鈴木秀樹 (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 秀樹
Hideki Suzuki
鈴木 秀樹 Hideki Suzukiの画像
プロフィール
リングネーム 鈴木 秀樹
本名 鈴木 秀樹
ニックネーム 2代目人間風車
身長 191cm
体重 108kg
誕生日 (1980-02-28) 1980年2月28日(38歳)
出身地 北海道北広島市
所属 フリー
スポーツ歴 柔道
サッカー
トレーナー ビル・ロビンソン
宮戸優光
デビュー 2008年11月24日
テンプレートを表示

鈴木 秀樹(すずき ひでき、1980年2月28日 - )は、日本プロレスラー北海道北広島市出身。

経歴[編集]

プロレスデビュー以前は東京の郵便局に勤務しながら宮戸優光ビル・ロビンソンから格闘技の指導を受けていた。[1]

U.W.F.スネークピットジャパンに入門し、2008年11月24日、IGFでプロレスデビュー。

2009年11月3日に行われた「GENOME 10」の藤井克久戦で初勝利。

2010年9月26日、バトラーツ初参戦。矢野啓太と組み、メインイベントで石川雄規&スーパータイガー組と対戦するが、石川の腕ひしぎ逆十字固めに屈する。

2014年3月、「年間100試合」を目標にIGFから離れフリーに転向した[2]。3月30日にはZERO1奉納プロレスに来場し、4月からのZERO1参戦と佐藤耕平の持つ世界ヘビー級王座への挑戦を宣言した[3]。しかし、5月6日の世界ヘビー級王座戦では佐藤に敗れ、戴冠はならなかった[4]

6月16日、全日本プロレスに初参戦し、鈴木はKENSOとタッグを組んで諏訪魔&佐藤光留と対戦。試合は鈴木の十八番ダブルアーム・スープレックスで光留から勝利。同時に、継続参戦を要求。

8月3日、ZERO1後楽園ホール大会でタマ・ウィリアムスを破り第22代NWA UNヘビー級王座王者になる。デビュー5年目にして初のタイトルであった。

9月23日、新潟市体育館で行われたプロレスリング・ノアとZERО1の合同興行に参戦。鈴木はこれがノア初参戦となる。当大会で鈴木は佐藤耕平、横山佳和とタッグを組み、マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト&クワイエット・ストームと対戦した。

2015年7月20日花鳥風月の王子大会にてウルトラマンロビンと対戦。この試合はサムライTV主催、どインディー大賞2015ベストバウト部門4位に選ばれた。8月16日大日本プロレスに初参戦。新人の宇藤純久と対戦し勝利。9月からは宇藤と組んで大日本最侠タッグリーグ戦にゲストとして参戦。

2016年は大日本プロレス、ZERO1、古巣のIGFを中心に参戦した。IGFでは藤田和之、ケンドー・カシン、将軍岡本とはぐれIGF軍団で活動。

2017年2月に開幕する「風流人2017タッグリーグ」でウルトラマンロビンとタッグチームを結成し出場する[5]

3月5日、大日本プロレス後楽園ホール大会にて関本大介の保持するBJW認定世界ストロングヘビー級王座に挑むも30分フルタイムドロー。3月30日の後楽園ホール大会にて同一カードのリマッチが決定し、この試合で関本を下しBJW認定世界ストロングヘビー級王座を初戴冠。

8月22日、大日本上野で大日本最侠タッグリーグ戦を将軍岡本とのタッグで出場することを表明。岡本とのタッグを組んだ理由について「僕はわりとダメな人が好きなので、相撲界でもダメだった男、プロレス界でもダメだった将軍岡本を助けたい」と話している。また、ストロング王座の次期防衛戦に関しては「無理にやる必要がない」と慎重な姿勢を見せた[6]

2017年は大日本プロレス、ZERO1、DDT、花鳥風月を中心に参戦した。また「アイスリボンhomme」(アイスリボン男子部改め)・「氷結相撲事業部」を自称している[7]

得意技[編集]

ダブルアームスープレックス
ドラゴンスープレックス
ジャーマンスープレックス
フロントスープレックス
コブラツイスト
卍固め

タイトル歴[編集]

プロレスリングZERO1
WRESTLE-1
大日本プロレス
アイスリボン
プロレス大賞
  • 技能賞

入場曲[編集]

エピソード[編集]

  • 生まれながらにして右目がほとんど見えない。小学生の頃、野球チームに所属していたがボールがうまく見えないため数ヶ月で断念した。[8]また、師であるビル・ロビンソンも若くして視覚障害になっている。
  • エクレアが好物で過去にZERO1でデーモン軍に負けた際にダウンした鈴木に対しデーモン植田がエクレアを口の中に無理やり詰めたことがある。このことを週刊プロレスではエクレア葬と書かれた。またミャンマー初のプロレス大会に参戦した際も大量のエクレアをもらっている。
  • IGF時代お世話になっていたケンドー・カシンをやたらと意識している。週プロの選手名鑑では好きな有名人を青森の男、趣味特技をケンドー・カシンとあげている。カシンは青森出身であるが青森の男がカシンであるかは不明。
  • アイスリボンに参戦以降アイスリボンhomme、氷結相撲事業部所属を自称しておりアイスリボンの選手(主に2008年同期)とツイッターなどで定期的に交遊している。

執筆[編集]

  • エクレアと人間風車[9]

CM出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]