スタナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

スタナーStunner)は、プロレス技の一種である。

概要[編集]

ストーン・コールド・スティーブ・オースチンのオリジナル技であり、代名詞的フィニッシュ・ホールド。相手の腹部にトーキック(相手の鳩尾につま先で蹴りを叩き込み、相手の体を前屈みにさせる打撃技)を叩き込み、相手の体を軽く屈ませて自身の体を左方向へと軽く捻って相手に背中を向けて首の左側から自身の右腕を相手の顎の下に左腕を相手の首の後ろに、それぞれ回し、相手の首を抱えるように両手をクラッチして相手の喉を自身の右肩に密着させた状態で尻餅をつき、着地の衝撃で相手の喉と顎に自身の右肩をめり込ませる。

スタナーは受ける側の技量によって非常に美しく見せることの出来る技でもある。例えば、ザ・ロックはスタナーを受けると持ち前の身体能力を生かして倒れたあとに跳ね上がる。ビンス・マクマホンシェイン・マクマホンは口に含んだビールを豪快に吹き出しながら受けた事がある。

オースチンは対戦相手の下腹部または股間に蹴りをいれて相手を前屈みにさせて使用するパターンが多い。オースチンが使用する場合はストーン・コールド・スタナーとも呼ばれる。

スタナーの起源はオースチンが使用していたオリジナル技のスタンガン(向かい合った相手の右腿を左手で左腿を右手で相手の体を持ち上げて後方へと倒れ込み、落下させた相手の喉をトップロープに打ちつける)を発展させて開発したのがスタナーである。

応用技として相手をコーナー最上段に座らせて自身もセカンドロープに登って仕掛ける雪崩式がある。

主な使用者[編集]

派生技[編集]

フランチャイザー[編集]

シェーン・ダグラスのオリジナル技。向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませて自身の右肩の上に相手の顎を乗せて相手を抱え上げて両膝をつくように倒れ込み、相手の首にスタナーを叩き込む。

大阪御堂筋スタナー[編集]

スペル・デルフィンのオリジナル技。リバース・ブレーンバスターのクラッチで相手の体を抱えて自身は直立したまま相手の体を360度後方回転させるように持ち上げた相手の両足を自身の背後で一旦着地させて尻餅をつき、相手の首にスタナーを叩き込む。

ショットガン[編集]

田中将斗のオリジナル技。相手をブレーンバスターの要領で垂直になるまで持ち上げて空中で相手の体に右方向へと捻りを180度加えて自身の頭の上を通過させて、うつ伏せの状態で自身の背後に落下してきた相手の喉に自身の左肩に着地させて尻餅をつき、相手の首にスタナーを叩き込む。

ダイヤモンド・ダスト[編集]

田中将斗のオリジナル技。リングの方を向いたままコーナーのセカンドロープに登ってコーナー最上段に腰をかけて自身に背中を向けて立っている相手の首をリバースDDTの要領で右脇に抱え込み、相手の首を抱えたまま自身の体を360度前方回転させるようにジャンプして相手の正面へと尻餅をつき、相手の首にスタナーを叩き込む。

パワーライザー[編集]

ザンディグのオリジナル技。体を相手の懐に潜り込ませながら相手の胸のあたりに左手を腹部のあたりに右手を、それぞれ添えて相手の体をリフトアップして相手の腹部から右手を離して尻餅をつき、落下してきた相手の首にスタナーを叩き込む。

旋回式スタナー[編集]

高木三四郎のオリジナル技。相手をファイヤーマンズキャリーの要領で両肩に担ぎ上げて上半身を左方向へと軽く捻って反動をつけて上半身を右方向へと振りながら相手の足を抱えていた腕を離して左手で抱えた首を支点にして相手の体を左方向へと90度水平旋回させて尻餅をつき、相手の首にスタナーを叩き込む。

オリジナル・シン[編集]

ケビン・ソーンのオリジナル技。相手をファイヤーマンズキャリーの要領で両肩に担ぎ上げて相手の両足の、つま先をトップロープに引っ掛けて、足を抱えていた腕を離して自身の体だけを左方向へと軽く捻って尻餅をつき、相手の首にスタナーを叩き込む。

六甲おろし[編集]

丸山敦がタイガースマスクの時代に開発したオリジナル技。コーナー最上段から自身に背を向ける相手に向かってジャンプして空中で相手の首をキャッチしてスタナーを叩き込む。

類似技[編集]

エース・クラッシャー[編集]

ジョニー・エースのオリジナル技。初期型と改良型があり、それぞれ技のフォームと効果が若干違うが同じ技名で使用していた。

初期型はスタナーのような形で尻餅をつき、相手の喉を自身の肩へ叩きつける。オリジナル・エース・クラッシャーとも呼ばれる。

改良型は首の左側から相手の顎の下に自身の右腕を引っ掛けて、相手の顎を自身の右肩に乗せた状態で固定して首の左側から相手の首の後ろに自身の左腕を回し、相手の首を抱えるように自身の両手をクラッチして背中から倒れ込み、その勢いで前のめりに倒した相手の胸、首、顔に衝撃を与える。

ダイヤモンド・カッター[編集]

ダイヤモンド・ダラス・ペイジの得意技。背中を向けた状態で相手の正面へと立って自身の右腕を左首筋の方から相手の喉元に引っ掛けて、自身の左腕も左首筋の方から相手の首の後ろに回し、自身の両腕をクラッチして相手の首を抱え込み、背中から倒れ込む勢いで相手の体を前のめりに引き倒して相手の顔や胸を痛打させると同時に首にも衝撃を与える。

元々はジョニー・エースエース・クラッシャー(改良型)をエースと親交のあったペイジが教えてもらい、ダイヤモンド・カッターの名称で使用している。

関連項目[編集]