悪魔のいけにえ2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
悪魔のいけにえ2
The Texas Chainsaw Massacre 2
監督 トビー・フーパー
脚本 L・M・キット・カーソン
製作 メナハム・ゴーラン
ヨーラン・グローバス
製作総指揮 ヘンリー・ホームズ
ジェームズ・ジョーゲンセン
出演者 デニス・ホッパー
音楽 トビー・フーパー
ジェリー・ランバート
撮影 リチャード・クーリス
編集 アラン・ヤコボビッツ
製作会社 キャノン・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 キャノン・フィルムズ
日本の旗 日本ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年8月22日
日本の旗 1986年10月25日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4,700,000
興行収入 $8,025,872[1] アメリカ合衆国の旗
前作 悪魔のいけにえ
次作 悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲
テンプレートを表示

悪魔のいけにえ2』(あくまのいけにえ2 - 、The Texas Chainsaw Massacre 2)は、1986年アメリカ映画1974年ホラー映画悪魔のいけにえ』の続編。

概要[編集]

ホラー映画の原点として位置されている『悪魔のいけにえ』の続編。登場人物や世界観から本作のみが正統的続編と言える。製作にとどまるつもりであったトビー・フーパーが再び監督を務めている。キャストにはデニス・ホッパーが、前作で殺された甥のフランクリンの復讐に燃えるレフティを演じている。

ドキュメント作品にも似た前作と違い、本作はコメディ要素を取り入れたエンターテイメントな作品に仕上がっている[2]

ストーリー[編集]

ラジオに生出演中の若者達がソーヤー一家に殺された。ラジオでその一部始終を聞いていたレフティは一家に殺された親戚の復讐のため、彼らのアジトに乗り込む。

キャスト[編集]

