マリリン・マンソン (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリリン・マンソン
Marilyn Manson (Florence).jpg
フローレンスでのライヴ、2007年。
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州フォートローダーデール
ジャンル インダストリアル・メタル[1][2][3]
インダストリアル・ロック[2]
オルタナティヴ・メタル[1][2][3]
ヘヴィメタル[1][2][3]
ハードロック[1][3]
グラムロック[1][2]
Shock rock[2]
ゴシックメタル[2]
活動期間 1989年 -
レーベル クッキング・ヴァイナル (Current)[4][5]
ナッシング・レコード, インタースコープ・レコード (Former)
公式サイト www.marilynmanson.com
メンバー マリリン・マンソン
トゥイギー・ラミレズ
ポール・ワイリー
ダニエル・フォックス
ギル・シャロン
旧メンバー アンディ・ジェロルド
ウェス・ボーランド
ロブ・ホリディ
ティム・スコルド
マドンナ・ウェイン・ゲイシー
ジョン5
ジム・ザム
デイジー・バーコウィッツ
サラ・リー・ルーカス
ギジェット・ゲイン
オリビア・ニュートン・バンディ
ザ・ザ・スペック
ジンジャー・フィッシュ
クリス・ヴレンナ
フレッド・サブラン
ジェイソン・サター

マリリン・マンソン (Marilyn Manson) は、アメリカ合衆国ロックバンド1989年ブライアン・ワーナーフロリダ州フォートローダーデールで結成した。反キリスト教などをモチーフにした楽曲とパフォーマンスが最大の特徴といえる。当初の名前は「マリリン・マンソン&ザ・スプーキー・キッズ、Marilyn Manson & the Spooky Kids」であった。

メンバー[編集]

メンバーの名前は、「マリリン・マンソン」を始め、有名人の名前を融合させたもので、それも実在の殺人者の名前を必ず用いるという特徴がある。

Marilyn Mansonマリリン・マンソン)(Vocal)
マリリン・モンローチャールズ・マンソンを合わせた。「美の象徴」と[6]、「悪の象徴」として使用している[7][8]
Twiggy Ramirezトゥイギー・ラミレズ) (Guitar)
ツイッギーと、14人を殺害し、獄中結婚をしたリチャード・ラミレスから。
Paul Wiley(ポール・ワイリー)(Live Guitar)
2014年に加入。
Gil Sharone(ギル・シャロン) (Drum)
2014年に加入。
Daniel Fox(ダニエル・フォックス (Keyboard, Percussion)
2015年に加入。

旧メンバー[編集]

Andy Geroldアンディ・ジェロルド)(Live Bass)
My Darling Murder(マイ・ダーリン・マーダー)やAshes Divide(アッシィズ・ディバイド)などのバンドにギタリストとして参加していた。
Wes Borland(ウェス・ボーランド)(Guitar)
2009年5月、リンプ・ビズキットに復帰したために脱退。
Tim Skoldティム・スコルド)(Live Bass and Guitar)
2002年、脱退したトゥイギー・ラミレズの後を引き継ぐが、ラミレズが復帰したことで2008年1月に脱退。
Madonna Wayne Gacy(マドンナ・ウェイン・ゲイシー)(Live Keyboard)
マドンナと、ピエロに扮して複数の男児を殺害したジョン・ゲイシーから。
マリリン・マンソン結成時から加入していたが、2007年8月に金銭的問題でマンソンを告訴。正式な脱退発表はなし。愛称はPogo。
Mark Chaussee(マーク・チュウシー)(Guitar)
2005年、ジョン5の後を引き継ぎ、ツアーでのサポートギタリストとして一時的に参加。
John5(ジョン5)(Guitar)
1998年、ジム・ザムの後を引き継ぐが、バンドに内緒でアヴリル・ラヴィーンに曲を提供したことなどを理由に、2003年に離脱の通告を受けて脱退。
Rob Holliday(ロブ・ホリディ)(Live Bass and Guitar)
ティム・スコルドのポジションチェンジや脱退などの引継ぎで、ツアーでのサポートベーシスト、ギタリストとして一時的に参加。プロディジーなどのサポートベーシストを務めている。
Zim Zum(ジム・ザム)(Guitar)
神が不潔な仕事をすること「ジザム」に由来。1995年、脱退したデイジーの後を引き継ぐが、1997年、音楽性の違いやドラッグ問題があり、脱退。
Daisy Berkowitz(デイジー・バーコウィッツ)(Guitar)
テレビドラマ「爆発!デューク」の登場人物であるデイジー・デュークと、ニューヨークにて人々を次々と射殺し、「サムの息子」という別名を用いたデビッド・バーコウィッツより。マリリン・マンソン&ザ・スプーギー・キッズ結成時から加入していたが、1995年に体調不良のため脱退。
Sara Lee Lucas(サラ・リー・ルーカス)(Live Drum)
アメリカの大手企業Sara Lee Corporationと、360人を殺したとされる連続殺人者ヘンリー・リー・ルーカスから。
マリリン・マンソン結成時から加入していたが、結成前からエイズに感染しており、生活に不意が現れ続けていたため、脱退。
Gidget Gein(ギジェット・ゲイン)(Live Bass)
テレビドラマ「ギジェットは15才」の主人公ギジェットと、「サイコ」、「悪魔のいけにえ」のモデルにもなったエド・ゲインから。
1990年にバンディの後を引き継ぐが、1992年、金銭的問題で脱退。2008年、薬物の過剰摂取により死去。
Olivia Newton Bundy(オリビア・ニュートン・バンディ)(Live Bass)
オリビア・ニュートン=ジョンと、高い知能を持ちながら強姦殺人を繰り返し、警察から2度も逃亡したテッド・バンディから。
マリリン・マンソン&ザ・スプーキー・キッズ結成時から加入しているが、1990年に脱退。
Zsa Zsa Speck(ザ・ザ・スペック)(Live Keyboard)
ザ・ザ・ガボールと、一夜で看護婦8人を殺害したリチャード・スペックから。
マリリン・マンソン&ザ・スプーキー・キッズ結成時から加入していたが、1992年、体調不良のため脱退。
Ginger Fish (Drum)
1995年に加入。ダンサーのジンジャー・ロジャースと連続殺人者アルバート・フィッシュから。2011年に脱退。
Fred Sablanフレッド・サブラン)(Live Bass)
2010年から2014年に在籍。
Chris Vrenna(クリス・ヴレンナ)(Keyboard, Drum)
ナイン・インチ・ネイルズ。バンドのサポート・キーボーディストを務めた後、2011年にジンジャー・フィッシュの後任として加入するが、『ボーン・ヴィラン』のレコーディング終了後の2011年11月に脱退[9]
Jason Sutterジェイソン・サター)(Live Drum)
2012年から2014年に在籍。

