ノア・グローバルエンタテインメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノア・グローバルエンタテインメント株式会社
Noah Global Entertainment Co., Ltd.
種類 株式会社
略称 ノア
本社所在地 日本の旗 日本
101-0061
東京都千代田区三崎町2-14-6
TM水道橋ビル2階
本店所在地 102-0074
東京都千代田区九段南3-8-14
業種 サービス業
法人番号 9010001156237
事業内容 プロレス興行
関連企画の運営
ECサイトの企画、開発、運営代行
商品プロデュース、制作
マーケティング、プロモーション、コンテンツの企画、制作
代表者 代表取締役 鈴木裕之
資本金 1000万円
主要株主 リデットエンターテインメント
外部リンク プロレスリング・ノア公式サイト
特記事項:2016年11月1日、株式会社プロレスリング・ノアよりプロレス団体「プロレスリング・ノア」の運営、興行、関連事業を譲受。11月7日、社名をエストビー株式会社からノア・グローバルエンタテインメント株式会社に変更。
テンプレートを表示

ノア・グローバルエンタテインメント株式会社は、日本プロレス団体プロレスリング・ノア」の運営会社。旧社名はエストビー株式会社

歴史[編集]

2016年11月1日、株式会社プロレスリング・ノアよりプロレス団体「プロレスリング・ノア」の運営と関連事業を譲受[1][2]。新体制としてエストビー株式会社の役員で元全日本プロレス代表取締役社長の内田雅之が会長[3]、元プロレスリング・ノア代表取締役社長の田上明が相談役に就任。11月7日、エストビー株式会社が社名をノア・グローバルエンタテインメント株式会社に変更[4][5]。12月28日、旧ノア社から譲渡された事務所と道場があるディファ有明が2018年6月に閉鎖されることにより、事務所を東京都千代田区水道橋に移転することを発表[6]。また旧エストビーの事務所も九段坂から水道橋に移転と同時に旧エストビー社のインターネットサイトを閉鎖。

2019年1月29日、広告代理店「リデットエンターテインメント」の子会社となることが発表され、事務所も有楽町の同社内に移転した[7]。代表の不破洋介は一旦留任するものの他の役員は退任し、内田はリデット社に特別顧問として移籍したが3月末で退社した[8]。リデットエンターテインメントの会長は長州力が務めている[7]

2019年5月31日付で役員体制が発表され、不破社長が退任。オーナーであるリデット社の鈴木裕之社長が代表を兼務する新体制がプレスリリースされた[9]

鈴木新代表は、ノアの創業者である三沢光晴に重きを置くために、2019年はあえて「脱三沢」を掲げて、ロゴマーク及び象徴だった緑色のマットを封印し、新しいものに変更。創業時のロゴと緑のマットは、三沢光晴追悼記念大会のみの使用とすることインタビューで答えた[7]

歴代役員[編集]

  • 初代代表取締役社長 : 不破洋介
  • 第2代代表取締役 : 鈴木裕之
    • 取締役会長 : 新原孝一
    • 取締役社長 : 武田有弘
    全員が親会社「リデットエンターテインメント」の役員

脚注[編集]

  1. ^ 事業譲渡のお知らせ2016年11月閲覧
  2. ^ 事業譲受のお知らせ2016年11月閲覧
  3. ^ プロレスリング・ノア新体制に関するご報告 プロレスリング・ノア公式サイト 2016年11月閲覧
  4. ^ 社名変更のご挨拶|プロレスリング・ノア公式サイト2017年1月閲覧
  5. ^ 社名変更のお知らせ2016年11月閲覧
  6. ^ ノア事務所が水道橋に移転 新体制移行と2018年ディファ有明閉鎖に伴い”. ぼくらのプロレス (2016年12月28日). 2017年1月8日閲覧。
  7. ^ a b c ベースボールマガジン社週刊プロレス」2019年2月13日号40頁から42頁
  8. ^ 内田雅之 (2019年1月27日). “[https://twitter.com/masa_uchida/status/1089660779446513664 今後は、立場は変わりますが、リデットエンターテインメント株式会社において特別顧問として仕事を行なってまいります。 新体制になり新たな航海に向かうプロレスリング・ノアは、これからも躍進していくものと思います。]” (日本語). @masa_uchida. 2019年1月31日閲覧。
  9. ^ ノア・グローバルエンタテインメント株式会社 役員人事異動のご案内

外部リンク[編集]