ネイサン・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ネイサン・ジョーンズ
ネイサン・ジョーンズの画像
プロフィール
リングネーム ネイサン・ジョーンズ
本名 ネイサン・ジョーンズ
ニックネーム ポゴ街の巨人
The Front Row
身長 211cm
体重 159kg
誕生日 (1970-08-21) 1970年8月21日(47歳)
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア
クイーンズランド州ゴールドコースト
トレーナー トム・ハワード
デビュー 1997年
テンプレートを表示

ネイサン・ジョーンズNathan Jones1970年8月21日 - )は、オーストラリアの元プロレスラー男性総合格闘家俳優クイーンズランド州ゴールドコースト出身。

来歴[編集]

16歳の時に強盗事件を起こし刑務所で2年間服役する。服役中にパワーリフティングに打ち込みレスラーとしての下地を作り、出所後にパワーリフティング大会でオーストラリア王者に輝いている。怪力世界一を決めるワールド・ストロンゲスト・マン・コンテストアームレスリングの大会などに出場。 1995年のワールド・ストロンゲスト・マン・コンテストではアームレスリング種目でマグナス・サミュエルソンと対戦し、その時ネイサンの右腕の骨が折れてしまう事故が起こる[1]1997年PRIDE旗揚げ戦北尾光覇の対戦相手として来日しプロ総合格闘技デビュー。

その後、ボディーガードを経てオーストラリアのWWAにてプロレスラーとしてデビュー。2002年4月7日には、ジェフ・ジャレットスコット・スタイナー、ブライアン・クリストファーとの4Wayマッチを征し、WWA世界ヘビー級王座を獲得している[2]。同年、橋本真也の目に留まりプロレスリングZERO-ONEに来日し、ジョン・ハイデンライクとのタッグで活動。10月20日に大谷晋二郎&田中将斗炎武連夢)からNWAインターコンチネンタル・タッグ王座を奪取している[3]

2002年末からWWEダーク・マッチに出場を続け、翌2003年にWWEと契約。スマックダウン所属となり、10年間服役していた元服役囚という自身の経歴を誇張したギミックジ・アンダーテイカーのパートナーとしてデビュー。テイカーのパートナーとしてビッグ・ショー&Aトレインと抗争し、レッスルマニア19にも出場予定だったが、レッスルマニア本編前の『HeAT』でFBIの襲撃を受け医務室に搬送される。そのため、カードはテイカーとビッグ・ショー&Aトレインのハンディキャップマッチに変更されるが、その試合終盤に復帰・乱入し、劣勢のテイカーを救出する活躍を見せた。しかしその後は実力不足と判断され、傘下団体のOVWに送られ調整。同年のサバイバー・シリーズ前にブロック・レスナーの手下としてヒールターンし復帰、マット・モーガンとのコンビで活動する。しかし母国・オーストラリアでハウス・ショーを行った際にホームシックに陥ったことが原因で12月に自らWWEを退団。

退団後はオーストラリアに戻り現地のインディー団体に参戦していたが、2005年に引退。その後は俳優としていくつかの映画に出演している。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
1 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0 0
1 0 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 北尾光覇 1R 2:14 V1アームロック PRIDE.1 1997年10月11日

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Worlds Strongest Man Classics – Magnus Samuelsson breaks Nathan Jones arm”. theworldsstrongestman.com (2015年10月23日). 2016年7月29日閲覧。
  2. ^ a b WWA World Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年5月7日閲覧。
  3. ^ a b NWA Intercontinental Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年5月7日閲覧。

外部リンク[編集]