年譜[編集]

  • 1989年フロリダ州フォートローダーデールMarilyn Manson & the Spooky Kids(マリリン・マンソン&ザ・スプーキー・キッズ)として結成される。
  • 1994年、バンド名をMarilyn Manson(マリリン・マンソン)と変更、ナイン・インチ・ネイルズトレント・レズナーのレーベルであるナッシング・レコードと契約し、1stアルバム 『Portrait of an American Family』をリリース。その後、ユーリズミックスのカバーである"Sweet Dreams"のヒットにより名が知られた。
  • 1995年、EP『Smells Like Children』をリリース。
  • 1996年、2ndアルバム『Antichrist Superstar』をリリース。全米初登場3位を記録する。
  • 1997年、マンソンの書く歌詞がしばしば不快で猥褻であると言われる中、カルガリーのマックスベルセンターのオーナーは、彼らの不道徳さや動物をショーに使うことなどを理由に、7月25日のコンサートを中止させた。
  • 1998年、3rdアルバム『Mechanical Animals』(メカニカル・アニマルズ)リリース。全米初登場1位を記録する。
  • 2000年、4thアルバム『Holy Wood (In the Shadow of the Valley of Death)』(ホーリー・ウッド〜イン・ザ・シャドウ・オブ・ザ・ヴァリー・オブ・デス)リリース。
  • 2002年5月、トゥイーギ・ラミレズが自身の希望により脱退。
  • 2003年、5thアルバム『The Golden Age of Grotesque』(ザ・ゴールデン・エイジ・オブ・グロテスク)を発売。全米初登場1位を記録。
  • 2004年、ジョン5が離脱通告を受け脱退。
  • 2005年12月、マンソンがディタと結婚
  • 2006年12月、マンソンがディタと離婚
  • 2007年、6thアルバム『Eat Me, Drink Me』(イート・ミー、ドリンク・ミー)リリース。童話「不思議の国のアリス」の作者ルイス・キャロルを題材にした映画"Phantasmagoria: The Visions of Lewis Carroll"(ファンタスマゴリア:ザ・ヴィジョンズ・オブ・ルイス・キャロル)の制作を始める。
  • 2007年7月、ザ・プロディジーのサポートベーシストであるロブ・ホリディが、ティム・スコルドのギターへのボジションチェンジのためにサポートベーシストとして参加。
  • 8月、マドンナ・ウェイン・ゲイシーが金銭問題でマンソンを告訴。正式な脱退発表はなし。
  • 2008年1月、トゥイギー・ラミレズ復帰のため、ティム・スコルドが脱退。ロブ・ホリディがサポートベーシストからサポートギタリストにボジションチェンジ。
  • 2008年8月、リンプ・ビズキットのギターリストであるウェス・ボーランドが加入したことを発表。ロブ・ホリディがプロディジーのサポートベーシストに戻る。
  • 2009年5月、ギターリストのウェス・ボーランドが、リンプ・ビズキットに加入するため脱退。
  • 2009年5月20日、7thアルバム『The High End Of Low』(ザ・ハイ・エンド・オブ・ロウ)を発売。収録曲"Arma-Goddamn-Motherfuckin-Geddon"はゲーム"Saints Row: The Third"に使用されている。
  • 2009年5月、トゥイーギ・ラミレズがギターリストとしてツアーに出ることを発表。
  • 2009年12月、金銭問題の裁判で、マドンナ・ウェイン・ゲイシー側の主張が認められず却下されたことが発表された。
  • 2009年12月3日、長年所属していたインタースコープ・レコードから契約解除されていたことが明らかになった[10]
  • 2010年11月7日、クッキング・ヴァイナルと新たにレコード契約を交わしたことが発表された[11]
  • 2011年2月、ドラマーのジンジャー・フィッシュが脱退を発表。
  • 2012年5月1日、8thアルバム『Born Villain』(ボーン・ヴィラン)を発売。

