スティーブ・コリノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スティーブ・コリノ
スティーブ・コリノの画像
プロフィール
リングネーム スティーブ・コリノ
ミスター・レスリング3号
本名 スティーブ・ユージン・コリノ
ニックネーム キング・オブ・オールド・スクール
誕生日 (1973-03-21) 1973年3月21日(43歳)
出身地 カナダの旗 カナダ
マニトバ州ウィニペグ
デビュー 1995年4月6日
テンプレートを表示

スティーブ・コリノSteven Eugene Corino1973年3月21日 - )はカナダプロレスラー、プロレス・プロモーター。マニトバ州ウィニペグ出身。クラシカルなスタイルのアメリカン・プロレスが試合の特徴であり、キング・オブ・オールド・スクールThe King of Old School)の異名を持つ[1]

ZERO1-MAXを中心に日本の団体へも多数出場しており、試合中に片言の日本語を叫ぶアピールでも知られる。妹のキャシー・アリソン・コリノもアリソン・デインジャーのリングネームで活躍している。息子であるコービー・コリノもプロレスラーとしてデビューを果たし、親子タッグで王座も獲得している。

来歴[編集]

1995年4月6日にデビューし、アメリカインディー団体プエルトリコWWCで活動。1998年からはECWに登場、サイラス・ザ・ヴァイラス率いるザ・ネットワークの一員となり[2]2000年11月5日にはECW世界ヘビー級王座を獲得した[3]

ECW崩壊後はインディー団体を経て2001年4月にNWA世界ヘビー級王座を獲得し、7月にZERO-ONEに登場。以降同団体の常連外国人選手となり、ZERO-ONEを経てZERO1-MAXへも参戦。また、ハッスルにもハッスル1から出場している。プロレスリング・ノアにも参戦経験がある。

選手活動をしつつ、1997年からプロモーターとしての活動も開始しており、ノースカロライナ地区のプロモーターを皮切りに2001年にはフィラデルフィア地区、近年ではAWAスーパースターズ・オブ・レスリングの渉外担当も務めた。ZERO1-MAXがAWA世界ヘビー級王座と関わりがあるのは、コリノの繋がりによる。

2007年にはハワイのHCWにて覆面レスラーミスター・レスリング3号に変身し、NWAレジェンドであるミスター・レスリング2号タッグチームを結成した[1]

同年末に引退を発表したが、2009年からはROHに復帰している[1]。以後PWFなどのインディー団体に転戦している。

2011年3月6日、ZERO1旗揚げ10周年記念大会にて2年ぶりの来日。コリノ・ZERO1ともにNWA加盟を果たしたため実現に至った。

2016年3月6日、ZERO1旗揚げ15周年記念大会に来日。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ECW
NWA
  • NWA世界ヘビー級王座(第92代)
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座 : 1回
  • NWA南部ヘビー級王座 : 1回
  • NWAハートランド地区ヘビー級王座 : 1回
  • NWA 2000アメリカン・ヘリテージ王座 : 1回
  • NWA 2000ライトヘビー級王座 : 1回
  • NWA世界ライトヘビー級王座 : 1回
  • NWAニュージャージー/ニューヨーク・ヘビー級王座 : 1回
  • NWAミッドウェスト・ヘビー級 / Zero1認定ユナイテッドステイツ・ヘビー級王座 : 1回
  • NWA北米ヘビー級王座 : 1回
  • NWAユナイテッドステイツ・タッグ王座 : 1回 (ランス・ダイアモンド)
AWAスーパースターズ・オブ・レスリング
ZERO-ONE
AIW
  • AIWアブソルート王座 : 1回
ACE
  • ACEヘビー級王座 : 1回
AAW
  • AAWオーストラリアン王座 : 1回
APW
  • APWヘビー級王座 : 1回
BWCW
  • BWCWヘビー級王座 : 1回
B4W
  • B4W北米ヘビー級王座 : 2回
  • B4Wヘビー級王座 : 1回
  • B4Wハードコア王座 : 1回
CWA
  • CWAヘビー級王座 : 1回
ECWA
  • ECWAタッグ王座 : 1回 (w / ランス・ダイアモンド)
ESW
  • ESWライトヘビー級王座 : 1回
FC
  • FC! BANG! TV王座 : 1回
  • FCタッグ王座 : 1回 (w / アダム・ウィンソー)
GSW
  • GSW世界ヘビー級王座 : 2回
HCW
HRPW
  • HRPW世界ヘビー級王座 : 1回
IWF
  • IWFアメリカン王座 : 2回
IPW
  • IPWヘビー級王座 : 1回
IPWA
  • IPWAライトヘビー級王座 : 1回
  • IPWAタッグ王座 : 1回 (w / アダム・フィッシュ)
IWA
  • IWA・PAヘビー級王座 : 1回
IHPW
  • IHPWヘビー級王座 : 1回
KYDAプロレスリング
  • KYDAプロヘビー級王座 : 1回
  • KYDAプロ・ミッドアトランティック王座 : 1回
LPW
  • LPW殿堂
MLW
  • MLW世界ヘビー級王座 : 2回
MCW
  • MCW殿堂
MEWF
  • MEWFミッドアトランティック王座 : 1回
  • MEWFライトヘビー級王座 : 3回
  • MEWFタッグ王座 : 1回 (w / ジミー・シシェロ]])
1PW
  • 1PW世界ヘビー級王座 : 1回
OMEGA
  • OMEGAヘビー級王座 : 1回
PCW
  • PCWジュニアヘビー級王座 : 1回
PWA
  • PWAヘビー級王座 : 1回
PPW
  • PPWヘビー級王座 : 1回
PCW
  • PWFタッグ王座 : 1回 (w / アダム・ナイト)
PWF
  • PWFタッグ王座 : 4回 (w / CWアンダーソン×3、キッド・アメリカ)
  • PWFユニバーサル6人タッグ王座 : 1回 (w / CWアンダーソン & ジョニー・スカイラー)
  • PWFユニバーサル・ヘビー級王座 : 6回
PWF北東
  • PWF北東ヘビー級王座 : 1回
PWE
  • PXWヘビー級王座 : 1回
プロレスリングWorld-1
  • PWF World-1ヘビー級王座 : 2回
  • World-1北米王座 : 1回
  • World-1タッグ王座 : 2回 (w / CWアンダーソン、コルビー・コリーノ)
ピュア・レスリング・アソシエーション
  • PWAピュアレスリング王座 : 1回
ROH
SCW
  • SCWジュニアヘビー級王座 : 1回
TWA
  • TWAヘビー級王座 : 1回
UIPW
  • UIPWユニオン・ヘビー級王座 : 1回
USCW
  • USCWタッグ王座 : 1回 (w / アダム・フラッシュ)
USEW
  • UXWヘビー級王座 : 1回
WAW
  • WAW世界ヘビー級王座 : 1回
WWC
  • WWC世界ジュニアヘビー級王座 : 1回
  • WWCユニバーサル・ヘビー級王座 : 2回

脚注[編集]

  1. ^ a b c Wrestler Profiles: "The King of Old School" Steve Corino”. Online World of Wrestling. 2011年4月25日閲覧。
  2. ^ Faction Profiles: The Network”. Online World of Wrestling. 2011年4月25日閲覧。
  3. ^ ECW World Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2011年4月25日閲覧。