ピーアールエヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ピーアールエヌ
PRN Co., Ltd.
Differ-Ariake.jpg
2016年12月まで入居していたディファ有明
種類 株式会社
略称 PRN
本社所在地 日本の旗 日本
135-0063
東京都江東区有明1-3-25
ディファ有明
設立 2000年7月7日
業種 サービス業
法人番号 8010601027152
事業内容 プロレス興行
関連企画の運営
代表者 破産管財人 小畑英一
資本金 1000万円
関係する人物 三沢光晴
田上明
外部リンク プロレスリング・ノア公式サイト
特記事項:
2000年6月16日、株式会社プロレスリング・ノアとして設立(登記上は7月7日に設立)。 2016年11月1日、運営、興行、関連事業をエストビー株式会社(現:ノア・グローバル・エンタテインメント株式会社)に譲渡。譲渡後に商号を株式会社ピーアールエヌに変更。2017年2月に破産申請[1][2]。2017年7月に法人格消滅[3]
テンプレートを表示

株式会社ピーアールエヌは、かつて日本に存在した会社。旧法人名は株式会社プロレスリング・ノア2016年10月31日までプロレス団体プロレスリング・ノア」の運営事業を行っていた。2000年6月16日に設立(登記上は7月7日)。2017年2月1日に破産申請[1][2]。プロレス団体の運営、興行、関連事業は譲渡したノア・グローバルエンタテインメント株式会社より引き続き行われている[1][2]

概要[編集]

2000年6月16日、全日本プロレスを離脱した所属選手とスタッフを中心に株式会社プロレスリング・ノアを設立して三沢光晴が初代代表取締役に就任[1][2]。試合会場であるディファ有明に事務所と道場を構えた。8月5日、プロレス団体「プロレスリング・ノア」の旗揚げ戦をディファ有明で開催[1][2]

以降は所属選手と団体の関連商品の販売、リングマット上の広告料、ファンクラブ運営、テレビ放映権などを得るなどして事業規模を拡大。東京ドーム日本武道館有明コロシアム、地方各地での興行を展開して平成18年6月期には売上高15億8400万円を記録[2]

2009年3月、日本テレビでの地上波放送が打ち切り。6月、選手兼代表であった三沢が広島県立総合体育館 小アリーナ大会での試合中に事故死するアクシデントが発生。7月6日、田上明が2代目代表取締役社長に就任。しかし所属選手の退団や引退などが相次ぎ興行における集客が減少して経営状態が徐々に悪化[2]

2016年11月1日、株式会社プロレスリング・ノアから現商号に変更するとともに運営、興行、関連事業をエストビー株式会社(現:ノア・グローバルエンタテインメント株式会社)に譲渡[1][2]

2017年2月1日、東京地方裁判所より破産手続開始決定を受ける[1][2]。7月12日、法人格が消滅[3]

主な事業[編集]

プロレス
  • プロレス団体「プロレスリング・ノア」の運営、興行。
  • 各種イベントの企画、運営。
  • 関連商品の企画、販売。
  • 所属選手のマネジメント。

歴代役員[編集]

  • 第2代代表取締役社長 : 田上明(2009年7月 - 2017年2月)
    • 取締役副社長 : 小橋健太(2011年9月退任)、丸藤正道(2016年1月辞任)
    • 常務取締役 : 早川久夫
    • 取締役 : 三井政司森嶋猛(2015年12月退社)、杉浦貴(2011年10月 - 2016年1月辞任)
    • ゼネラルマネージャー:仲田龍(2009年12月に相談役より配置転換→2012年3月一般職降格→2014年2月死去)
    • 相談役 : 百田光雄(2009年7月退社)、小川良成(2009年7月辞任)、永源遙(2012年3月一般職降格→2016年11月死去)
    • 監査役 : 浅野隆司、樋口寛治(2010年11月死去)

脚注[編集]

外部リンク[編集]