DDT (プロレス技)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

DDT(ディー・ディー・ティー)は、プロレス技の一種である。

概要[編集]

ジェイク・ロバーツのオリジナル技であり、代名詞的フィニッシュ・ホールド。前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回して相手の頭を左脇に抱え込み、相手の頭を抱えたまま背中から倒れて、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の頭部を打ちつける。

ロバーツは自身のDVD『Pick Your Poison』に収録されているインタビューでDDTの名称は殺虫剤DDTDichloro Diphenyl Trichloroethane)に由来していると語っている。ダブル・ミーニングとして相棒であるニシキヘビのダミアンにちなんだダミアンズ・ディナー・タイム(Damien's Dinner Time)にも掛けられており、他にも「Drop Dead Twice」、「Demonic Death Trap」、「Death Drop Technique」など様々な言われようもあった。ロバーツのDDT以前にも似た形の技は存在していたとも言われるが1つの必殺技としてDDTを開発と確立したのはロバーツである。

日本において、天龍源一郎がインタビューの際にDDTを自らの名前と掛けて「DDTはデンジャラス・ドライバー・オブ・テンリューの頭文字である」という旨の発言をしたため、命名の由来に若干の誤解が生じていた。それにより、大仁田厚が自身のDDTを「DDO(グレート・ニタで試合する際は「DDN」)」と呼称するなどしていた。

現在は相手の頭頂部を打ち付ける形が多いが天龍のDDTは顔面を狙うような形であり、変形フェイス・クラッシャーとも言えた。頭頂部を狙う形のほうが見た目が派手で相手も受身がとりやすいため(1回転するなどして受け方も見栄えがする)、こちらのほうが主流になっている。

雪崩式でも使用されてリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせて自身もリングに背を向けた状態でコーナーのセカンドロープに登って相手をDDTの要領で抱えて背中から急降下してコーナーから引きずり落とした相手の頭部を打ちつける。ただし、危険技なのであまり、使用していない。仕掛ける側も背中を強打するため、諸刃の剣とも言える。橋本真也蝶野正洋に見舞った際に技かけた橋本が起き上がれず、蝶野が先に立ち上がり橋本をフォールする展開もあった。獣神サンダー・ライガーが一時期使用していた。

日本において、DDTの第一人者は橋本真也。単純ではあるが応用性に富み、試合中盤の繋ぎ技としてだけでなく、独自の工夫を凝らすことでフィニッシュ・ホールドに進化させるレスラーも多い。見栄えが良い上に、これといった返し技がないなど利点も多く、近年のプロレスを代表する技の1つといえる。

総合格闘技でも山本宜久マーク・ケアー戦においてケアーがタックルを仕掛けたところ山本がフロント・ヘッドロックの形でケアーの頭を締めながら後ろへと倒れた結果は偶然にDDTの形になってケアーが失神して試合が決着した例がある。

辻よしなりはプロレス実況においてDDTを「リング上の殺虫剤」、福沢ジャストミート朗は「プロレス人間殺虫剤」と形容。

日本のプロレス団体であるDDTプロレスリングは「Dramatic Dream Team」の略称であるが命名する際に技名として使用されているDDTを略称にかけたものである。

応用技として相手の頭をDDTの要領で脇に抱え込み、ジャンプして背中から着地すると同時に抱えていた相手の頭を打ちつけるジャンピング式がある。

主な使用者[編集]

相手の足元に自身が滑り込むように倒れこむスタイルを使用。
レイヴェン・エフェクトの名称で使用。
相手の両足をコーナーやロープに乗せて仕掛けるのをエレベイテッドDDTの名称で使用。
本人も日本人レスラーで1番の使い手であると自負しており、ジャンピング式垂直落下式や決め方のバリエーションを多数考案して日本のプロレス界において強い影響を与えた。
晩年に入ってから使い始めた。デビュー以来欠場したことがなかった馬場が骨折による欠場明けの復帰戦でDDTを決めて復活勝利を飾った。馬場は「こんな簡単でいい技があるなんて知らなかった」と感心していたという。テレビゲーム『ファイヤープロレスリングシリーズ』では馬場の独特のモーションを再現したジャイアントDDTという技があり、一般的なDDTとは別格の扱いを受けている。
DDO(デンジャラス・ドライバー・オオニタ)の名称で使用。
1人をDDT、もう1人をスタナーでまとめて仕掛けるのを、まとめての名称で使用。

