GHCジュニアヘビー級タッグ王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GHCジュニアヘビー級タッグ王座
詳細
現王者 HAYATA
YO-HEY
獲得日 2017年8月26日
管理団体 プロレスリング・ノア
創立 2003年7月16日

GHCジュニアタッグ王座は、日本プロレス団体であるプロレスリング・ノアが管理する王座(タイトル)。ジュニアヘビー級選手のタッグチームを対象としている。

概要[編集]

初代王者は決定トーナメントで優勝して獲得

注:王者が王座返上した場合は、王座決定戦によるタイトル移動。それ以外は、すべて前王者に勝利してのタイトル移動。

歴代王者[編集]

歴代数 タッグチーム 防衛回数 獲得日付 獲得した場所
(対戦相手・その他)
初代 丸藤正道&KENTA 9 2003年7月16日 大阪府立体育会館
村浜武洋&獣神サンダー・ライガー
第2代 金丸義信&杉浦貴 2 2005年6月5日 札幌メディアパーク・スピカ
第3代 日高郁人&藤田ミノル 2 2006年3月5日 日本武道館
第4代 金丸義信&杉浦貴 1 2006年8月13日 ディファ有明
第5代 ジェイ・ブリスコ&マーク・ブリスコ 0 2007年1月7日 ディファ有明
第6代 鈴木鼓太郎&リッキー・マルビン 5 2007年1月21日 日本武道館
第7代 土井成樹&吉野正人 1 2007年11月24日 札幌メディアパーク・スピカ
第8代 鷹木信悟&B×Bハルク 0 2008年1月15日 後楽園ホール
第9代 KENTA&石森太二 2 2008年3月20日 大田区体育館
第10代 金丸義信&鈴木鼓太郎 6 2008年7月13日 博多スターレーン
鈴木鼓太郎の長期欠場により王座返上
第11代 リッキー・マルビン&石森太二 2 2010年2月18日 大阪府立体育会館第二競技場
金丸義信&平柳玄藩
第12代 金本浩二&タイガーマスク 2 2010年8月22日 有明コロシアム
新日本プロレスに流出
第13代 丸藤正道&青木篤志 2 2010年12月24日 ディファ有明
丸藤正道の長期欠場により王座返上
第14代 金丸義信&KENTA 1 2011年5月25日 後楽園ホール
鈴木鼓太郎&青木篤志
第15代 鈴木鼓太郎&青木篤志 7 2011年10月16日 後楽園ホール
第16代 スペル・クレイジー&リッキー・マルビン 4 2012年7月22日 両国国技館
第17代 SUWA&平柳玄藩 1 2013年3月10日 横浜文化体育館
SUWAの長期欠場により王座返上
第18代 獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク 4 2013年7月28日 後楽園ホール
石森太二&小峠篤司
第19代 小川良成&ザック・セイバーJr. 1 2013年12月7日 有明コロシアム
第20代 石森太二&小峠篤司 0 2014年3月21日 後楽園ホール
第21代 小川良成&ザック・セイバーJr. 1 2014年4月12日 後楽園ホール
第22代 石森太二&小峠篤司 0 2014年7月5日 有明コロシアム
第23代 拳王&大原はじめ 3 2014年10月12日 横浜文化体育館
第24代 TAKAみちのく&エル・デスペラード[1] 4 2015年3月15日 有明コロシアム
第25代 原田大輔&小峠篤司 3 2015年10月4日 名古屋国際会議場
第26代 拳王&大原はじめ 0 2016年3月19日 後楽園ホール
第27代 原田大輔&小峠篤司 4 2016年4月5日 新宿FACE
第28代 邪道&外道 1 2016年10月8日 後楽園ホール
第29代 原田大輔&小峠篤司 0 2016年12月24日 後楽園ホール
小峠篤司のヘビー級に転向により王座返上
第30代 石森太二&Hi69 2 2017年2月18日 博多スターレーン
HAYATA&YO-HEI
第31代 HAYATA&YO-HEI 1 2017年8月26日 後楽園ホール

特殊な試合形式[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]