ジム・シードー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジム・シードー
Jim Siedow
生年月日 (1920-06-12) 1920年6月12日
没年月日 (2003-11-20) 2003年11月20日(83歳没)
出生地 ワイオミング州シャイアン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 俳優
活動期間 1971年 - 1987年
テンプレートを表示

ジム・シードーJim Siedow, 1920年6月12日 - 2003年11月20日)は、アメリカ合衆国俳優である。

来歴[編集]

1920年ワイオミング州シャイアンに生まれる。高校時代から演劇クラスへ所属し、演技に親しんだ[1]。18歳のころにニューヨークへ渡り、ニューヨークを拠点として劇団などの舞台で活動を続けた[1]。まもなく第二次世界大戦が始まると、アメリカ陸軍航空隊へ所属した[1]。退役後はシカゴへ移り住み、ラジオドラマの声優として仕事を再開させた。

1946年に結婚した後は、夫婦でテキサス州ヒューストンへ移り、ヒューストンを拠点とする劇団も立ち上げた[1]。同劇団では舞台版の『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』も上演した。1971年に『The Windsplitter』で映画デビュー。

1974年に公開されたスプラッターホラー映画の『悪魔のいけにえ』での老人役により、その名が知られるようになった。猟奇的かつ残酷な描写が評判を呼び、同作品は今現在でも根強いファンがいるほか、リメイクもされた。シードーは第1作に続き、続編にも出演している。

私生活[編集]

1946年女優として活動していたRuth Siedowと結婚し、3人の父親でもあった[1]。シードー自身、1987年以降映画やテレビでの俳優活動はしていないが、『悪魔のいけにえ』の製作秘話などを綴ったドキュメンタリー映像へは本人として出演している。2003年慢性閉塞性肺疾患のため、ヒューストンで死去[1]。83歳だった。

出演作品[編集]

映画[編集]

  • The Windsplitter (1971)
  • 悪魔のいけにえ The Texas Chain Saw Massacre (1974)
  • パニック・オブ・シンドローム/危機一髪巨大原子炉大爆発! Red Alert (1977) ※テレビ映画
  • Hotwire (1980)
  • 悪魔のいけにえ2 The Texas Chainsaw Massacre 2 (1986)

テレビドラマ[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b c d e f Jim Siedow Biography”. 2014年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]