来日公演[編集]

  • 1997年 3月7日 心斎橋クラブクアトロ 9日 名古屋クラブクアトロ 11日・12日 渋谷クラブクアトロ
  • 1999年 1月8日・9日 東京ベイN.K.ホール 1月11日・12日Zepp Osaka
  • 1999年 8月2日・3日 Zepp Fukuoka 8月7日・8日 サウンドコニファー229
  • 2001年 3月11日 東京国際フォーラム 13日 大阪城ホール 15日 福岡サンパレス 17日 広島サンプラザ 19日・20日 東京ベイN.K.ホール 22日 愛知県体育館
  • 2001年 SUMMER SONIC 2001 8月18日 WTCオープンエアースタジアム 19日 千葉マリンスタジアム
  • 2003年 9月24日 福岡サンパレス 25日 大阪城ホール 27日・28日 東京ベイNKホール 9月30日・10月1日 Zepp Tokyo 2日 名古屋市民会館大ホール 
  • 2005年 SINIC MANIA05 2月6日 インテックス大阪 7日 幕張メッセ
  • 2007年 10月16日 Zepp Fukuoka 17日 Zepp Nagoya 18日 新木場STUDIO COAST 21日 LOUD PARK 07 さいたまスーパーアリーナ LOUD PARK 07 OSAKA 23日 大阪城ホール
  • 2009年 10月20日 Zepp Osaka 21日 Zepp Nagoya 22日 Zepp Tokyo 24日 V-ROCK FESTIVAL '09 さいたまスーパーアリーナ
  • 2012年 3月9日・10日 新木場SUDIO COAST 12日 なんばHatch 13日 Zepp Nagoya
  • 2015年 SONIC MANIA15 8月14日 幕張メッセ SUMMER SONIC 15 8月15日 幕張メッセ 8月16日 舞洲特設会場

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

ベストアルバム[編集]

  • Lest We Forget The Best Of(レスト・ウィー・フォーゲット ザ・ベスト・オブ)(2004年11月28日

ライブアルバム[編集]

DVD[編集]

  • Dead to the World(デッド・トゥ・ザ・ワールド)(1998年2月10日
  • God is in the T.V.(ゴッド・イズ・イン・ティービー)(1999年11月2日
  • Guns, God and Government World Tour(ガンズ、ゴッド・アンド・ガバメント・ワールド・ツアー)(2002年10月29日

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Marilyn Manson - マリリン・マンソン - キューブミュージック・2014年8月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Marilyn Manson reviews, music, news - sputnikmusic・2015年3月01日閲覧。
  3. ^ a b c d Marilyn Manson”. オールミュージック. All Media Guide. 2015年3月1日閲覧。
  4. ^ Paine, Andre (2010年11月8日). “Marilyn Manson: Antichrist Indie Star”. ABCNews. 2010年11月8日閲覧。
  5. ^ MARILYN MANSON Signs With COOKING VINYL RECORDS”. Blabbermouth.net (2010年11月7日). 2010年11月8日閲覧。
  6. ^ http://www.2violent.com/closing_argument.html
  7. ^ Manson, Marilyn (1998). The Long Hard Road out of Hell. HarperCollins. pp. 85-87. ISBN 0-06-098746-4. 
  8. ^ Biography for Marilyn Manson”. Internet Movie Database. 2008年1月12日閲覧。
  9. ^ マリリン・マンソンからクリス・ヴレンナが脱退、今年2度目のドラマー離脱に”. TOWER RECORDS (2011年11月24日). 2015年12月21日閲覧。
  10. ^ MARILYN MANSON Splits With INTERSCOPE”. BLABBERMOUTH.NET (2009年12月3日). 2015年12月21日閲覧。
  11. ^ MARILYN MANSON Signs With COOKING VINYL RECORDS”. BLABBERMOUTH.NET (2010年11月7日). 2010年12月5日閲覧。

外部リンク[編集]