タイガー・スープレックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
つくしによるタイガー・スープレックス(佐山式)。

タイガー・スープレックスTiger Suplex)は、プロレス技の一種でスープレックスから派生したものである。日本名は猛虎原爆固め(もうこげんばくがため)。

かけ方[編集]

初代タイガーマスク佐山聡)のオリジナル技であり、代名詞的フィニッシュ・ホールド。相手の背後に回り込んで胸の方から相手の右脇に右腕を左脇に左腕を、それぞれ差し込み、相手の両腕を固めて相手の右肩に右手を左肩に左手を、それぞれ添えて体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げて肩口から叩きつけてブリッジを崩さずにフォールを奪う。

相手の両腕を背後からのような形(ダブルチキンウィング)に極めて後方へと反り投げるため、投げられた相手は両腕を固定されているため、受身が取れず、大きなダメージとなる。また、下手に受けると肩の関節を外してしまう危険がある。初代タイガーマスクによれば、ブリッジがしっかりしていれば、それほど困難な技ではないという。

当初は、そのブリッジを利用してフォールする技だったが、後に投げっ放し式(ホイップ式)も使用されている。

2代目タイガーマスク三沢光晴)は相手の背後に回り込んで相手の肩に両手を添えるのではなく、相手の背中で両手をクラッチして体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げて肩口から叩きつけてブリッジを崩さずにフォールを奪うのをタイガー・スープレックス'84の名称で使用。

これは2代目タイガーマスクが「毎年、新技を出す」という公約によるギミックから、従来の投げ方に変更を加えた新技と解釈するためである。

ただし、現在は佐山式と三沢式はタイガー・スープレックスの名称で統一されている。

原型[編集]

オーストラリア出身レスラーのアル・コステロが用いたオースイ・スープレックスオージー・スープレックス / 日本名は豪州式原爆固め)が原型とされており、相手の背後に回り込んで両腕をクラッチしたまま後方へと背中から落ちるような形で反り投げ、肩口から叩きつけてフォールを奪った。

日本では1969年秋、日本プロレスの前座試合で高千穂明久戸口正徳を相手に公開。その後、マイティ井上が相手の背後から両腕をクラッチしたまま尻餅をつく形で倒れ込み、相手もろとも体を後転させて相手の両肩をマットに付け、自身の背中をブリッジするように仰け反らせてフォールを奪うのをオースイ・スープレックスの名称で使用した。

主な使用者[編集]

佐山式(タイガー・スープレックス)
三沢式(タイガー・スープレックス'84)

派生技[編集]

タイガー・スープレックス'85
三沢光晴2代目タイガーマスクの時代に開発したオリジナル技。相手の背後に回り込んで背中の方から相手の右脇に右腕を左脇に左腕を、それぞれ差し込み、右手を相手の首の後ろに左手を相手の喉元に、それぞれ持っていって、体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げて肩口から叩きつけてブリッジを崩さずにフォールを奪う。
ビクトリー・タイガー
キャロル美鳥のオリジナル技。相手の背後に回り込んで背中の方から相手の右腕をタイガー・スープレックス(佐山式)のクラッチ、左腕をドラゴン・スープレックスのクラッチで捕獲して相手の右脇に差し込んだ右手で相手の喉を鷲掴みにして体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げて肩口から叩きつけてブリッジを崩さずにフォールを奪う。
テキーラ・サンライズ
尾崎魔弓のオリジナル技。相手の背後に自身の体を回り込ませて相手の左脇に胸の方から左腕を差し込み、相手の左腕を左脇に抱えて相手の右脇に背中の方から右腕を差し込み、相手の右手首を掴み、掴んだ右腕を相手の頭の後ろの方に折り曲げて体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げて肩口から叩きつけてブリッジを崩さずにフォールを奪う。
ミレニアム・スープレックス
4代目タイガーマスクのオリジナル技。相手の背後に回り込んで相手の上半身をチキンウィングフェイスロックで捕獲して体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げて肩口から叩きつけてブリッジを崩さずにフォールを奪う。
デストロイ・スープレックス
4代目タイガーマスクのオリジナル技。相手の背後に回り込んで腿の裏の方から相手の股の間に左腕を差し込み、正面にある相手の左手首を左手で掴み、相手の腕の動きを封じて相手の右脇に胸の方から右腕を差し込み、相手の右腕を右脇に抱え込み、体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げて肩口から叩きつけてブリッジを崩さずにフォールを奪う。
タイガー・スープレックス'04
タイガー・エンペラーのオリジナル技。相手の背後に自身の体を回り込ませて相手の右脇に胸の方から右腕を差し込み、相手の右腕を右脇に抱えて外腿の方から相手の左腿の裏に左手を回し、体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げて肩口から叩きつけてブリッジを崩さずにフォールを奪う。
ミスト・クラッシュ
ムシキング・テリーのオリジナル技。相手の背後に回り込んで背中の方から相手の右腕をドラゴン・スープレックスのクラッチ、左腕をタイガー・スープレックス(佐山式)のクラッチで捕獲して体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げて肩口から叩きつけてブリッジを崩さずにフォールを奪う。
タイガース・スープレックス'08
丸山敦がタイガースマスクの時代に開発したオリジナル技。相手の背後に自身の体を回り込ませて相手の左脇に胸の方から左腕を差し込み、相手の左腕を左脇に抱えて相手の右脇に背中の方から右腕を差し込み、相手の右手首を掴み、掴んだ相手の右腕を相手の腹の方に持っていって、体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げて肩口から叩きつけてブリッジを崩さずにフォールを奪う。

返し方[編集]

  • 力で強引にクラッチを振り解く。
  • 後方へと反り投げられた瞬間に体を後方へと回転させる(初披露は丸藤正道)。

関連項目[編集]