派生技[編集]

飛びつき式DDT[編集]

助走して屈んだ状態の相手に飛びついてDDTの形で相手の頭部を打ちつける。ロープワークの攻防から走った勢いで仕掛けるパターンやショルダースルーなど上に放り投げられた落下の勢いで仕掛けるパターンがある。主な使用者は橋本真也ジ・アンダーテイカー

ダイビング飛びつき式DDT
セカンドロープから自身の方を向いて立っている相手に向かってジャンプして相手の頭を左脇に抱え込み、背中から倒れ込み、相手の頭をDDTの形で打ちつける。主な使用者は金丸義信ディープインパクトの名称で使用)。
シューティングスターDDT
コーナー最上段から自身の方を向いて立っている相手に向かってジャンプして空中で体を450度前方回転して相手の頭を左脇に抱え込み、背中から倒れ込み、相手の頭をDDTの形で打ちつける。主な使用者はマット・クロスデススターDDTの名称で使用)。
ナカユビ
CIMAのオリジナル技。前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、両足を開くようにジャンプして相手の胴体を両足で挟み込み、相手の体にしがみついたまま落下して、その勢いで前のめりに倒れ込み、相手の頭部を打ちつける。

スイングDDT[編集]

WWEではトルネードDDTと呼称される。スペル・デルフィンのオリジナル技(実際に開発したのは外道だと言われている)。セカンドロープに登ってコーナー最上段に腰をかけてコーナー側にいる相手の頭を正面から左脇に抱え込み、ジャンプして相手の体を軸にして自身の体を右方向へと旋回させて背中から着地すると同時に抱えていた相手の頭を叩きつける。主な使用者はグラン浜田エディ・ゲレロFUNAKIライジングサンの名称で使用)、佐々木貴聖菜

派生技として太陽ケアが助走して相手の正面から近づいて相手の頭を左脇に抱え込み、ジャンプして相手の首を軸にして自身の体を右方向へと旋回させて相手の頭部をDDTの形で突き刺すのをハリケーン・スパイクの名称で使用。

派生技としてHUBがリングの方を向きながらコーナーのセカンドロープに登ってコーナー最上段に腰をかけてコーナー側にいる相手の頭を正面から左脇に抱え込み、リングにジャンプして相手の体を軸にして自身の体を右方向へと旋回させて、もう1度セカンドロープに両足を着地させてロープを蹴って体に回転を加えて背中から着地すると同時に抱えていた相手の頭を叩きつけるのをスイングDDT改の名称で使用。

垂直落下式DDT[編集]

橋本真也の得意技。相手を持ち上げたまま足を数歩前に踏み出して右足を振り上げながら上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部を打ちつける。技としては垂直落下式ブレーンバスターとほぼ同型だが唯一の使い手である橋本が「足のステップがDDTなのでブレーンバスターではない」と主張していた。実際に初期は空中で無理やりDDTのフックに持ち替えるなど落とし方がDDTのような形だったが後に危険性を考慮して垂直落下式ブレーンバスターのような形になった。橋本は垂直落下式DDTを一撃必殺の最終兵器として愛用し続けて橋本がチャンピオンになって以来、垂直落下式DDTを自力でキックアウトしたのはロード・スティーブン・リーガル(現:ウィリアム・リーガル)ただ1人である。主な使用者は橋本大地

