この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

青野武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あおの たけし
青野 武
プロフィール
性別 男性
出生地 日本の旗 日本北海道旭川市
死没地 日本の旗 日本東京都八王子市
生年月日 1936年6月19日
没年月日 2012年4月9日(満75歳没)
血液型 O型
身長 169 cm
職業 声優俳優ナレーター
事務所 青二プロダクション(最終所属)
配偶者 あり
声優活動
活動期間 1961年 - 2010年
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
デビュー作 ブロンコ
俳優活動
活動期間 1957年 - 2010年
ジャンル テレビドラマ舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

青野 武(あおの たけし、1936年6月19日[1] - 2012年4月9日)は、日本声優俳優ナレーター青二プロダクションに所属していた。

北海道旭川市出身。北海道旭川東高等学校卒業。旧芸名は青野 武士。身長169cm、体重62kg。血液型O型

生涯

高校時代に演劇にはまり込み、高校卒業後は単身上京し、舞台芸術学院にて演劇を学ぶ。

劇団七曜会に所属した際に主役を務めた『欲望という名の電車』での演技が認められ、海外ドラマ『ブロンコ』の主役であるタイ・ハーデンの吹き替えを担当した。これを機に、以後多くのアニメ・吹き替えなどで声優として活躍した。また俳優としても、大河ドラマ北条時宗』やNHK教育の『このまちだいすき』などの映像作品に出演した。

演劇活動では、七曜会解散後に作品座[2]の所属を経て、20代の頃に出会ったあずさ欣平と親交を結び、劇団芸協に所属した。あずさの他、劇団仲間であった雨森雅司宮内幸平田中和実など、死去した友人の遺志を継ぎ、同劇団の主宰を務めた。

2010年5月15日解離性大動脈瘤の手術を受けたが、6月26日脳梗塞であることが判明して入院。療養で復帰の目処が立たないことから、当時演じていた全ての持ち役を降板した[3]後述)。2年近い闘病生活の末、2012年4月9日午後4時38分、解離性胸部大動脈瘤術後多発性脳梗塞のため、東京都八王子市の病院で死去。満75歳没(享年76)[4][5]

2013年、第7回声優アワード「特別功労賞」を受賞[6]

人物

特色

数多くの作品に出演し、特に悪役や老人を演じる機会が多かった。本人も「悪役や様々な感情を演じられる役は演じていて面白い」とも発言している[7]

富山敬宮内幸平の死後は、彼らの役の一部を引き継ぐ。NHKで放送された『鬼太郎 幸せ探しの旅〜100年後の遠野物語』では、田の中勇の代役で目玉おやじの声を担当した。

うる星やつら』、『らんま1/2』、『犬夜叉』など、高橋留美子原作のアニメ作品に数多く出演する常連だった。

『ONE PIECE』ではテレビシリーズでミホーク役などで出演しており、同作の劇場版では第10作まで毎回異なる役柄で出演していた。原作のリメイク作品では、ラッスーやイッシー20の一人といった、テレビシリーズで特に声優が決められていなかった人物の声を担当した。

吹き替えを多く担当していた俳優はマイケル・ペイリンを始めクリストファー・ロイドジョー・ペシダニー・デヴィートラム・チェンインがある。穂積隆信樋浦勉と同役を演じることが多い。

エピソード

ウルトラマン』のザラブ星人アテレコに際して、キャラの特徴をつかむために着ぐるみの中に入って実際に演技していた[8]。また後年のウルトラシリーズでも死去するまでザラブ星人の声を担当。

ドラゴンボール』のピッコロ大魔王が自分の分身であるピッコロを産み出す場面では「産みの苦しみだ」と力を入れすぎたため、胃を悪くしてしまった[9]

独創的なアドリブを入れることが多いが、『勇者王ガオガイガーFINAL』のギムレット役は、監督が「青野さんならこんな言い回しをするだろう」と考えて、元からセリフにアドリブを組み込まれた趣向であったため、イントネーションを工夫することでしか対抗できなかった。

昔はテレビスターに匹敵する二枚目として役者仲間の中では有名であったものの、当時の青野はまだ訛りが強く、写真を見て起用しようとしたディレクターらに敬遠されてしまい、数多くのチャンスを逃してしまった。