  • レフティ・エンライト:[デニス・ホッパー]]
この物語の主人公で前作登場したサリーとフランクリンの叔父。13年前甥のフランクリンがレザーフェイスに殺害され、13年間1人で調査をしていた。彼の家にストレッチが入った際に協力を求め用とするが、追い返した。しかし、ストレッチのラジオ局へ足を運び再び彼女の前に現れ「テープを流してほしい」と頼んだ。そして、彼はホームセンター行きチェーンソーを3つ購入し、レザーフェイスに復讐を開始するのだった。ソーヤー一家の拠点バトルランドへ到着し、ミイラ化したフランクリンと再会してしまい半狂乱になる。様々な道を乗り越えた彼はソーヤー一家を発見し、レザーフェイスと死闘を繰り広げた。レザーフェイスをチェーンソーで倒した後、レザーフェイスが倒れた所でドレイトンが持っていた手榴弾を落としてしまい爆発し、生死不明となる。
もう一人の主人公。テキサスを拠点ラジオ局レッド・リバー・ロックンロールのDJをしている。バズとリックに回線を塞がれた時にチェーンソーの音を聞きレザーフェイスが現れたと気づいていた。13年前レザーフェイスに殺されたフランクリンの叔父レフティの家に訪れ協力を求めるものの追い返された。しかし、ラジオ局へ足を運んだレフティと再び再会し、テープを流してほしいと頼まれる。ところが突然ラジオ局の中に現れたチョップトップに「テープをよこせ」と頼まれ、彼を追い返そうとするが、レザーフェイスに襲撃され、彼に追われながら部屋の中に隠れた。しかし、レザーフェイスに壁を破壊され襲われそうになった際に「あなたは良い人よね?」と言って危うく殺害される所だった。車でチョップトップを尾行し彼らの拠点バトルランドへ到着した。ソーヤー一家に見つけられた際に彼らに殺されかけるが、レフティに救われる。最後はバトルランドの天辺まで逃げ切りグランマが持っていたチェーンソーでチョップトップを倒した。
本名ババ・ソーヤー。ソーヤー一家の四男で人間の人皮を被った殺人鬼。13年前サリーの仲間達を殺害し、サリーが逃げた後に行方を眩ます。13年後再び現れバズとリックが乗った車をチョップトップと襲撃し、殺害した。前作とは異なり、ラジオ局を襲撃した時にストレッチに「あなたは良い人」と言われ一目惚れし彼女だけ襲わずにラジオ局をチェーンソーで破壊したり、ストレッチがバトルランドに隠れた時にLGの人皮を被せてダンスをしたりコミカルな一面を見せた。しかし、最後はソーヤー一家とストレッチを襲った。突如、現れたレフティとチェーンソーで死闘を繰り広げられるが、最後はチェーンソーで腹部を斬られ、自らが倒れた所でドレイトンが持っていた手榴弾を落としてしまい爆発し、生死不明となる。
本名はドレイトン・ソーヤー。ソーヤー一家の長男。テキサスでバトルランドという遊園地を経営していたものの廃園した。ダラスでチリソースのコンテストが行なわれており、2年連続でドレイトンが優勝した。帰る車中でラジオを聴きストレッチが流したレザーフェイスがバズとリックを殺害した犯行が電波に乗っていると知り、チョップトップに連絡を取りラジオ局へ襲撃しろと言った張本人。バトルランドに訪れたストレッチが生きている事に気づき、ババに説教した。そして、前作と同じ家族でストレッチをハンマーで撲殺しようとした所レフティが現れ、彼にチェーンソーで尻を斬られてしまう。テーブルの下に隠れ、死体の中に隠してある手榴弾を使って自爆しようとするが、ババが倒れた衝撃で手榴弾を落としてし、爆破してしまい死亡したと思われる。
2組の男子高校生。バズは車の運転手で、リックは眼鏡をかけて銃を乱射している。車に乗り、週末にダラスへ遊びに行こうとしていた。カーラジオを流していた2人は、テキサスのラジオ局レッド・リバー・ロックンロールのラジオを聞いて車内電話で電話回線をふさぐという嫌がらせをした。一度は電話を切ったが、夜の8時11分にラジオ局に電話をかけ、再び回線を塞いだ。バズが目の前にいた一台の車を追い越して、橋の所で車線を妨げる車がいた。それはガイコツの様なものでチェーンソーを振り回していたレザーフェイスの姿だった。バズとリックがチェーンソーで斬られ、実況中継にストレッチとLGはそれを聴いてしまう。翌日、二人が乗っていた車が見つかり、車は川に突っ込んでいた。
  • LG
テキサスのラジオ局レッド・リバー・ロックンロールのエンジニア担当。カウボーイハットが特徴でラジオ局やどこにでも唾を吐いている。バズとリックがレザーフェイスに襲撃された実況中継をストレッチと聴いてしまう。LGがラジオ局を出てコーヒーを買ってきた所でチョップトップにハンマーで殴られ、更にバトルランドへ運び、レザーフェイスに顔を剥がされてしまう。死んだと思われていたが、実はまだ生きており、ロープで縛られていたストレッチを助け、彼女を好きと言った後に息を引き取る。

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

前作から引き続き出演しているのは長男コック役のジム・シードーのみでレザーフェイスとグランパはキャストが変更されている。またチョップトップは前作で車に轢かれて死亡したヒッチハイカーの双子の弟という設定。なおヒッチハイカーはミイラとして登場している。

特殊メイクはトム・サヴィーニがてがけており、前作では比較的抑えられていた残酷描写が格段にアップした。

本作には削除されたシーンが数多くあり、特に「若者達が一家に惨殺される」シーンはサヴィーニの手により、本編以上に残酷なものである。これらの映像は「完全版」DVDの特典映像で見ることができる。

DVD[編集]

過去に何回も発売されており、2007年5月25日には未公開シーン等を含む特典映像を入れた「完全版」がMGMより発売。(品番:MGBE-17195)。

脚注[編集]

  1. ^ The Texas Chainsaw Massacre 2 (1986)” (英語). Box Office Mojo. 2010年7月1日閲覧。
  2. ^ コメディ要素を一つ挙げるとすると「レザーフェイスがヒロインに恋をする」点。

外部リンク[編集]