インプラントDDT
前屈みになった相手の頭をDDTの要領で左脇に抱え込み、右手で相手のタイツを掴んで相手の体をマットと水平の高さになるまで持ち上げて相手の体を抱えたまま尻餅をつくように倒れ込み、うつ伏せの状態になった相手の体を自身の左サイドへ叩きつける。なお、上記の垂直落下式DDTを垂直落下式ブレーンバスターと同じ技とみなしてインプラントDDTを垂直落下式DDTとする考え方もある。インプラントDDTを垂直落下式フェイス・バスターとして扱う場合もある。主な使用者はジョニー・エースジョニー・スパイクの名称で使用)、ギャングレルインペイラーの名称で使用)、マイク・バートンバートン・スパイクの名称で使用)、エッジエッジ・キューションの名称で使用)、タイラー・ブリーズ
派生技として高木三四郎が相手の上半身をハーフハッチ・スープレックスのクラッチで固めて抱えた相手のタイツに右手を添えて相手の体をマットと水平の高さになるまで抱え上げて尻餅をつき、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を叩きつけるのを三四郎スタナーの名称で使用。
派生技としてフィン・ベイラーが相手の上半身をハーフハッチ・スープレックスのクラッチで固めて抱えた相手の体を垂直になるまで持ち上げて相手の体を抱えたまま背中から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部を打ちつけるのをブラディサンデーの名称で使用。
派生技として円華が前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回して右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自身の首の後ろに引っ掛けて、相手の両足の間に正面から差し込み、右手で相手の股を抱えて相手の体をマットと水平の高さになるまで抱え上げて自身の体を左方向へと傾けながら正座をするように両膝を折り畳み、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を自身の左サイドへ叩きつけるのをBULLET RIDEの名称で使用。
派生技として橋本大地が前屈みになった相手の頭をDDTの要領で左脇に抱え込み、相手のタイツを右手で掴んで相手の体を軽く宙に抱え上げて相手の体が垂直になるまで持ち上げて背中から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部を打ちつけるのをライジングDDTの名称で使用。
フィッシャーマンズDDT
橋本真也の得意技。相手をフィッシャーマンズ・バスターの要領で垂直になるまで持ち上げて相手を抱えたまま背中から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を叩きつける。技としてはフィッシャーマン・バスターとほぼ同型だが唯一の使い手である橋本は「足のステップがDDTなので」と主張していた。

ダブルアームDDT[編集]

相手の上半身をリバース・フルネルソンに捕らえて背中から倒れ込み、その勢いで前のめりに倒した相手の頭部を打ちつける。主な使用者はダニー・クロファットミック・フォーリーカクタス・ジャックナイフの名称で使用)、スティービー・リチャーズスティービーTの名称で使用)、安良岡裕二ディーン・アンブローズダーティーディーズの名称で使用)、石井慧介

リストクラッチDDT
相手の上半身を魔神風車固めに捕らえて背中から倒れ込み、その勢いで前のめりに倒した相手の頭部を打ちつける。ダブルアームDDTに比べるとクラッチが複雑なため、受け身が取りにくい。
胴締め式ダブルアームDDT
相手の上半身をリバース・フルネルソンに捕らえて両足を開くようにジャンプして相手の胴体を両足で挟み込み、相手の体にしがみついたまま落下して、その勢いで前のめりに倒した相手の頭部を打ちつける。主な使用者はキザーニータルーラベルの名称で使用)、タマ・トンガヴェレノの名称で使用)。

リバースDDT[編集]

相手の背後に自身の体を回り込ませて右首筋の方から相手の顎の下に左腕を巻きつけて相手の首を左脇に抱え込み、相手の右腕の上に自身の右腕を回し、尻餅をつく形で倒れ込み、その勢いで後ろに引き倒した相手の後頭部を打ちつける。主な使用者はダニー・クロファットスティングスコーピオン・デス・ドロップの名称で使用)、エル・サムライランス・アーチャーダークデイズの名称で使用)、MIYAWAKIデスペナルティーの名称で使用)。

