テキサス・チェーンソー ビギニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テキサス・チェーンソー ビギニング
The Texas Chainsaw Massacre: The Beginning
監督 ジョナサン・リーベスマン
脚本 シェルドン・ターナー
原案 シェルドン・ターナー
デヴィッド・J・スコウ
製作 マイケル・ベイ
トビー・フーパー
アンドリュー・フォーム
ブラッド・フラー
マイク・フレイス
キム・ヘンケル
ナレーター ジョン・ラロケット
音楽 スティーヴ・ジャブロンスキー
撮影 ルーカス・エトリン
編集 ジム・メイ
ジョナサン・チブナル
製作会社 プラチナム・デューンズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 角川ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年10月6日
日本の旗 2006年11月11日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $16,000,000[1]
興行収入 $51,764,406[1]
前作 テキサス・チェーンソー
テンプレートを表示

テキサス・チェーンソー ビギニング』(原題: The Texas Chainsaw Massacre: The Beginning)は、2006年製作のアメリカ映画である。『テキサス・チェーンソー』の続編。R-15指定。

アメリカでは、2006年10月6日ハロウィンシーズンに公開され、週末興行成績は初登場2位を記録した。日本では2006年11月11日に公開され、全国週末興行成績は初登場11位を記録となった。

本作は『テキサス・チェーンソー』の続編であるが、内容的に1974年の『悪魔のいけにえ』により近い作品となっている。

ストーリー[編集]

1939年8月、一人の赤ん坊が食肉処理工場の血まみれの床で生まれた。その子は生まれながらの奇形児で、生肉の包装紙に包まれ、すぐにゴミ箱に捨てられた。たまたまゴミを漁っていた女に拾われた赤ん坊はトーマスと名付けられ、女の家族ヒューイット家で育てられる。

トーマスは6歳のとき、自傷性の変性顔面異常症と診断されるが、その頃から動物を殺して解体するなど異常性が際立っていた。

やがて9歳から食肉処理工場で働き始めた彼は、30歳のとき食肉処理工場が閉鎖されたショックから工場長をハンマーで殴り殺してしまう。住む土地に異常な執着を持つヒューイット家は、逮捕に来た地元の保安官を殺害し、その人肉を食卓に並べた。かくしてヒューイット一家の殺戮が始まった。

ある男女4人が交通事故に合い、内3名が保安官の格好をしたホイト・ヒューイットのパトカーに拘束されヒューイット家の自宅に連れて行かれてしまう。そこには冷酷な殺人鬼と変貌しつつあるレザーフェイス(トーマス)が待ち構えていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
クリッシー ジョーダナ・ブリュースター 坂本真綾
エリック マシュー・ボーマー 藤田大助
ディーン テイラー・ハンドリー 竹若拓磨
ベイリー ディオラ・ベアード 小島幸子
レザーフェイス アンドリュー・ブリニアースキー 声なし
ホイト保安官 R・リー・アーメイ 大塚周夫
ルダ・メイ マリエッタ・マリク 京田尚子
モンティ叔父さん テレンス・エヴァンス 益富信孝
アレックス サイア・バッテン 高山みなみ
ナレーター ジョン・ラロケット
(オリジナル版と同じ)
宗矢樹頼

スタッフ[編集]

DVD[編集]

2007年3月23日発売。

脚注[編集]

外部リンク[編集]