若い頃は虚弱に近い程やせ細っていたことと、電車賃を浮かすために徒歩で移動し、仕事の合間はバーベルをバッグに忍ばせてトレーニングをしていた。

若い頃は酒癖が非常に悪く、飲みに行った際に酔っ払って他の客と喧嘩になったが、同行していた富山敬が朝まで介抱してくれたことがあった。また富山から『ちびまる子ちゃん』のさくら友蔵役を引き継いだ際は、「役が決まった際は複雑な心境だったが、富山敬の名を汚さないように頑張ろうと思った」と語っている[10]

趣味は競艇で、代表を務めた劇団芸協のHPの自身のコラムの欄にも明記している[11]。競艇をテーマにした出演作である『モンキーターン』のDVD6巻に収録されたオーディオコメンタリーでは、同じく競艇ファンであった麦人とともに、競艇場の試乗体験でペアボートに試乗したことがあるという体験談や最初に名前を覚えた選手から彦坂郁雄が解雇されたエピソードなど競艇のオールドファンならではの話などをしていた。

後任

2010年5月末の降板後、青野の持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演作品

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

1964年

1965年

1967年

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

  • 元祖天才バカボン(夢人間アラジン、ランタロウ)

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

  • エル・カザド(ロペス)
  • CLANNAD -クラナド-(幸村俊夫)
  • ゲゲゲの鬼太郎(第5作)(ぬらりひょん)
  • ゼロの使い魔〜双月の騎士〜(オールド・オスマン
  • 逮捕しちゃうぞフルスロットル(中嶋大丸)
  • モノノ怪 「鵺」(大澤廬房)

2008年

2009年

2010年

2011年

  • 銀魂'(平賀源外〈初代〉) ※ライブラリー出演

OVA

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

2000年

2002年

2003年

2008年

2010年

劇場アニメ

1977年

1978年

1979年

1980年

  • 家なき子(ジェローム・バルブラン)
  • がんばれ!! タブチくん!! 第2弾 激闘ペナントレース(ヤスダ)
  • がんばれ!! タブチくん!! 初笑い第3弾 あゝツッパリ人生(ヤスダ)
  • ヤマトよ永遠に真田志郎[30]

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1996年

1997年

1999年

  • 劇場版 天地無用! in LOVE2 遙かなる想い(柾木勝仁、柾木信幸)

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

Webアニメ

2001年

ゲーム

1985年

1989年

1990年

1991年

  • ファイナルゾーンII(アレフ・ロイマン博士)
  • ラングリッサー(エグベルト)

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

  • 裏技麻雀〜これって天和ってやつかい〜(勘さん)
  • CARRIER(ウィリアム・ノーブル)
  • さらば宇宙戦艦ヤマト(真田志郎)(PlayStation)
  • テイルズ オブ エターニア(ガレノス、マクスウェル)
  • ブラックマトリクス+(ヨハネ) ※PlayStation版

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2013年

2015年

吹き替え

俳優

海外映画

海外ドラマ

海外アニメ

人形劇

特撮

1966年

1976年

1988年

1997年

2005年

2006年

2008年

2009年

ドラマCD

ラジオ

テレビドラマ

映画

  • 女教師仕置人 地獄の女神(予告編ナレーション)

バラエティ

顔出し

声の出演

CM

顔出し

声の出演

その他

脚注

注釈

  1. ^ 当初は代役を立てずほとんど台詞無しでの登場となり、213話では過去の収録音声を流用し(これが生前最後の新規クレジットとなった)、224話から島田が演じることになった。
  2. ^ 青野の生前もドクタースランプで演じている。
  3. ^ 第39話「まる子ウソをつく」の巻〜第768話「まる子、かたつむりを飼う」の巻、「お父さんみたいな人と結婚したい?」の巻

