松屋うの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松屋 うの
Uno Matsuya
松屋 うの Uno Matsuyaの画像
プロフィール
リングネーム 松屋 うの
ニックネーム 牛めし大好き
身長 164cm
体重 57kg
誕生日 (1984-01-18) 1984年1月18日(34歳)
出身地 新潟県新潟市
所属 アイスリボン
スポーツ歴 柔道
柔術
トレーナー チェリー
千春
デビュー 2016年6月25日
星ハム子テキーラ沙弥 vs 柊くるみ&松屋うの
テンプレートを表示

松屋 うの(まつや うの、1月18日 - )は、日本の女子プロレスラー新潟県新潟市出身。アイスリボン所属。

所属[編集]

経歴[編集]

2015年
  • DDTプロレスリングが開講しているプロレス教室に通い[1]、その後アイスリボンのプロレスサークルへ参加しプロレスサークルの興行にも「小日向あゆみ」のリングネームで出場[2]。後に練習生となる[3]。練習生時代の名前は「宇野(仮)」。
2016年
  • 6月4日、道場マッチでのvs長崎まる子戦で初エキシビジョン。両者ノーポイント。
  • 6月11日、道場マッチにて星ハム子とエキシビジョン。両者ノーポイント。
  • 6月18日、道場マッチにてつくしとエキシビジョン。両者ノーポイント。この試合後、6月25日のアイスリボン北沢タウンホール大会でのデビューが決定。好物が牛丼で、過去に松屋でバイト経験もあるということからリングネームが「松屋うの」となる事が発表される[4]
  • 6月25日、北沢タウンホール大会にて星ハム子テキーラ沙弥戦でデビュー(パートナーは柊くるみ)。ハム子のダイビング・ボディプレスに敗れる。
  • 8月13日、道場マッチにて藤本つかさの持つICE×∞王座に挑戦するも敗北。
  • 8月14日、両国KFCホール大会にて同期のテキーラ沙弥とシングルで対戦。丸め込みの連続で勝利。デビュー後初勝利となる。
2017年
  • 9月23日、アイスリボン横浜大会「横浜リボン2017・秋」にてインターナショナルリボンタッグ王座決定トーナメントにテキーラ沙弥とのタッグ「chuの上ズッ」で出場。一回戦で星ハム子宮城もちの「らぶりーぶっちゃーず」と対戦し敗北、準決勝進出ならず。
  • 11月23日、アイスリボン横浜大会「横浜リボン2017・Nov.」にてヤングアイストーナメントに出場。一回戦で華DATEと対戦して勝利し、準決勝進出を果たす。[5]
  • 12月24日、アイスリボン両国KFCホール大会、ヤングアイストーナメント準決勝で直DATEと対戦し敗北。決勝戦進出ならず。
2018年
  • 1月14日、柔術の大会「COPA LAS CONCHAS TOKYO 2018」にて女子白帯フェザー級2位、女子白帯無差別級1位の成績を収める。
  • 3月4日、柔術の大会「WHITE RIOT 2018」にて女子アダルト白帯フェザー級準優勝、女子アダルト白帯オープンクラス準優勝の成績を収める。
  • 3月25日、アイスリボン後楽園ホール大会「アイスリボンマーチ2018」で「6人タッグかしましトーナメント」にテキーラ沙弥トトロさつきとの「Chu♥トロ!」で出場。トーナメント1回戦で尾崎妹加安納サオリ本間多恵の「MAT」と対戦して敗北、準決勝進出ならず。
  • 5月1日、アイスリボン横浜大会「横浜リボン2018GWⅠ」でテキーラ沙弥とのタッグで世羅りさ&雪妃真矢の持つインターナショナルリボンタッグ王座に挑戦するも敗北。王座獲得ならず。
  • 11月3日、アイスリボン大阪大会「大阪リボン2018Ⅲ」でICE×∞次期挑戦者決定トーナメントに出場し1回戦でテキーラ沙弥と対戦するが敗北。2回戦進出ならず。
  • 11月24日、アイスリボン横浜大会「横浜リボン2018・NoV.」にてトライアングルリボン王座に挑戦。藤田あかね(王者)、趙雲子龍(推薦者)と対戦するも敗北、王座獲得ならず。
  • 11月25日、柔術の大会「LASCON GAMES 2018」にて女子白帯ライト級2位、女子白帯無差別級1位の成績を収める。
  • 12月9日、アイスリボン両国KFCホール大会にてトライアングルリボン王座に挑戦。趙雲子龍(王者)、松本都(推薦者)と対戦するがノーコンテストになり王座は移動せず。

得意技[編集]

  • スクールボーイ
横入り式のエビ固め。連続で繰り出す方式をよく使用する。
  • セイバーチョップ
トップロープ等からの脳天チョップ。
  • 123プレス
  • カツ丼
相手を肩に担ぎ、横に投げつつ顔面から落とす
  • 牛とじ
相手の正面から股をくぐりつつ足をすくって倒し、相手の足を掴んだまま横回転してエビ固めに抑え込む
  • アンクルホールド

人物[編集]

  • 牛丼が好物で松屋でのアルバイト経験もある。
  • リングアナウンサーの千春曰く「松屋」は松浦亜弥の松浦と同じアクセントで「うの」は神田うののうのと同じアクセントである。
  • ここ一番の試合では黒の柔術着で試合をすることがある。

入場曲[編集]

  • 大惨事ぼっち戦争 / 絶叫する60度

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Twitter
  2. ^ 選手紹介
  3. ^ 牛丼好き女子レスラーのリングネームが『松屋うの』に決定
  4. ^ 試合結果
  5. ^ プリヴェコミュニケーションズ社「LADYS RING」2018年2月号 26頁

外部リンク[編集]