悪魔のいけにえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
悪魔のいけにえ
The Texas Chain Saw Massacre
監督 トビー・フーパー
脚本 キム・ヘンケル
トビー・フーパー
製作 トビー・フーパー
ルー・ペレイノ
製作総指揮 ジェイ・パースレイ
音楽 ウェイン・ベル
トビー・フーパー
撮影 ダニエル・パール
編集 ラリー・キャロル
サリー・リチャードソン
配給 アメリカ合衆国の旗 ブライアンストン・ピクチャーズ
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1974年10月1日
日本の旗 1975年2月1日
上映時間 83分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $83,000
興行収入 $30,859,000[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
次作 悪魔のいけにえ2
テンプレートを表示

悪魔のいけにえ』(あくまのいけにえ、The Texas Chain Saw Massacre)は、1974年アメリカ映画。アメリカでの公開は1974年10月4日、日本での公開は1975年2月。R指定作品。日本においても2015年のリバイバル上映よりR-15指定作品となっている。

概要[編集]

米国テキサス州に帰郷した5人の男女が、近隣に住む人皮のマスクを被った大男「レザーフェイス」に襲われ殺害されていく様子が描かれたホラー作品。真に迫った殺人の描写やそのプロットは後に数多くのフォロワーを生み、マスターフィルムがその描写の芸術性のためにニューヨーク近代美術館に永久保存されることとなった。

後のホラー作品との違いとして、本作ではBGMが一切使用されていないことや、チェーンソーでの殺害シーンでは直接的な切断描写が存在しないことが挙げられる。特にBGMを使用せず効果音のみで場面を演出する手法は、本作のドキュメンタリー的演出の増強に一役買っている。

初公開当時の配給会社(日本ヘラルド映画株式会社、現角川ヘラルド・ピクチャーズ)の判断により原題とは無関係な邦題が付けられている。原題を直訳した場合『テキサスチェーンソー大虐殺』という意味になる。チェーンソーは劇中で殺人鬼・レザーフェイスが殺人にあたっての武器として使っている。なお、パロディ映画などでホラー映画『13日の金曜日』の殺人鬼であるジェイソンがチェーンソーを武器として用いる描写がなされることがあるが、実際にチェーンソーが武器として用られるのは本作であり『13日の金曜日』シリーズでチェーンソーが使われたことはない。

あらすじ[編集]

墓荒らしが頻発しているテキサス州に、5人の男女が帰郷がてら墓の無事を確かめるために訪れた。一行はその道中で一人のヒッチハイカーを拾うが、ナイフで自傷行為に及び、切りかかるなどの異常な行動を起こす。その後、一行はガソリンを分けてもらうために近隣の家を訪れるが、そこには先ほどのヒッチハイカーやその弟である殺人鬼・レザーフェイスが住んでおり、一人また一人とレザーフェイスにより殺されていく。墓荒らしの犯人はレザーフェイス一家(ソーヤー家)であった。

登場人物[編集]

