モーリシャス杯争奪リーグ戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

モーリシャス杯争奪リーグ戦は、プロレスリング・ノア開催のプロレスシングル総当りリーグ戦である。若手選手を参加対象とする。

概要[編集]

ノアの団体旗揚げ時からの主力選手であった三沢光晴小川良成田上明小橋建太菊地毅等が全日本プロレス在籍時、彼等が若手だった頃にコーチトレーナーとして彼等にプロレスの基礎を指導した選手にハル薗田がいた[1]

ハル薗田は、1987年11月28日に夫人とともにアフリカ遠征(新婚旅行も兼ねていた)へ向かうために南アフリカ航空295便に搭乗したが、インド洋モーリシャス近海で墜落事故に遭い、夫婦とも帰らぬ人となった[1]

没後20年となる2007年、ノアは薗田の意思を、次代を担う若手に伝えていきたいとの思いから、当時の若手選手を対象にしたリーグ戦の開催を企画。薗田の終焉地にちなんで「モーリシャス杯」と名付けられたトロフィーが優勝者に渡される[1]

翌2008年に第2回大会も開催された[2]

試合形式[編集]

20分1本勝負によるシングル・マッチを総当り形式で行う[3]

勝ちは2点、負けは0点、不戦勝は2点、不戦敗は0点、時間切れ引き分けは1点、その他あらゆる引き分けは0点で、全公式戦が終了した時点で最多得点者が優勝となる。最多得点者が複数の場合は時間無制限1本勝負による優勝決定戦が行われる[3]

優勝者には『モーリシャス杯』カップが贈呈される[3]

大会結果[編集]

第1回[編集]

11~12月ツアー『Winter Navigation'07』2007年11月15日(木)東京・後楽園ホール大会~同月28(水)宮城・Zepp Sendai大会にて開催された[3]。 優勝・準優勝者は、試練の十番勝負が後日より長期にわたり行われた。優勝の谷口は「驀進十番勝負」、準優勝の青木は「閃光十番勝負」と命名された。

優勝

谷口周平 - 9点

準優勝

青木篤志 - 8点

3位以下
石森太二 - 7点
平柳努 - 2点
太田一平 - 2点
伊藤旭彦 - 2点

第2回[編集]

『Winter Navigation'08』の2008年11月14日(金)後楽園ホール大会~28日(金)新潟市体育館大会にて開催された[4]

優勝

伊藤旭彦

準優勝

平柳玄藩

3位以下
太田一平
起田高志健介オフィス
宮原健斗 (健介オフィス)

脚注、出典、参考[編集]

関連項目[編集]