Kzy

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Kzy
Kzyの画像
プロフィール
リングネーム Kzy
m.c.KZ.
本名 不明
ニックネーム B-BOY 4LIFE
身長 172cm
体重 75kg
誕生日 1986年6月26日(30歳)
出身地 北海道江別市
所属 DRAGON GATE
スポーツ歴 バスケットボール[1]
デビュー 2006年
テンプレートを表示

Kzy(ケージー、1986年6月26日 - )は、日本男性プロレスラーDRAGON GATE所属。北海道江別市出身。身長172cm、体重75kg。血液型O型[1]

経歴[編集]

2006年12月9日、若手選手育成のため作られたDRAGON GATE NEXの旗揚げとともにラッパーギミックのm.c.KZ.としてデビューし、いきなりのメインでの出場。元ドリームゲート王者の斎藤了と共にタッグ戦に出場した。対戦相手は小野寺大和(現・YAMATO)トザワ(現・戸澤陽)[1]。DRAGON GATE本戦デビューは同年12月26日のSITE-KOBE大会。

2007年8月のタッグリーグで、同じくNEXデビューのルパン松谷と組み出場。本来はB×BハルクYAMATOが出場予定だったが、YAMATOが左肩を、ハルクが顎を骨折し出場は不可能となったため、NEXの2人が代わりに出場。リーグ戦ではGamma堀口元気組とシーサーズから勝利を挙げた。

2008年、NEX-1トーナメントに優勝し、メキシコ遠征に出ていたが、土井成樹REAL HAZARDへ対抗するため、メキシコのKZへ電話をかけ、観客のコールとともに土井吉の新ユニットへ勧誘された。これを受諾しWORLD-1入りを果たした。5月31日に凱旋試合が組まれた。6月29日の大阪大会で空位となったオープン・ザ・ブレイブゲート王座に名乗りを上げ、7月27日に堀口元気と同王座決定戦で対戦するも敗北[2]。その後も連戦連敗が続き、10月の九州シリーズを全戦欠場した。11月に復帰するも連敗を重ねていたが12月に入り、地元札幌で連勝し、年末の福岡国際センターでの敗戦ユニット解散サバイバル6人タッグ3WAYマッチにて横須賀享から3カウントを奪い一抜けするなど兆しが見えてきた。

2009年1月18日の大阪府立体育会館第二競技場にてトライアングルゲートに初挑戦したが敗北。4月30日、愛知県体育館大会(5月5日)出場権をかけて超神龍と激突するも敗北、以降試合数が減る。ユニットに所属しているにもかかわらず無所属の選手とタッグを組まされる、WORLD-1タッグの一員となっても試合後に口論などもあった。

ヒール[編集]

6月26日の関西テレビ・なんでもアリーナ大会のメインのオープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座の防衛戦にDr.マッスルとして登場。王者組をアシストしREAL HAZARDへ加入。その翌日からリングネームをKzyに変更。

2010年2月にREAL HAZARDが分裂し、ディープ・ドランカーズへ合流。5月には神田裕之菅原拓也と組んで、初タイトルとなるオープン・ザ・トライアングル・ゲート王座を獲得した。しかし僅か8日後に防衛0で王座陥落[3][4]

その後も土井軍(仮)-Blood WARRIORS-MAD BLANKEYとユニットが変わり、構成員はたびたび入れ替わったが、Kzyは派手なつなぎ・長髪・整えた右眉と剃り落した左眉・左右で異なるカラーコンタクトレンズというスタイルでヒールを貫き続けた[1]。Blood WARRIORS時代の2011年9月には土井・谷嵜なおきとのタッグで再びトライアングルゲートを獲得し、5度の防衛を達成したが、2012年1月に反則負けで王座を剥奪された[4]。またオープン・ザ・ブレイブゲート王座にもたびたび参戦し、2012年3月にはリコシェ、2013年4月にはドラゴン・キッドに挑戦した。同年9月には王座決定トーナメントを勝ち上がり堀口元気H. A. Gee. Mee!!との王座決定戦まで進出した。いずれも反則技を絡め相手を追い詰めるものの、ベルトを掴むには至らなかった[2]