サリー・ハーデスティ
本作の主人公。フランクリンの妹でジェリーの恋人。墓荒らしが頻発していたことから、家の墓の無事を確かめるために帰郷がてらテキサス州を訪れていた。自分以外の仲間達がレザーフェイスに全員殺害され、自身も追われる中でドレイトンの営むガソリンスタンドへ逃げ込むものの、ソーヤー邸に連れていかれ監禁される。監禁の最中、ソーヤー一家の狂気の晩餐に巻き込まれ形容しがたい精神的苦痛を負うが、隙を見て家の窓から飛び出し脱出した。レザーフェイスとヒッチハイカーに追われながらもたまたま通り掛かったトラックの運転手に救われ、更に通りかかった別の車に乗り、最後は血塗れの姿でレザーフェイスを嘲笑しつつ生還を果たした。その後生き残った彼女はテキサス州で起こったソーヤー一家の事件を警察に通報するが、仲間達の遺体は発見されず一家も失踪したことにより、1ヶ月に及ぶ捜査にも関わらず、未解決のまま事件は幕を閉じた。
フランクリン・ハーデスティ
サリーの兄。事故(あるいは病気)の影響で車椅子に乗っている。情緒不安定な性格で、ヒッチハイカーがつけた血の跡を辿ろうとしたり、サリー達が廃墟へ入った際、一人だけ置いてけぼりにされて機嫌を損ねたり、仲間達を探す際に懐中電灯を手放さず、サリーと言い争いになったりした。サリーと共に仲間達を捜索している最中、レザーフェイスに見つかりその場で八つ裂きにされる。『悪魔のいけにえ2』ではミイラ化した姿で登場した。
ジェリー
サリーの恋人で、眼鏡をかけている。ドライブでは運転手を務めていた。暗くなっても戻って来ないカークとパムを探しにソーヤー邸に足を踏み入れ、冷蔵庫内で凍死したパムを発見し、その直後にレザーフェイスに殺害される。
カーク
パムの恋人。車椅子のフランクリンの世話をしている。車のガソリンが無くなり、たまたま見つけたソーヤー邸でガソリンを分けてもらおうとするが、レザーフェイスにハンマーで撲殺され、最初の犠牲者となる。その後、遺体はパムの目の前で八つ裂きにされた。
パム
カークの恋人。占い好きで占星術ができる。彼女の占星術は後に起きる災厄を予感していた。戻って来ないカークの様子を見にソーヤー邸の中に入ったところ、レザーフェイスが作った不気味な家具などを目撃してしまう。脱走しようとしたところをレザーフェイスに見つかり、フックで吊るされた後、冷蔵庫の中に閉じ込められ死亡した。
レザーフェイス
本名はババ・ソーヤー。ソーヤー一家の四男。人間の顔面の皮を剥いで作ったマスクを被った大男。先天性の皮膚病と梅毒を患っており、病気により醜くなった自身の素顔を隠すため人皮のマスクを被っている。チェーンソーやハンマーで侵入者を惨殺し、殺した人間や動物を解剖して家具の材料に利用している。知的障害を患っているため精神年齢は8歳児程度しかなく、家のドアをチェーンソーで破壊してコックに怒られた時は彼に怯えて蹲るなど、純粋な一面も垣間見える。純粋な性格もあってか、夕食の支度など一家の家事を担っている。サリーの仲間たちを次々と殺害し、終盤逃げ出したサリーをチェーンソーで追いかけるが、たまたま通りがかったトラックの運転手に反撃され、脚をチェーンソーで負傷してしまう。結局サリーを取り逃がしてしまい、最後は朝焼けに照らされ、悔しさからか踊り狂うようにチェーンソーを振り回していた。
劇中では3種類のマスク・服装で登場する。通常時は「Killing」と呼ばれる男性の顔のマスクと黄色の解体作業用エプロン、料理などの家事をする時は「Old Lady Mask(Grandma Maskとも)」と呼ばれる老年女性のマスクと調理用エプロン、正装時は「Pretty Woman」と呼ばれるピエロのような厚化粧のマスクと上下紺色のスーツをそれぞれ身につけている。
ヒッチハイカー
本名はナビンズ・ソーヤー。ソーヤー一家の三男で『悪魔のいけにえ2』に登場するチョップトップの双子の弟。顔に血の跡のような大きなシミがある。落ち着きがなく、支離滅裂な言動を繰り返しているため躁病の可能性がある。テキサス州で頻発していた墓荒らしは彼の仕業である。ヒッチハイクで通り掛かりのサリー達の車に乗せてもらうが、フランクリンが愛用しているナイフで自身の手を切り刻んだり、フランクリンに向けて撮った写真を車内で燃やす等の異常な行動を取ったため、耐えられなくなった一行に無理矢理下車させられた。彼等の車が発進する際、車体に自分の血でメッセージを残していった。物語終盤、サリーを追いかけていた際に偶然通りがかったトラックに轢かれ死亡した。『2』ではミイラ化した姿で登場し、レザーフェイスやチョップトップにパペットの様な扱いをされる。
コック
本名はドレイトン・ソーヤー。ソーヤー一家の長男。普段は小さなガソリンスタンドとバーベキュー店を経営している。レザーフェイスがチェーンソーで家の扉を破壊してしまったことに激怒し説教するなど、他のソーヤー家のメンバーよりも人間くさい描写が存在するものの、彼の店にはバーベキューにされた人間の焼死体があり、彼もまた狂人であることを証明している。レザーフェイスに追われ、自身のガソリンスタンドに逃げ込んだサリーを匿うふりをして彼女をホウキで気絶させた後、ソーヤー邸に拉致した。
グランパ(じい様)
ソーヤー一家の父[2]。齢124歳。一見するとミイラのように見えるが、ちゃんと生きており口も聞ける。しかし自力では全く動けず、移動の際はソーヤー兄弟に椅子ごと運ばれている。かつては牛を一撃で仕留めるほどの屠殺の名人だったらしく、過去には5分間で60頭もの牛を仕留めたとされる(コック曰く、もっと牛が届いていれば60頭を越していたとのこと)が、異常な高齢のせいで握力がほとんど失われており、ろくにハンマーも握れなかった。
ちなみに現実で124歳まで生きていた人間の記録は存在せず、ジャンヌ・カルマンの122歳164日が確実な年齢記録での最長寿である。
グランマ
ソーヤー一家の母。すでに亡くなっており、ミイラ化している。
カウボーイ
冒頭に登場したカウボーイ。サリーに保安官を紹介した。
トラックの運転手
終盤に登場した黒人男性。偶然サリー達の近くに通り掛かり、図らずもトラックに気づいていなかったヒッチハイカーを轢き殺した。事情を察し、レザーフェイスに追われていたサリーを助け、彼にレンチを投げつけ怯ませた。最後はサリーと反対の方角に逃走し、辛うじて生き延びたと思われる。

