダ
ベーカリー八木
ペスカトーレ八木
身長 170cm
体重 80kg
誕生日 (1975-05-20) 1975年5月20日(42歳)
出身地 千葉県旭市
所属 DRAGON GATE
トレーナー ウルティモ・ドラゴン
デビュー 2001年1月19日
テンプレートを表示

八木 隆行(やぎ たかゆき、1975年5月20日 - )は、日本レフェリープロレスラー

経歴[編集]

メキシコへ渡り、闘龍門の7期生として入門。T2Pのメンバーとして編成される。

2001年1月19日八木隆行としてデビュー。漁師ギミックが与えられてベビーフェイスとして活動していたがユニット「イタリアン・コネクション」に加入してヒール転向してミラノコレクションA.T.にリングネームをペスカトーレ八木と改名させられる(ペスカトーレはイタリア語で「漁師」の意味)。闘龍門JAPANにも参戦してキャラが被っている事から新井健一郎と抗争が起きて互いのトレードマークである坊主頭をかけて、おそらくプロレス史上初の敗者髪伸ばしマッチに敗れる。

2003年1月27日、T2Pが解散するとJAPANに合流して実家がナポリの漁師ではなく、千葉県のパン屋である事を告白してフランスパンで相手を殴る(実家の父に鉄よりも固く焼いてもらったという設定)パン屋ギミックに変更してリングネームをベーカリー八木に改名。9月、レフェリーに転向してユニット「フロリダ・ブラザーズ」の試合は必ずレフェリーを務めて彼らとの掛け合いで人気を博す。フロリダ・ブラザーズ戦限定で星条旗模様のシャツと大きなサングラス(度入りで落としては反則を見逃すというギミックだった)を着用していた。

2004年、覆面レスラー「ジョンソン・フロリダ」として復帰してレフェリー活動と並行して時折、試合にも出場している。ユニット「Do FIXER」とのカベジェラ・コントラ・マスカラマッチに敗れて自主的にバリカンを入れて坊主頭を取り戻した。フロリダ・ブラザーズ解散以降は再びレフェリーに専念している。ただし、未だに選手としては引退していない。

2006年8月、レフェリー兼大会本部長を務めていた神田裕之が選手として復帰したことにより、大会本部長に就任。

得意技[編集]

渦巻きコロネ(旧:うず潮フィッシャーマン)
旋回式フィッシャーマンズスープレックス。レフェリーをしている間にも試合をしている選手があまりにも粗暴な場合は、お仕置きとして使用される場合もある。
バターロール(旧:ヒレ折り固め)
タコつぼ固め
フランスパン攻撃
レフェリー転向後もヒールレスラーから一方的な妨害や暴行を受けた時に制裁として繰り出す事がある。

エピソード[編集]

  • 髪の毛が薄くなってきてからは試合中に岩佐拓などが相手の髪をちぎっては八木の頭に乗せるという行為をするようになる。植毛ということで八木も嬉しそうな顔をする。スペル・シーサーのマスクのボアでも同じことをやったことがある。
  • レフェリーに転向したあとも存在感が大きく、真面目なレフェリーから、お笑いまでこなせる。
  • 選手出身であるため、ヒールレスラーに暴行を加られると逆にジャーマンスープレックスバックドロップラリアットで反撃する事もある。
  • ユニット抗争などが起き始めるとリングサイドに駆け寄り、「面白そうだなぁ」と喋り、マッチメイクを行ったりする。