マット・ボマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マット・ボマー
Matt Bomer
Matt Bomer
本名 Matthew Staton Bomer
生年月日 (1977-10-11) 1977年10月11日(39歳)
出生地 テキサス州スプリング
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
主な作品
トゥルー・コーリング
ホワイトカラー

マット・ボマーMatt Bomer, 本名: Matthew Staton Bomer, 1977年10月11日 - )は、アメリカ合衆国俳優。テレビドラマ『トゥルー・コーリング』のルーク、『ホワイトカラー』のニール・キャフリー役で知られる。

「ホワイトカラー」以前は”Matthew Bomer”とクレジットされていたが、「ホワイトカラー」以降からはMatt Bomerという表記に統一された。[1]

"Bomer"は、マット本人の発音[2]に基づいて表記するとボーマーとなる[3]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

ミズーリ州Greater St. LouisのWebster Grovesで、父John O'Neill Bomer IVと、母Elizabeth Macyの間の3人の子供の1人として生まれ、スプリング(テキサス州)で育った。

Klein High Schoolに進学し、リー・ペイスリン・コリンズは高校の同級生であり、マットとリーは一緒にヒューストンのAlley Theatreで演劇に関わっていた。高校卒業後、ペンシルベニア州にあるカーネギーメロン大学に進学し、2001年に卒業した。

キャリア[編集]

アメリカのソープオペラオール・マイ・チルドレン』に端役で出演をしたのをきっかけに、『ガイディング・ライト』に数話出演した。その後2002年-2003年には『トゥルー・コーリング』で主役のエリザ・ドゥシュクの恋人役でレギュラー出演し、2005年にはジョディ・フォスター主演の映画『フライトプラン』に出演した。

テレビドラマ『チャック』にゲスト出演後、2009年から2014年にかけ『ホワイトカラー』に、主役の天才詐欺師ニール・キャフリー役で出演した。

2014年には『ノーマル・ハート』で第72回ゴールデングローブ賞最優秀助演男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)を受賞した。

私生活[編集]

2011年3月にキット、ウォーカー、ヘンリーという3人の子供がいることを公表[4]。3人ともボマーと血縁上の繋がりはなく、ウォーカーとヘンリーはパブリシスト事務所Slate PRの社長サイモン・ホールズが代理母出産で得た子供である。

長らくサイモンとの関係を明かさなかった。2010年の取材でも、「噂については気にしていないし、自分は幸せで自身の人生に満足している。様々な人間関係があって、『ホワイトカラー』の全部が自分にかかっている。」と答えを回避していた[5]。が、2012年2月に活動家スティーヴ・チェイスが主催する人道的活動に関する賞の授賞スピーチで、サイモンを「家族」(パートナー)であると公表した[6][7]

2013年、フィフティ・シェイズ・オブ・グレイの映画化にあたって、9月1日に主な配役が発表されたが、クリスチャン・グレイ役を希望して署名活動をしたフアンに対して、9月5日にET ONLINEで「フアンには感謝しているが、今の配役を支持する。」とコメントした[8]

2014年米雑誌Details誌でのインタビューで「(ノーマル・ハートの作家ラリー・クレイマーがいなかったら)僕は今多くの権利を享受できていなかっただろう。まず一番に頭に浮かぶのは(同性)結婚だ。」と語り、自身が2011年に長年のパートナーのサイモン・ホールズと結婚したことを公にした[9]

趣味として、フットボール、野球やテニス、またギターを弾くことを挙げている。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2005 フライトプラン
Flightplan
エリック
2006 テキサス・チェーンソー ビギニング
The Texas Chainsaw Massacre: The Beginning'
エリック
2011 TIME/タイム
In Time
ヘンリー・ハミルトン
2012 マジック・マイク
Magic Mike
ケン
2014 ニューヨーク 冬物語
Winter's Tale
ピーターの父
2015 マジック・マイクXXL
Magic Mike XXL
ケン
2016 The Nice Guys John Boy
2016 マグニフィセント・セブン
The Magnificent Seven
Matthew Cullen

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
2003-2004 トゥルー・コーリング
Tru Calling
ルーク・ジョンストン 17エピソードに出演
2007 Traveler Jay Burchell 8エピソードに出演
2007-2009 チャック
Chuck
ブライス・ラーキン 7エピソードに出演
2009-2014 ホワイトカラー
White Collar
ニール・キャフリー 81エピソードに出演
2012 glee/グリー
Glee
クーパー・アンダーソン エピソードBig Brother
2013 New Normal おにゅ〜な家族のカタチ
The New Normal
Monty エピソード The Goldie Rush
2014 ノーマル・ハート
The Normal Heart
フェリックス・ターナー テレビ映画
2014 American Horror Story: Freak Show Andy エピソードPink Cupcakes
2015-2016 American Horror Story: Hotel Donovan 9エピソードに出演

シアター[編集]

上演年 邦題
原題
役名 備考
2003 Roulette Jock Powerhouse Theater (August 1–3, 2003)
2007 Villa America Ernest Hemingway Williamstown Theatre Festival, Nikos Stage (July 11–22, 2007)
2011 8 Jeff Zarrillo Eugene O'Neill Theatre (September 19, 2011)
2012 8 Jeff Zarrillo Wilshire Ebell Theatre (March 3, 2012)

脚注・出典[編集]

  1. ^ USA Network, White Collar Live Chat”. 2010年10月1日閲覧。
  2. ^ Matt Bomer answers Lucy Ford's three random questions!”. 2016年6月7日閲覧。
  3. ^ Pronunciation of Matt Bomer”. 2016年6月7日閲覧。
  4. ^ Wieselman, Jarrett (March 18, 2011) All of Matt Bomer's 'Children New York Post. Retrieved March 20, 2011.
  5. ^ White Collar‘s Matt Bomer Is a Proud Out Gay Man Who Doesn’t ‘Care’ About the Rumors He’s a Gay”. 2010年1月14日閲覧。
  6. ^ Matt Bomer Comes Out as Gay Man”. E!Online. 2012年2月15日閲覧。
  7. ^ “『TIME/タイム』「ホワイトカラー」のイケメン、マット・ボマーがゲイであることをカミングアウト”. シネマトゥデイ. (2012年2月14日). http://www.cinematoday.jp/page/N0039373 2012年11月13日閲覧。 
  8. ^ Matt Bomer Responds to '50 Shades' Petition”. 2013年9月5日閲覧。
  9. ^ "Matt Bomer Is More Than Just a Pretty Face"”. 2014年4月22日閲覧。

外部リンク[編集]