2014年、ジミーズの神田・谷嵜、MAD BLANKEYの土井・ハルクの抗争が勃発。土井とハルクの口論をKzyが宥める場面もあった。5月5日の「敗者代理人髪切りマッチ」で土井成樹が負け残り、土井の代理人だったKzyは自慢の長髪を丸坊主にされてしまった。以後は丸坊主を決定づけたうえにMAD BLANKEYを脱退したB×Bハルクに敵意を燃やし、抗争を繰り広げた。

6月には土井、サイバー・コングとのタッグで3度目のトライアングルゲート王座を獲得し、3度の防衛を果たしたが、10月にCIMA、Gamma、ドン・フジイ組に敗れて王座陥落。さらにKzyは左目を負傷してしまう[4]。以後欠場に入ったが、12月の後楽園大会では同じく欠場していた土井とリングに登場してMB勢で「ミラクル土井ダーツ2014」を開催。

ベビーフェイス[編集]

Kzy欠場中の2015年1月、王者フラミータのベルト受け取り拒否からオープン・ザ・ブレイブゲート王座が空位になったため、開催された王座決定トーナメントにDr.マッスルが出現。MAD BLANKEY勢の後押し介入もあり、様々な選手の得意技を繰り出しつつ、Dr.マッスルが正体不明のままオープン・ザ・ブレイブゲート王座を奪取してしまった[2]

しかし1月16日にそのDr.マッスルがMBを裏切り、自らマスクを剥いで正体がKzyだったことを明かした上で、Dia.HEARTSに加入した。4年7ヵ月ぶりのベビーターンとなった。

電撃脱退に怒った問題龍のブレイブゲート王座挑戦を退けたが、2月28日に戸澤陽に敗北し王座陥落[2]。その後キャラクターが正反対の鷹木信悟との抗争が発展し、5月5日愛知県大会の金網戦に出場した。鷹木に金網に叩きつけられたがそのまま金網を登りきり、最初のエスケープを達成。「鷹木を金網の上から見下ろす」公約を果たした。これまでの金網戦で金網の外からちょっかいを出した経験が生きたと語っている。

しかし2016年2月に所属していたDia.HEARTSが解散してしまった。KzyはMONSTER EXPRESSの勧誘も断り、無所属で活動していたが、5月5日の愛知県体育館大会でB×Bハルクヨースケ♡サンタマリアと共にYAMATO救出に動いた[5]

得意技[編集]

ヒール時代から繰り出す技は基本に忠実。合間にトリッキーな技で攪乱する。受身もうまい。最近はルチャもこなす。

韻波句徒(インパクト)
シットダウン式のチキンウィングパイルドライバー。REAL HAZARD加入後に公開した奥の手。技の名前の由来はKzyの好きなアーティストCHEMONの曲のタイトルから。
KZ.time
フロッグ・スプラッシュ。コーナーに登って叫んで予告するため、外れることが多い。会場を特に盛り上げる技の一つである。
B-BOY
"brother"YASSHIバッド・ボーイと同型の技。コーナートップあるいは走り込んでから仕掛ける前転式スタナー。
独特なロープワークから放つため予測が付きにくく、チェンジオブペースとしても使われるが、動きを読まれてかわされることもある。
BEAT-BOM
ファイヤーマンズキャリーに抱えあげてから、相手の足の方向に向き直りつつ、相手の体を足から地面に下ろすようにして180度回転させ、そのまま勢いをつけてシットダウンボムで叩きつける。
スカイデ・スクールボーイ
相手の片手片足を取って引き込むように倒れつつ、そのままの勢いで、相手の体の上で垂直に重なるようにブリッジしながら足をとりつつ固める、変形のスクールボーイ。スカイデことホルヘ・リベラに伝授された。主なフィニッシュ技。
CDJ
カナディアン・デストロイヤーと同型の技。この技からKZ.timeにつなぐことが多い。
エルボースマッシュ
主にカウンターで使われる。ダッシュしながらしかける場合もある。
ショットガン
コーナーにもたれている相手の腹部めがけて、スピアタックルのように頭から一直線に突っ込む。
KZムーブ
独特のアームロック等で相手を固め、自らのポーズと同じような格好を取らせてしまう動きの総称。相手に屈辱感と精神的なダメージを与える。
ボディーアタック
ダイヤモンド・カッター
ランディ・オートンのように、主に飛びつき式で行う。
スワントーンボム
フォームが非常に美しい
ライク・ア・ドラゴン
膝をついている相手に仕掛ける変形のドラゴンスリーパー

