三好野本店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社三好野本店
miyoshino Honten
種類 株式会社
略称 みよしの、三好野
本社所在地 702-8002
岡山県岡山市中区桑野131番地の6
設立 1937年
(創業1781年)
業種 サービス業
事業内容 弁当の製造販売、レストラン運営など
代表者 代表取締役社長 若林昭吾
外部リンク http://www.miyoshino.com/
テンプレートを表示

株式会社三好野本店(みよしのほんてん)は岡山県岡山市中区に本社を構える会社である。

概要[編集]

駅弁コンビニ弁当などの弁当製造からステーキハウスの経営まで幅広い事業を展開している。

現社長の若林昭吾は、岡山商工会議所副会頭など地元の各種団体の要職を務める一方、キティちゃんの大ファンとして知られ、「若さま」の愛称で地元民放局の番組でレギュラー出演し、明るい性格で得意の駄洒落を披露するなどしている。

歴史[編集]

  • 1781年天明元年) - 三好野の前身の米問屋「藤屋」が岡山の西大寺で創業。
  • 1874年明治 7年) - 岡山市天瀬、高級旅館「三好野」を始める
  • 1891年(明治24年) - 山陽鉄道敷設に協力したことにより、岡山駅開業と同時に駅構内の支度所の運営をまかされる。4月に山陽鉄道倉敷市まで延長されたのを機に、駅弁の販売を始めた。
  • 1901年(明治34年) - 岡山駅プラットホームの北側に洋館2階建ての支度所を開業。
  • 1919年(大正 8年) - 「合資会社三好野」 を設立。
  • 1937年(昭和12年) - 株式会社に改組。
  • 1958年昭和33年) - 岡山駅前に弁当工場、レストラン・喫茶・宴会場・結婚式場を備えた「三好野会館」(旧本社)を建設し、当時は珍しかった自動ドアも取り付けられていた。
  • 1959年(昭和34年) - 屋上にビヤガーデンをオープン。本格的なビヤガーデンとして、西日本で第1号。
  • 1963年(昭和38年) - 「祭ずし」を発売。
  • 1970年(昭和45年) - 岡山市青江に結婚式場・宴会場・レストラン・喫茶などもつ「ニューみよしの」を建設、弁当折詰製造工場を移転(現存せず)。
  • 1974年(昭和49年) - 倉敷市に「くらしきミヨシノ」を開設し、中国自動車道勝央サービスエリア下り線にサービスエリアの営業を始める。
  • 1978年(昭和53年) - 中国自動車道七塚原サービスエリア下り線にサービスエリアの営業を始める。
  • 1980年(昭和55年) - 岡山県勝田郡に三好野本店勝央工場を建設。
  • 1995年平成 7年) - 阪神・淡路大震災発生時は朝7時まで弁当約九千個を製造し、同じ岡山市にある岡南飛行場より自衛隊ヘリコプターで納入。1月18日は自力でトラック輸送した物を含め、合計21,500食を神戸市に供給。その後も避難所や民間の病院を中心に供給を続けた。米子自動車道蒜山高原サービスエリア上り線にサービスエリアの営業を始めた。
  • 2001年(平成13年) - 岡山市中区桑野に「おかやまミヨシノお弁当工房」「オフィスセンター」を建設して、岡山市青江より移転。
  • 2011年(平成23年) - 主に女性向けのオフィス宅配ランチ「おべんとDeli」を始める。
  • 2013年(平成25年) - (現在の)三好野本店に事業を譲渡した後に、商号を山陽デリカサービス(東京都国分寺市光町)に変え、本店を岡山市から国分寺市に移転させる。
  • 2014年(平成26年) - 高松駅弁の会社解散により、JR四国高松駅駅弁の製造を受託(JR四国子会社のステーションクリエイト東四国が販売)[1]

 事業を譲渡した山陽デリカサービス(東京都国分寺市光町)が、5月15日に東京地裁立川支部によって特別清算開始決定を受ける。[2]。  4月1日に岡山第二合同庁舎(中国四国農政局等)のレストランの営業を始める。  7月1日に中国自動車道七塚原サービスエリア上り線にサービスエリアの営業を始める。  9月1日に、津山市・新見市・玉野市とタイアップし、地域特産駅弁シリーズ3種を同時発売する。  12月5日に、岡山駅前に開店したイオンモール岡山内の「タカシマヤ フードメゾン」に、お弁当店(edesse)と蒜山スイーツ店  (desser)を開店する。

  • 2015年(平成27年) -4月に、新大阪駅 エキマルシェの「旅弁当にぎわい」で岡山駅弁の販売が始まる。
  • 2016年(平成28年)-3月31日えきまえミヨシノ閉館
  • 2016年(平成28年)-4月1日勝央サービスエリア上り線の運営を開始

主な商品・店舗[編集]

駅弁[編集]

桃太郎の祭ずし
祭ずし
岡山の伝統的な料理「ばらずし」を駅弁としたもの。日持ちの関係から、寿司飯の中に干瓢などを混ぜることが出来ず、ご飯の中に具の混じっている「ばらずし」と差別化するため名称を変えようということになり、若林英治の発案により「祭ずし」と命名された。三好野本店はこの名称を商標登録している。
エビイカあさり穴子、酢でしめたママカリなどの海の幸とゴボウ椎茸蓮根などの野菜を使い、錦糸卵を散らしている。
祭ずし系統の商品として、「桃太郎の祭ずし」「祭ずし 匠」「お祭り弁当(祭ずしとおかず折りの組み合わせ)」「八角祭弁当(祭ずしとおかずを八角のパッケージにまとめたもの)」などがある。
幕の内「夢二」
近隣出身の画家・詩人竹久夢二にちなんで名づけられた幕の内弁当。幕の内弁当は他にも何種類かのラインナップを持つ。
まんま借り借りままかり鮨
岡山名物のままかり(サッパの酢漬け)を使った握り寿司。

駅弁以外の弁当[編集]

各種直販弁当のほか、以前は岡山県内のサークルKサンクスのコンビニ弁当の生産請負も行っていた。

店舗[編集]

  • 飲食店
  • 高速道路サービスエリア飲食店(勝央サービスエリア下り線・蒜山高原サービスエリア上り線・七塚原サービスエリア下り線)を運営。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「高松駅弁」製造委託先は岡山に/JR四国グループ - 四国新聞、2014年6月19日
  2. ^   東京都 (株)山陽デリカサービス - 東京都倒産情報 、2014年6月2日

外部リンク[編集]