中村風太 (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ben-K
プロフィール
リングネーム Ben-K
中村 風太
本名 中村 風太
身長 174cm[1]
体重 99Kg[1]
誕生日 (1991-10-19) 1991年10月19日(27歳)
出身地 千葉県佐倉市
所属 DRAGON GATE
スポーツ歴 アマチュアレスリング
デビュー 2016年4月22日
テンプレートを表示

中村 風太(なかむら ふうた、1991年10月19日 - )は、日本プロレスラーリングネームBen-K(ベン-ケー)。

経歴[編集]

千葉県立佐倉南高等学校山梨学院大学を卒業。両校在学時にはレスリング部に所属していた[2]

2016年4月22日、DRAGON GATEの若手興行「DRAGON GATE NEX」で本名の中村風太として対T-Hawk戦でデビュー。

4月24日、DRAGON GATE博多スターレーン大会でDRAGON GATEに初登場。

7月8日、望月成晃と組みSummer Adventure Tag League 2016に出場することが発表される。

8月6日、新宿FACE大会で鷹木信悟のラリアットを受けた際に脳震盪を発症、欠場に入る。このため、タッグリーグは5試合中2試合を残し不戦敗となる。

8月20日、岡山大会で復帰するが、ドラゴン・キッド&Eita組に敗れる。

8月21日、博多大会で鷹木信悟&サイバー・コング組とタッグリーグ最終戦を戦い、敗北。タッグリーグは0勝5敗という結果に終わる。

11月10日、DRAGON GATE後楽園ホール大会でリングネームをBen-Kに改名。

2017年3月4日、大阪大会で土井成樹ビッグR清水とともにVerserK(鷹木・サイバー・T-Hawk)の保持するオープン・ザ・トライアングルゲート王座挑戦を表明。

3月20日、和歌山大会で土井、清水とともにトライアングルゲート王座を奪取、デビュー後初のタイトル戴冠となる。

4月7日、後楽園大会でジミーズ(堀口元気H.A.Gee.Mee!!ジミー・ススム斎藤“ジミー”了)相手にトライアングルゲート王座防衛。

5月4日、京都大会で土井、吉野正人Kotoka、清水とともに新ユニット「MaxiMuM」を結成。

7月1日、大阪大会でヴェルセルク(鷹木・吉田隆司エル・リンダマン)に敗れ、保持していたトライアングルゲート王座を手放す。

7月24日、神戸ワールド記念ホール大会でKotoka、清水とともに「ヤングマキシマム」としてトライアングルゲート挑戦者決定1dayトーナメントに出場するが決勝戦でジミーズに敗北。

11月3日、エディオンアリーナ大阪大会で清水とのタッグ「ビッグBen」でCIMAドラゴン・キッド(CK-1)の保持するオープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座に挑戦。

2018年2月11日、博多スターレーン大会で望月成晃に2分9秒で勝利。試合後、望月の持つオープン・ザ・ドリームゲート王座への挑戦を表明。

3月4日、大阪大会でが望月の持つドリームゲート王座に挑戦。

4月1日、神戸大会でビッグBenとしてT-Hawk・Eitaの保持するツインゲート王座に挑戦表明。

5月6日、愛知県体育館大会でT-Hawk・Eitaからツインゲート王座を奪取、第42代王者組となる。

9月6日、メインイベントでマキシマムを裏切り、アンチアスに加入。

9月24日、メインイベント後、RED加入。 ビッグR清水が吉野の次期挑戦者はBen-kと発表した。

11月4日の大阪エディオンアリーナにて、吉野正人の持つオープン・ザ・ドリームゲート王座に挑戦するも、敗北する。

得意技[編集]

Ben-Kボム
フィニッシュ技。ドクターボムと同型。
俵返
袖絡
Ben-K'sリフト
スピアー
フィニッシャーとしても使用。
タックル
ショルダータックルと同型。
Ben-Kクラッシュ
ヘッドバット攻撃。
ベアハッグ
この技で堀口元気の肋骨を粉砕したことがある。
砲丸投げスピアー
ビッグR清水の砲丸投げスラムとの合体技。この技で1度ツインゲートを奪取した。

タイトル歴[編集]

入場曲[編集]

  • Oriental Weapon

エピソード[編集]

  • PRIME ZONEで観客として試合を観戦していたことがある。その際リング上の土井、清水、さらにはリングレポーターの堀口元気からボロクソに言われまくっていた。以降もPRIME ZONEでは、パートナーの吉野正人が1対2で闘うと言い出し、若干放置されたり(吉野は試合開始直後にBen-Kとタッチ)、試合前のトークが長く、待ちくたびれて乱入、強制的に試合を開始するなど、影が薄いキャラを演じている。
  • DDTプロレスリング奥田啓介とは高校時代からの知り合いで、「兄弟」と呼びあう仲である。2018年10月、Ben-Kが声をかける形で奥田もDRAGON GATEに参戦した。
  • ヒールターン後は無口のキャラを貫き通している。一時は自身のSNSも更新しない程だった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]