派生技としてエル・サムライがリングの方を向きながらコーナーのセカンドロープに登ってコーナー最上段に腰をかけてコーナー側にいる相手の頭をリバースDDTの要領で脇に抱えてリングにジャンプして相手の体を軸にして自身の体を右方向へと旋回させて背中から着地すると同時に相手の後頭部を叩きつけるのをスイング・リバースDDTの名称で使用。

派生技として橋誠が相手の首をリバースDDTの要領で左脇に抱え込み、外腿の方から相手の右腿の裏に右手を回し、相手の体を垂直になるまで持ち上げて背中から倒れ込み、落下させた相手の後頭部を打ちつけるのを天誅カラス落としの名称で使用。

派生技として佐々木大輔が相手をオクラホマ・スタンピードの要領で右肩に担ぎ上げて相手の左肩を左手で下から押し上げることで相手の体を仰向けにひっくり返して自身の体だけを右方向へと180度捻って落下する相手の喉のあたりにリバースDDTの形で左腕を回し、左半身から倒れ込み、相手の後頭部や背中を自身の左サイドへ叩きつけるのをNOW OR NEVERの名称で使用。

垂直落下式リバースDDT
相手の首をリバースDDTの要領で左脇に抱えて右手を相手の背中の方へと回し、両膝を軽く屈伸させて相手の体を軽く宙に抱え上げつつ自身は背中から倒れ込み、落下させた相手の後頭部を打ちつける。主な使用者はエル・サムライMIYAWAKIデスペナルティーIIの名称で使用)。
派生技としてフィン・ベイラーが相手を垂直落下式リバースDDTの要領で持ち上げた相手の右腿の裏に右手を回し、背中から倒れ込み、落下させた相手の後頭部を打ちつけるのをリバース・ブラディサンデーの名称で使用。
雪崩式リバースDDT
リングに背中を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせて自身もリングに背を向けた状態でコーナー最上段に登って相手の体をリバースDDTの要領で抱えて背中から落下してコーナーから引きずり落とした相手の後頭部を痛打させる。主な使用者はエル・サムライ
後方回転式リバースDDT
自身の体を左方向へと軽く捻って相手に背中を向けて左首筋の方から相手の顎の下に自身の右腕を引っ掛けて、相手の顎を自身の右肩の上に乗せた状態で首を固定して左腕を横に広げて相手の首を右手で抱えたまま自身の目の前にあるコーナー最上段まで駆け上がって両足を伸ばしながら自身の体を270度後方回転させるようにジャンプして両膝から着地すると同時に後ろに引き倒した相手の後頭部を叩きつける。主な使用者は日高郁人ミスティフリップの名称で使用)、丸藤正道不知火の名称で使用)、ブライアン・ケンドリックスライスブレッドNo.2の名称で使用)。後方回転式リバースDDTを最初に使用したのは日高だが丸藤が使用したことで脚光を浴びたため、知名度は不知火が先行している。
後方回転式リバースDDTの起源説について様々な説が取り上げられたが流智美日本プロレス時代に吉村道明が使用した回転投げ[1]が起源ではないかとしている。ただし、1990年代後半に「コーナーをステップにして後方回転しながら相手の頭部を叩きつける」という方向に技を進化(深化)させたのは後述する、それぞれのレスラー達である。
派生技としてHUBが相手の首を後方回転式リバースDDTの要領で抱え込み、目の前にあるロープに向かって走って右足をセカンドロープに左足をトップロープに、それぞれ乗せてロープを足蹴にした勢いで自身の体を270度後方回転させて両膝から着地すると同時に後ろに引き倒した相手の後頭部を叩きつけるのをゼロ・マジックの名称で使用。
雪崩式後方回転リバースDDT
リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせて自身もリングに背を向けた状態でコーナーのセカンドロープに登って相手の左肩の上に右手を背中に左手を、それぞれ回して相手と共にコーナー最上段へと歩を進めて相手を抱えたまま体をムーンサルト・プレスの要領で回転して宙を舞わせた相手を背中から叩きつける。主な使用者は丸藤正道不知火・改の名称で使用)。
ブリティッシュ・フォール
ジョニー・スミスのオリジナル技。相手をボディ・スラムの要領で持ち上げて体を軽く前傾させて相手の股から右腕を離して背中を仰け反らせながら両足をマットに着地させた相手の首を左脇に抱え込み、相手の首を抱えたまま後ろに倒れ込み、相手の後頭部をリバースDDTの形で叩きつける。
アサイDDT
ウルティモ・ドラゴンのオリジナル技。相手の首をスタナーの要領で右肩に固定して両足を屈伸させて、その場でジャンプして相手の頭上を跳び超えるような感じで体を360度後方回転させて相手の背中に自身の体を回り込ませて体重をあずけることで相手の体を後ろに引き倒して両膝から着地すると同時に相手の後頭部を叩きつける。
派生技として内藤哲也が向かい合った相手の左腕を両手で掴み、相手の体を自身の方に引き寄せて相手の右脇の下を潜り抜けつつ相手の右腕に自身の右腕を引っ掛けて、相手の背後に体が回り込んだところで相手の右脇に背中の方から左腕を差し込み、その腕を相手の顎の下に持っていって、自身は360度後方回転するように体を軽くジャンプして相手の頭上を跳び超えて相手の背後に尻餅をつく形で着地して、その勢いで後ろに引き倒した相手の後頭部をリバースDDTの形で叩きつけるのをデスティーノの名称で使用。

