マグナス・サミュエルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マグナス・サミュエルソン
生誕 (1969-12-21) 1969年12月21日(48歳)
 スウェーデン
エステルイェータランド県
シンダ市 キサ
職業 農家, アスリート, 俳優
身長 2.00m (6 ft 6.75 in.)
体重 150 kg (330 lb.)
肩書き ワールド・ストロンゲストマン
配偶者 Kristin Samuelsson
子供 David Samuelsson
公式サイト Magnus Samuelsson - Swedish Power Racing - ウェイバックマシン(2014年9月4日アーカイブ分)

マグナス・サミュエルソン(Magnus Samuelsson、1969年12月21日 - )は、スウェーデンエステルイェータランド県シンダ市キサ出身のアスリート。各国の怪力コンテストでタイトルを総なめにし、人類屈指の力持ちとして知られる。1998年に最高峰たるワールド・ストロンゲストマンで優勝し、世界中に勇名を轟かせた。

本職は農家であるが、現在は俳優として劇や映画にも起用されることがある。

来歴・人物[編集]

筋力は、握力150kg(推定),ベンチプレス300kg(ノーギア),アームカール140kg*3reps,フロントスクワット250kg*10reps,バックスクワット370kg,デッドリフト375kg。上肢の筋力に関しては、マンフレッド・ホーバールと並び世界でも一二を争うと言われる。およそ50回の怪力コンテストに出場し、ほぼ全てにおいて上位入賞。名実ともに90年代後半以降のストロングマンを代表する人物である。その怪力を端的に表すものとして、世界で5人しか閉じることができなかったIRONMIND社のトレーニンググリッパー"COC No.4"を小指抜きで閉じてみせたという逸話がある。

幼少時より農作業で鍛えられていたが、やがて2メートル150キロ(最盛期)の巨体に成長、各種コンテストで頭角を表すようになる。はじめアームレスリングで名を馳せ、地元スウェーデンで十数年間無敗、青年期にはすでに欧州の大会を総なめにしていたが、ワールド・ストロンゲストマンとしてのキャリアは1995年から。同大会のアームレスリングでネイサン・ジョーンズの腕を折る(故意ではなく、ネイサンが姿勢を誤って自滅したもの)など鮮烈なデビューを果たし[1]、以降十四年連続で決勝進出。アームレスリングの他にはタイヤフリップ(300~600kgのタイヤをめくり続ける競技)やアトラス・ストーンズ(100〜160kgの石球を担いで走る競技)を得意としており、幾度か当時の世界記録を更新、その偉業を称えて「石の王」の名で呼ばれる。

なお、人格面では非常に快活で礼儀正しいことで知られており、実力と相まって大会には多くのファンが訪れる。妻のクリスティンも過去二度の国内ストロンゲストウーマン優勝者であり、公私にわたってマグナスを支え続けている。

各部サイズ[編集]

胸囲:149cm ウェスト:104cm 上腕囲:61cm

脚注[編集]

  1. ^ The Worlds Strongest Man Classics – Magnus Samuelsson breaks Nathan Jones arm”. theworldsstrongestman.com (2015年10月23日). 2016年7月29日閲覧。

外部リンク[編集]