CWアンダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
CWアンダーソン
CW ANDERSON.jpg
プロフィール
リングネーム CWアンダーソン
クリストファー・W・アンダーソン
エル・チコ
本名 クリス・ライト
ニックネーム ザ・サムゥー
アメリカの高岩竜一
身長 185cm
体重 111kg
誕生日 (1971-01-07) 1971年1月7日(46歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ノースカロライナ州ローリー
スポーツ歴 野球
ソフトボール
トレーナー WCWパワープラント
デビュー 1992年
テンプレートを表示

CWアンダーソンC. W. Anderson)のリングネームで知られるクリス・ライトChris Wright1971年1月7日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーノースカロライナ州ローリー出身。

両手でCWの文字を表現することがトレードマークである。

来歴[編集]

高校生時代、野球で活躍し1989年サンディエゴ・パドレスからドラフト指名を受けるも入団拒否し、大学進学を選んだ。大学ではコンピューティングを専攻し、野球ソフトボールに励んだ。大学在学時に卒業後の進路を悩んでいたところ、友人達がプロレスラーを目指していることを知り、ライトもプロレスラーになることを決意した。

1992年、地元であるノースカロライナ州のインディー団体にてマスクマンギミックであるエル・チコEl Chico)のリングネームでプロレスラーデビュー。各地のインディー団体で活動中に風貌とレスリング技術が1960年代から1970年代にかけて一世を風靡したアンダーソン兄弟に似ていたことからアンダーソン・ファミリーの一員というギミックで、リングネームを現在でも使われているCWアンダーソンC. W. Anderson)へと変更。パット・アンダーソンとアンダーソンズThe Andersons)なるタッグチームを結成し、活動。1996年NWA世界タッグ王座を獲得している。また、同年にはレスリングスクール、アンダーソン・アカデミー(The Anderson Academy)を開校。

1999年ECWと契約を交わし入団。ライトの知名度を一気に広めることになり、ECW崩壊まで第一線で活躍した。2001年1月7日、ECW最後のPPVであるGuilty as Chargedではトミー・ドリーマー1985年WCWのPPVであるStarrcadeで行われたマグナムTA vs タリー・ブランチャードに基づいたアイクイット・マッチを行った。結果はアンダーソンの敗戦。

ECW崩壊後は再び各地のインディー団体で活動することになるが、2002年4月に日本の団体であるプロレスリングZERO-ONE(後のZERO1)に参戦。天下一ジュニアトーナメントに出場。日本への活動はZERO1を中心に、ハッスルなどに定期参戦している。ECWで共に活動したスティーブ・コリノとタッグを組むことが多かった。

2004年WWEに参戦。ダークマッチとVelocityでの出場が中心となっていたが、2005年にECWリユニオンショーであるPPV、One Night Stand 2005が行われたことにより、ECW復活の兆しが見えてきたことにより2006年より正式を契約交わし、クリストファー・W・アンダーソンChristopher W. Anderson)というリングネームでWWE内で復活したECWを中心にECWオリジナルズの一員として出場機会が増えるが、大半がジョバーでの役目であった。

WWE解雇後は世界各地のインディー団体で活動。2005年にはECWリユニオンショーであるHardcore Homecomingに出場し、2010年にはTNAのECWリユニオンショーPPV、ハードコアジャスティスに参戦。2・コールド・スコーピオと対戦し、敗戦。2011年11月にインディー団体であるAWE(Awesome Wrestling Enteratinment)のPPV、Night of the Legendsにてペリー・サターンの復帰戦の相手を務めた。

得意技[編集]

スピニング・スパインバスター
フィニッシャー
アンダーソン・レフト
レフト・ノックアウトパンチ
アンダーソン・トラディション
シザース・アームバー
シングルアームDDT
スーパーキック

タイトル[編集]

NWA
w / パット・アンダーソン
ZERO1
w / スティーブ・コリノ

その他、世界各地のインディー団体のタイトルを多数獲得。

外部リンク[編集]