石川雄規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石川雄規
石川雄規の画像
プロフィール
リングネーム 石川雄規
本名 石川豊彦
ニックネーム 燃える情念
身長 178cm
体重 95kg
誕生日 (1967-02-08) 1967年2月8日(50歳)
出身地 神奈川県小田原市
スポーツ歴 柔道
レスリング
シューティング
トレーナー カール・ゴッチ
ボリス・マレンコ
藤原喜明
デビュー 1992年4月19日
テンプレートを表示

石川 雄規(いしかわ ゆうき、1967年2月8日 - )は、日本プロレスラー格闘探偵団バトラーツの代表を務める。現在は、炭火串焼き石川屋も営む。本名は石川 豊彦(いしかわ とよひこ)。神奈川県小田原市出身。日本大学卒業。

外国人選手からは本名の豊彦(TOYOHIKO)が発音し辛いため、頭の部分をとってTOY(トーイ)と呼ばれる。

来歴[編集]

アントニオ猪木に憧れ、高校時代は柔道、大学時代はレスリング、シューティング(現:修斗)を行っていた。大学卒業後、カール・ゴッチの元を訪れ、マレンコ道場で修行する。

プロフェッショナルレスリング藤原組に入団後1992年4月19日の高橋和生戦でプロレスデビュー。1993年1月31日、正道会館主催のグローブ空手大会「第2回トーワ杯」に出場し、3回戦(1回戦シード)で佐竹雅昭と対戦し左ハイキックでKO負けするも、大会特別賞を受賞した[1]。同年、パンクラス設立による選手大量離脱時は藤原喜明の弟子では唯一団体に残留し、その後は藤原とともに各団体に登場した。

1995年新日本プロレスヤングライオン杯に出場。

1996年、藤原喜明以外の藤原組選手を引き連れて格闘探偵団バトラーツを設立。

総合格闘技にも進出し、他団体やPRIDEのリングで試合を行ったこともある。

2008年、ZERO1-MAX(現在のZERO1)参戦時、男女混成チームのタッグマッチにおいてhikaru前村早紀をボディスラムでうつ伏せにし、ニヤニヤしながら襲い掛かるムーブを見せた。

映画「餓狼伝」では、主人公のライバル役プロレスラー「梶原年男」役を演じる。

出演者として石川の名前が出ないが、よく「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ)のプロレスが絡む企画の際のプロレスラー役で登場する。(特に番組企画の「利き○○シリーズ」で回答者が答えを間違えた時にバックヤードから出てきてその人間をシバく役が多い)

2013年にかつてバトラーツに参戦し、WWEスーパースターとなったサンティーノ・マレラカナダに設立したプロレスと総合格闘技の道場「バトル・アーツ・アカデミー」のコーチとして招聘され、拠点を同地に移した[2]。日本へビザ更新等で一時帰国した際には、リアルジャパンプロレスなどに参戦している。

得意技[編集]

タイトル歴[編集]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
2 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0 0
2 2 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 滑川康仁 1R 3:46 TKO(パウンド) DEEP2001 7th IMPACT in DIFFER ARIAKE 2002年12月8日
× クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン 1R 1:52 KO(スタンドパンチ連打) PRIDE.17 2001年11月3日

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]