キャスト[編集]

本作のキャストメンバー(左二番目より、マリリン・バーンズ、テリー・マクミン、ウィリアム・ヴェイル、ジョン・デュガン、エドウィン・ニール、エド・グイン、アレン・ダンジガー)
本作及び本シリーズのレザーフェイス役者達(左より、R・A・ミハイロフ、ビル・ジョンソン、ガンナー・ハンセン、ロバート・ジャックス)
役名 俳優 日本語吹き替え
東京12チャンネル BD新録版
サリー・ハーデスティ マリリン・バーンズ 泉晶子 坂井恭子
ジェリー アレン・ダンジガー 石丸博也 中林俊史
フランクリン ポール・A・パーテイン 秋元羊介 駒谷昌男
カーク ウィリアム・ヴェイル 田中秀幸 小松史法
パム テリー・マクミン 高橋ひろ子 森夏姫
ヒッチハイカー[3] エドウィン・ニール 青野武 青山穣
老人(コック)[4] ジム・シードウ 坂口芳貞 池田ヒトシ
レザーフェイス ガンナー・ハンセン 福士秀樹 中林俊史
グランパ(じい様) ジョン・デュガン 小野丈夫 越後屋コースケ
カウボーイ[5] ジェリー・グリーン 郷里大輔
アナウンサー 蟹江栄司
ナレーター ジョン・ラロケット 青山穣
トラックの運転手 エド・ギン
  • 東京12チャンネル版吹き替え - 初回放送1979年7月24日『火曜映画劇場』
2007年7月13日発売の「悪魔のいけにえ スペシャルエディション・コンプリートBOX」(DVD)のディスク3に収録。
  • BD新録版吹き替え
2015年11月4日発売の「悪魔のいけにえ 公開40周年記念版」(Blu-ray Disc)に収録。

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

監督・脚本・制作のトビー・フーパーはこの作品により全米及び英国への進出を果たす。

製作費は約4000万円。公開後から2006年9月現在まで、世界中で総額60億円以上の配給収入を上げている。なお配給元のブライアンストン社はこのフィルムと上映権利を約1億円で購入した[6]

エド・ゲイン事件[編集]

この作品は、1957年ウィスコンシン州プレインフィールドで実際に発生したエド・ゲインによる猟奇殺人事件をモデル[7]にしたということが通説になっているが、フーパー本人はこの事件については記憶が曖昧だとしており、ある評論家がエド・ゲイン事件に似通っている部分があると評したのがこのような説の流れた端緒である。映画冒頭部分のテロップ「これは真実の物語」は少しでも観客の恐怖を煽ろうと後づけで追加した演出であり、上記事件との関連はなかったが、別段否定もせず傍観していたところ、通説のほうが流布してしまい以降その通説が定着することになったという[8]

撮影[編集]

撮影に使用された農家。家屋はテキサス州ラ・フロンテラからキングスランドに移動してレストランとして改装された。[9]

作品独特の粗い画像が物語全体の雰囲気を醸し出しているが、これは演出効果や技術的なものではなく、製作予算が低かったために[10]通常の映画撮影に使われる35mmフィルムではなく、購入も現像も安価で済むサイズが一回り小さい16mmフィルムで撮影したものをスクリーンに合わせて映像のサイズを拡大したためであった。

結果的にこれがフーパーの手法と相まってプラスに働き印象に残る映像となる。ただ本人にとっては本意ではなかったようで、撮影に映画用のフィルムが使えなかったことに加え、マスターフィルムの形式から(コメント当時は)高画質版のリリースが物理的に不可能な点を残念がっていた。

公開[編集]

公開当初はその残酷性の高さゆえに「決して観てはいけない」と学校などで告知される事態が発生し、全米各州で上映禁止処分が下った。さらに、ドイツなど一部の国では殺人・喰人シーンなど残酷な場面をカットしたバージョンしか鑑賞が許されなかった時期があった。

DVD・Blu-rayソフト[編集]

日本では1998年中期から2007年初頭までの間権利関係の問題からDVDが発売できず、それ以前に発売されたDVD(1997年、ビーム・エンターテイメント・現ハピネット・ピクチャーズより発売)にはプレミア価値が付いていた。