返し技[編集]

一般的なDDTの返し方。

  • 水車落としの要領で持ち上げて後方へと反り投げる。
  • スパイン・バスターの要領で持ち上げて前方へと叩きつける。
  • スピアーの要領で相手をコーナーやロープに押し込む。
  • 仕掛けられる直前に自身が前転するかたちで先に倒れ込んでダメージを軽減する(馳浩が対橋本真也戦で披露)。
    • 上記の応用技を仕掛けられる直前に自身が前宙して足から着地する。
  • 相手の軸足に自身の脚を引っかけて、バランスを崩させてフックを外す(ロード・スティーブン・リーガルが対橋本真也戦で披露)。

リバースDDTの返し方。

  • 自身が尻餅をつき、頭から落とされないようにする(結果的にドラゴンスリーパーをかけられる形になる)。
    • 上記の状態から体を屈伸させて相手に蹴りを叩き込む。
    • 上記の状態から前方回転エビ固めに持ち込んでフォールを奪う。
  • 首をクラッチさせたまま、コーナーやロープを駆け上がり、逆に後方回転式リバース式DDTを仕掛ける。

スイングDDTの返し方。

  • 相手が空中を旋回している所で首のフックを外して叩きつける(F5を仕掛けるような形になる)。
  • 相手が空中を旋回している所でマンハッタン・ドロップを仕掛ける。

後方回転式リバースDDT、アサイDDTの返し方。

  • 技を仕掛けられる前にロープ際やコーナー周辺に移動して跳躍(着地)する場所を与えないようにする。
    • コーナーなどを利用する場合は、相手の駆け上がりたいコーナーとは逆方向などに遠ざかるように移動する。また、逆にコーナーに先に押し込むように移動してコーナーを使うタイミングをずらす方法もある。
  • 後方回転中に相手の胴体を掴み、ボディ・スラムや、みちのくドライバーIIのような形で落とす。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 相手にフロント・ヘッドロックをかけさせてから自身の体を反転させて(つまりスタンディング・ドラゴンスリーパーの体制)、そこから首のフックを決めさせたまま飛び上がり相手の頭部と自分の腹部をくっつけるように後方回転して相手を後方に引き倒しフォールを奪う)『週刊プロレス』2011年7月6日号、P78.「プロレス検定塾」第230回より

関連項目[編集]