スタナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スタナーStunner)は、プロレス技の一種である。

概要[編集]

ストーン・コールド・スティーブ・オースチンのオリジナル技。立っている相手に背面を向いて立ち、相手の顎を自分の肩口に固定し、そのまま尻餅をつく。これにより相手の顎を砕き、むち打ちや脳震盪の状態にする事ができる。

スタナーは受ける側の技量によって非常に美しく見せることの出来る技でもある。例えば、ザ・ロックはスタナーを受けると持ち前の身体能力を生かして倒れたあとに跳ね上がる。ビンス・マクマホンシェイン・マクマホンは口に含んだビールを豪快に吹き出しながら受けた事がある。

オースチンは対戦相手の下腹部または股間に蹴りをいれて相手を前屈みにさせて使用するパターンが多い。オースチンが使用する場合はストーン・コールド・スタナーとも呼ばれる。

スタナーは、オースチンが使用していたオリジナル技のスタンガン[1]を発展させて開発したものだが、オースチン以前にはボブ・アームストロングジョージア・ジョー・ブレーカーの名称で同系の技を使用していた[2]

応用技として、相手をコーナー最上段に座らせて自身もセカンドロープに登って仕掛ける雪崩式がある。

主な使用者[編集]

派生技[編集]

ダイヤモンドダスト[編集]

田中将斗の得意技。コーナーにもたれるようにダウンした相手の首をコーナー上からドラゴン・スリーパーのように捕らえ、前方旋回してスタナーを浴びせる技。コンプリート・プレイヤーズ時代のチームメイトである中山香里の「ダイヤモンドバスト」も同型技。

大阪御堂筋スタナー[編集]

スペル・デルフィンの得意技。リバース・ブレーンバスターで相手を自らの背後に投げ、着地したところにスタナーを仕掛ける。

フランチャイザー[編集]

シェーン・ダグラスの得意技。相手と向かい合った状態で相手の顎を肩に押し当ててロックし、着地することでダメージを与える。

サンティーノ・スタナー[編集]

サンティーノ・マレラの得意技。尻餅ではなく180度開脚して着地する変型スタナー。

トゥルース・オア・コンセクエンシズ[編集]

R・トゥルースの得意技。ブレーンバスターの要領で相手を持ち上げて、自らの背後に着地したところにスタナーを仕掛ける。

オーバー・ザ・ショルダー・ボールダー・ホールダー[編集]

ライバックの得意技。相手をファイヤーマンズキャリーで担いで、そこから相手をおんぶしてスタナー。

スプリングボード・スタナー[編集]

ジョン・シナの得意技。相手にロープに振られた際に、サードロープを踏み台にして跳躍し、相手の顎に飛びつきスタナーを決めるカウンター技。

類似技[編集]

ダイヤモンド・カッター[編集]

ダイヤモンド・ダラス・ペイジの得意技。立っている相手に背面を向いて立ち、相手の頭部を自分の肩口に固定するまではスタナーと同じ。このあと、スタナーは尻餅をつくのに対し、ダイヤモンド・カッターは自らの背面からマットに倒れこむ。また、スタナーは顎や首を中心にダメージを与えるのに対し、こちらは顔面にダメージを加える。技の起源はジョニー・エース新型エース・クラッシャー


脚注[編集]

  1. ^ 向かい合った相手の右腿を左手で左腿を右手で相手の体を持ち上げて後方へと倒れ込み、落下させた相手の喉をトップロープに打ちつける。
  2. ^ Bob Armstrong”. Online World of Wrestling. 2018年11月14日閲覧。

関連項目[編集]