岡山コンベンションセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡山コンベンションセンター
Okayama Convention Center
岡山コンベンションセンター(手前はフォーラムシティビル)
情報
正式名称 岡山コンベンションセンター
完成 2001年6月
延床面積 32,696.29m²
用途 各種会議・イベント等
運営 (株)岡山コンベンションセンター
所在地 700-0024
岡山県岡山市北区駅元町14-1
位置 北緯34度40分0.22秒
東経133度54分53.21秒
アクセス JR岡山駅中央改札口から徒歩3分
外部リンク 岡山コンベンションセンター
株式会社岡山コンベンションセンター
Okayama Convention Center Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
設立 2000年7月10日
業種 不動産業
事業内容 コンベンション施設の管理運営
コンベンションの誘致営業
駐車場施設の管理運営
代表者 山本 修司
資本金 9,900万円
純利益 8768万1000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 13億4593万1000円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 17名
主要株主 岡山市
西日本旅客鉄道
両備ホールディングス
岡山商工会議所
コングレ
テンプレートを表示

岡山コンベンションセンター(おかやまコンベンションセンター、Okayama Convention Center)は岡山県岡山市北区にあるコンベンション施設である。愛称はママカリフォーラム

概要[編集]

JR岡山駅西口の岡山市駅元町地区第二種市街地再開発事業の一環として建てられたフォーラムシティビルの1階~4階とリットシティビルの2階にある会議室と各種ホールで構成される。愛称の「ママカリフォーラム」は岡山県で郷土料理として古くから食されてきた、瀬戸内海で獲れるサッパの別名にちなんだものである。

管理運営を行っている第三セクター株式会社岡山コンベンションセンターは岡山市と地元企業にコンベンションやイベントを企画・運営する企業が株主となり、代表は元岡山市副市長が就任している。

4階

  • 会議室: 401-407

3階

  • コンベンションホール: 745m2(33.0m×21.8m、天井高6.5m)
  • 会議室: 301・302
  • 控え室: 311-315

2階

  • レセプションホール: 330m2(20.7m×15.2m、天井高3.6m、リットシティ内)
  • 展示ホール: 253m2(24.0m×12.0m、天井高3.0m)
  • アトリウム
  • 201会議室

1階

  • イベントホール: 595m2(36.0m×16.5m、天井高6.5m)
  • 屋外広場
  • 控え室: 111-113

フォーラムシティビル[編集]

  • 敷地面積:6,554.30m2
  • 延床面積:32,696.29m2
  • 規模:地上21階 地下2階
  • 建物用途:駐車場(B2・B1 256台)、広場(1F)、公益施設(1F-4F)、住宅(5F-21F 90戸)
  • 竣工:2001年6月

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]