竹若拓磨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たけわか たくま
竹若 拓磨
プロフィール
本名 竹若 拓磨[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本福岡県[2]
生年月日 (1971-03-22) 1971年3月22日(49歳)
血液型 O型[3]
身長 171 cm[2]
職業 俳優声優
事務所 テアトル・エコー[2]
活動
活動期間 1995年 - 2009年
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

竹若 拓磨(たけわか たくま、1971年3月22日[3] - )は、日本俳優声優テアトル・エコー所属[2]福岡県出身。

経歴[編集]

テアトル・エコー附属養成所19期生。1995年3月9日よりテアトル・エコーに入団。

2009年4月10日脳動静脈奇形による脳内出血で倒れ、入院、手術[4]。9月には退院し、リハビリ生活へ[4]。現在、所属事務所にプロフィールは残っているが、俳優業はいまだ再開していない。

代役・後任[編集]

竹若の降板後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1996年
1997年
1999年
2000年
  • キョロちゃん(2000年 - 2001年、ガングロ団手下、戦士A、付き人B、AD、卵泥棒、タナカ回答者)
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年

劇場版アニメ[編集]

OVA[編集]

Webアニメ[編集]

ゲーム[編集]

ドラマCD[編集]

特撮[編集]

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

トム・ウェリング
マット・デイモン

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

舞台[編集]

  • 父帰る(新二郎)
  • わが青春のマリアンヌ(ピエール)

脚注[編集]

  1. ^ 『日本タレント名鑑(2011年版)』VIPタイムズ社、2011年1月27日、228頁。ISBN 978-4-904674-02-4
  2. ^ a b c d 竹若拓磨”. テアトル・エコー. 2020年1月28日閲覧。
  3. ^ a b 竹若拓磨”. テアトル・エコー. 2016年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月28日閲覧。
  4. ^ a b テアトル・エコー稽古場日誌 お帰りたくま
  5. ^ 旋風の用心棒 〜黒澤明監督作品「用心棒」より〜”. メディア芸術データベース. 2016年8月25日閲覧。
  6. ^ キャラクター紹介”. アイドルマスター XENOGLOSSIA アニメ公式サイト. 2013年12月9日閲覧。
  7. ^ S.W.A.T.”. 日曜洋画劇場. 2016年7月16日閲覧。

外部リンク[編集]