出典

  1. ^ 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』 日外アソシエーツ、2004年6月、12頁。ISBN 978-4-8169-1852-0
  2. ^ 声優になる!マガジン vol.71 肝付兼太2
  3. ^ “「ちびまる子」友蔵役の青野武が降板”. デイリースポーツ. (2010年6月27日). オリジナル2010年6月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100630084414/http://www.daily.co.jp/gossip/article/2010/06/27/0003136239.shtml 2015年7月29日閲覧。 
  4. ^ “まる子祖父役 青野武さん、9日に永眠 死因は解離性胸部大動脈瘤術のあとの多発性脳梗塞”. シネマトゥデイ. (2012年4月10日). http://www.cinematoday.jp/page/N0041115 2012年4月11日閲覧。 
  5. ^ “【訃報】声優・俳優の青野武さんが死去”. 舞台制作PLUS. (2012年4月12日). http://seisakuplus.com/news/?p=4481 2015年7月29日閲覧。 
  6. ^ 『第七回声優アワード』受賞者先行発表!”. 声優アワード. 2013年3月1日閲覧。
  7. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「天下一声優陣 其之二 ピッコロ大魔王/神様役 青野武」 『テレビアニメ完全ガイドDragonball 天下一伝説』 集英社〈ジャンプコミックス〉 2004年7月2日、162 - 163頁。ISBN 4-8342-1678-0
  8. ^ 小太刀右京 『『キャラクター大全ウルトラマン全調査報告』』 講談社2012年12月ISBN 978-4-06-218128-0
  9. ^ 「スペシャル座談会 プロジェクトZ 声の戦士大集合 素顔のZ戦士たち」『DRAGON BALL Z DVD BOX DRAGON BOX VOL.2付属解説書 Dragon Books』96頁。
  10. ^ 松田光雄編「すべての世代の永遠のヒーロー 声優・富山敬が残したもの」『アニメージュ 1995年12月号』徳間書店、平成7年(1995年)12月10日、雑誌01577-12、117頁。
  11. ^ 青野武の役者一筋
  12. ^ アラビアンナイト シンドバットの冒険”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  13. ^ 女王陛下のプティアンジェ”. 日本アニメーション. 2016年6月18日閲覧。
  14. ^ 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  15. ^ 太陽の子エステバン”. ぴえろ公式サイト. 2016年5月14日閲覧。
  16. ^ 銀牙 流れ星 銀”. 東映アニメーション. 2016年7月10日閲覧。
  17. ^ 新ビックリマン”. 東映アニメーション. 2016年6月17日閲覧。
  18. ^ おれは直角”. ぴえろ公式サイト. 2016年6月9日閲覧。
  19. ^ ドラゴンクエスト・ダイの大冒険”. 東映アニメーション. 2016年7月9日閲覧。
  20. ^ スタッフ・キャスト”. GS美神. 2016年7月9日閲覧。
  21. ^ ジュラキュール・ミホーク”. ONE PIECE.com. 2016年6月9日閲覧。
  22. ^ ウープ・スラップ”. ONE PIECE.com. 2016年6月9日閲覧。
  23. ^ スタッフ&キャスト”. シャーマンキング. 2016年6月27日閲覧。
  24. ^ キャストリスト”. 新釈 眞田十勇士 公式サイト. 2016年6月12日閲覧。
  25. ^ バジリスク 〜甲賀忍法帖〜”. GONZO公式サイト. 2016年7月1日閲覧。
  26. ^ D.Gray-man”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月14日閲覧。
  27. ^ “からくりの君”. トムス・エンタテイメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=115 2016年5月5日閲覧。 
  28. ^ 宇宙戦艦ヤマト 劇場版”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  29. ^ さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  30. ^ ヤマトよ永遠に”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  31. ^ 宇宙戦艦ヤマト 完結編”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  32. ^ SF新世紀 レンズマン”. マッドハウス. 2016年6月8日閲覧。
  33. ^ カムイの剣”. マッドハウス. 2016年6月13日閲覧。
  34. ^ “時空の旅人”. マッドハウス. http://www.madhouse.co.jp/works/1986-1983/works_movie_timestranger.html 2016年5月1日閲覧。 
  35. ^ 妖獣都市”. マッドハウス. 2016年6月13日閲覧。
  36. ^ 獣兵衛忍風帖”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。
  37. ^ ドラえもん のび太と翼の勇者たち”. メディア芸術データベース. 2016年8月12日閲覧。
  38. ^ VAMPIRE HUNTER D”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。
  39. ^ “スタッフ・キャスト”. メトロポリス 公式サイト. https://www.bandaivisual.co.jp/metropolis/staff.html 2016年5月5日閲覧。 
  40. ^ “明日をつくった男 田辺朔郎と琵琶湖疏水”. 虫プロダクション. http://www.mushi-pro.co.jp/2010/08/%E6%98%8E%E6%97%A5%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%81%A3%E3%81%9F%E7%94%B7_%E7%94%B0%E8%BE%BA%E6%9C%94%E9%83%8E%E3%81%A8%E7%90%B5%E7%90%B6%E6%B9%96%E7%96%8F%E6%B0%B4-2/ 2016年4月26日閲覧。 
  41. ^ キャスト&スタッフ”. 劇場用アニメーション映画「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」公式サイト. 2016年6月2日閲覧。
  42. ^ REDLINE”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。
  43. ^ ハリー・ポッターと謎のプリンス”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月29日閲覧。

外部リンク