2004年9月にワーナーブラザーズがDVDを再発売させようとしたが権利の取得に失敗し断念。しかしデックスエンタテインメントから2007年6月8日に再発売が決定。通常盤のDVDは予定通り発売されたが、テレビ放送時の音源を用いた短縮日本語吹替版の収録に関し制作のキム・ヘンケル英語版から異議が唱えられるトラブルがあったために、当該吹替版を収録する予定であった豪華盤「コレクターズBOX」の発売は7月13日に遅れることとなった。なお当該「コレクターズBOX」においては短縮版ではなく音声の一部に吹替音源を充てた劇場公開版が収録された。

なお、DVDの再発を記念し、渋谷映画館シアターN.渋谷[11]にて2007年3月17日から4週間、本作がレイトショーにて再公開された[12]

2008年8月22日にはコレクターズBOXに以前カプコンからセットで販売されたドキュメンタリー『ファミリー・ポートレイト』と『ショッキング・トゥルース』が収録された「プレミアム・コレクションDVD-BOX」が発売。ポストカードや復刻版のパンフレットが封入された。

2009年には日本版Blu-rayが発売された。

公開から40周年にあたる2014年、4Kリマスターが施された『40周年記念版』が制作され、翌2015年には日本でもBlu-rayソフトが発売されるとともにリバイバル上映が行われた。アメリカ公開からちょうど41年にあたる2015年10月4日には新宿ピカデリーにて「轟音上映会」と名付けられた記念イベントが開催され、上映前には高橋ヨシキ中原昌也による約30分間のトークショーが開かれた。

受賞など[編集]

  • 1974年度ロンドン映画祭最優秀賞受賞作品
  • 英国監督週間上映作品
  • 1974年度〜BBC最重要注意作品

続編[編集]

続編として『悪魔のいけにえ2』(The Texas Chainsaw Massacre 2, 1986年)、『悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲』(Leatherface: Texas Chainsaw Massacre III, 1990年)、『悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス』(The Return of the Texas Chainsaw Massacre, 1994年)が製作された。さらに2004年に製作30周年を記念して『The Texas Chainsaw Massacre 5』と名付けられた5作目の製作がトビー・フーパー監督、製作総指揮の下でスタートされたが、脚本が完成した時点で資金面の理由により断念された。

2013年 には『飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲』("Texas Chainsaw 3D")のタイトルで新作が公開された。

2015年現在、ジュリアン・モーリー及びアレクサンドル・バスティロ監督による前日譚"LEATHERFACE"が製作中である。

2018年『レザーフェイス -悪魔のいけにえ』が5月12日より日本公開決定。奇しくも本作がトビー・フーパー最後のプロデュース作品となった。

リメイク[編集]

マイケル・ベイの製作会社であるプラチナム・デューンズがリメイク権を獲得し、マーカス・ニスペル監督で『テキサス・チェーンソー』(The Texas Chainsaw Massacre)が2003年に公開された。さらに2006年にはジョナサン・リーベスマン監督による前日譚『テキサス・チェーンソー ビギニング』(The Texas Chainsaw Massacre: The Beginning)が公開された。

脚注[編集]

  1. ^ The Texas Chainsaw Massacre (1975)” (英語). Box Office Mojo. 2010年7月1日閲覧。
  2. ^ グランパは本来祖父の事を指すが、フーパー監督によればテキサスでは年配の男性を呼ぶ際にも使われるという
  3. ^ 東京12チャンネル版の吹き替えでは「スリム」という名前に変更された。
  4. ^ 東京12チャンネル版の吹き替えでは「メイソン」という名前に変更された。
  5. ^ 東京12チャンネル版の吹き替えでは「レッド」という名前に変更された。
  6. ^ この記述内の金額は全て、物価変動などを考慮した上で現在の日本円に換算したものである。
  7. ^ アルフレッド・ヒッチコック監督の『サイコ』も同事件をモデルとしている。
  8. ^ 映画『テキサス・チェーンソー ビギニング』に寄せたインタービューより。
  9. ^ Pack, MM (2003年10月23日). “The Killing Fields: A culinary history of 'The Texas Chainsaw Massacre' farmhouse”. The Austin Chronicle. オリジナル2011年4月4日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5xhXpjTPQ?url=http://www.austinchronicle.com/food/2003-10-31/184100/ 2011年2月2日閲覧。 
  10. ^ 当時の円換算にして約2500万円。
  11. ^ http://www.theater-n.com/
  12. ^ http://blog.livedoor.jp/livefreaky/archives/50777144.html

外部リンク[編集]