獲得タイトル[編集]

その他[編集]

  • リング上ではチャラチャラしたやんちゃキャラクターを演じる。観客を煽り、盛り上げるのが上手く、会場での人気がある。
  • タッグマッチで相手の大技を立て続けに喰うなどジョバー(やられ役)に回りがちだが、格上の選手相手に善戦、時には勝利をあげることもある。サイバー曰く「決めるとこで決めれるやつ」。
  • B×Bハルクとは出身地が近いこともあって因縁が深く、タッグ「ノース・トライブ(North tribe)」を名乗っている。
  • 入団当初のギミック決めで、「ラッパースタイル」と本人が提案したが誰もスタイルを理解できず、岩佐は「乱破?忍者スタイル?」だったという。また入門当初は岩佐がフロリダ・ブラザーズ時代に愛用していたナイキのシューズを着用していたこともある。岩佐曰く「無いと思ったら…でも大事に使ってね」。
  • NEXデビューの選手がユニット入り、ヒールターンしたのは本人が初めてである。
  • 2007年7月の神戸ワールド記念ホール大会出場権争奪バトルロイヤルにてルパン松谷、APEキマタのNEX勢が出場している中KZは出場しなかったがDr.マッスルは出場していたため、この時のDr.マッスルの正体はKZではないかとの噂があった。
  • 神田裕之がジミーズ入り(ベビーターン)後、神田の「ブルーボックス」(多目的ケースのようなもの)同様、「イエローボックス」を凶器として使用している
  • 姉がいる[6]
  • 2014年5月に丸坊主にされる以前はツーブロックで、長髪の部分はリーゼントモヒカンツインテールなどセットを変えていた[1][2][4]。丸坊主にされた後は歴代の髪切り被害者と違い、一転して坊主スタイルを続けた。短髪に戻った頃に欠場し、2015年1月の復帰およびDia.HEARTSへの加入時はドレッドヘア、以後は再びセットを頻繁に変えている。
  • 自身の入場曲「TIME TO GO CRAZY」、およびMAD BLANKEY時代のB×Bハルクの入場曲「B×B STORY~DEATH DANCE POISON~」ではMCとして参加している[7]
  • 本名は非公開であるが、了八先生(斎藤"ジミー"了)のマイクで「カズキ」と名前だけ出ており(それ以前にも2015年の金網マッチで一度だけ出ている)、PRIME ZONE Vol.33においては自ら「カズ・サワダ」と名乗っている。PRIME ZONE Vol.38では「カズ澤田」名義で試合にも出場している。
  • コスチュームはどのユニットに所属している場合でも、ツナギのようなものに左足の裾だけ上げたスタイルを貫いている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「2014プロレスラー カラー写真名鑑」p.12、週刊プロレスNo.1714、2013年12月5日増刊、ベースボール・マガジン社
  2. ^ a b c d e DRAGONGATE公式サイト>データベース>オープン・ザ・ブレイブゲート. 2014.6.9閲覧
  3. ^ 週刊プロレスEXTRA vol.9「ドラゴンゲート大百科」2013年11月5日、ベースボール・マガジン社
  4. ^ a b c d DRAGON GATE データベース> オープン・ザ・トライアングルゲート. 2014.6.9閲覧
  5. ^ DEAD or ALIVE 2016 2016.5.05 愛知県体育館 観衆:6,000人(超満員札止め)
  6. ^ 週刊プロレス2013年11月17日号p80
  7. ^ DRAGON GATE RECORDS, OPEN THE MUSIC GATE 2013. 2014.6.9閲覧

外部リンク[編集]