安良岡裕二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安良岡裕二
プロフィール
リングネーム 安良岡裕二
本名 安良岡裕二
身長 180cm
体重 91kg
誕生日 1971年1月28日(45歳)
出身地 千葉県八千代市
スポーツ歴 柔道
トレーナー 天龍源一郎
デビュー 1992年1月4日
引退 1999年6月22日
テンプレートを表示

安良岡 裕二(やすらおか ゆうじ、1971年1月28日 - )は、千葉県八千代市出身の元プロレスラーである。

経歴[編集]

SWSから1992年にデビュー(相手は中原敏之)、天龍源一郎率いるレボリューションに所属した。

その後、SWS崩壊に伴い天龍らと共にWARの旗揚げへ参加した。

WARではジュニアヘビー級のエースとして活躍していた。

1998年新日本プロレスベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに初出場。初戦から優勝候補金本浩二と当たる。試合開始からツバを吐きかけて奇襲を仕掛けるなどの金本の傍若無人なケンカファイトに圧倒され、金本の放ったフライング・ニールキックで右アゴを骨折。その後もボロボロになって泣き叫びながら金本に立ち向かっていくも、逆に雪崩式タイガースープレックスといった受け身の取れない危険な技を受けるなど、いたぶられ続けた。試合は勝負を決める気がない金本の一瞬の隙をついてスクールボーイで丸め込み大金星を奪うも、この一勝と引き換えに右アゴの骨折や肩の負傷などで長期欠場に追い込まれる(あまりにも凄惨な試合内容に激怒した安良岡ファンが試合後、後楽園ホール駐車場に向かい金本の愛車を傷つけるなどの行為を起こしている)。

1999年、怪我が原因で引退。

引退後は、バイク整備士に転職している(レスラー前からバイク好きで、暴走族も経験している)。

タイトル歴[編集]

得意技[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]