長崎まる子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長崎 まる子
Maruko Nagasaki
長崎 まる子Maruko Nagasakiの画像
プロフィール
リングネーム 長崎 まる子
身長 156cm
体重 53kg
誕生日 (1995-10-30) 1995年10月30日(21歳)
出身地 長崎県
所属 アイスリボン
スポーツ歴 水泳
トレーナー 藤本つかさ
紫雷美央
デビュー 2015年9月6日
星ハム子&宮城もち
(パートナーは藤本つかさ
テンプレートを表示

長崎 まる子(ながさき まるこ、1995年10月30日は、日本の女子プロレスラー長崎県出身。アイスリボン所属。

所属[編集]

経歴[編集]

2014年
年末にアイスリボンに就職研修の名目で短期合宿を行なう。各選手のツイッターにも幾度か登場していて当時は練習生長崎(仮)と表記されていた。
2015年
4月に高校卒業後、上京しアイスリボン入門。
7月29日、アイスリボン後楽園ホール大会でデビューする予定だったが、7月23日に胸部の痛みを訴え診断の結果、肺気胸と診断され手術&入院。デビューは延期となる。
9月6日、アイスリボン北沢タウンホール大会でデビュー。
2016年
1月9日、アイスリボン横浜ラジアントホール大会で全試合後リングで晴れ着姿で登場しリングの上で成人式を行う。
2017年
TeamDATEのアイスリボン参戦を受け、華DATE華蓮DATEの対戦相手となることが決定。練習中に笑うなどの態度を見て4月18日の記者会見で「プロレスを本気でしたいという気持ちが見られないところに憤りを感じております。デビュー戦でぶっつぶしてリングの上から引きずり下ろしたいと思います」とTeamDATEを糾弾した[1]
8月27日の後楽園ホール大会ではイリミネーション8人タッグマッチを行った。テキーラ沙弥、松屋うの、トトロさつきとの4人タッグでTeamDATE4姉妹と対決。まる子の1人残りとなって4-3でまる子組の勝ち。TeamDATEのリーダーである華DATEは大会直前の25日に左内側靭帯損傷を負い、立っているのがやっとであり開始48秒でリングから去るなど相手側に不完全燃焼が見られたが、試合はアイスリボン新世代が制した。勝利の立役者であるまる子は、6月のシングルマッチで敗れている華へのリベンジを口にした[2]

得意技[編集]

  • まる投げ
変形裏投げ
  • リバースまる投げ
まる投げが正面から抱えて背中から落とすのに対し、こちらは背後からバックドロップの要領で担ぎ顔から落とす。
  • まるコロリン
リストクラッチの丸め込み
  • 猪突猛進
右足を刈りながら前方回転しての丸め込み

人物[編集]

  • 4人姉妹の3人目。
  • 県立としては長崎県一の難関進学校に通うも3年時に通信制高校に転校。
  • 中学時代に新日本プロレスをテレビで見てプロレスに興味を持つ。
  • リングネームは髪型と愛くるしい性格に合うリングネームにしたいということで藤本つかさから命名された。
  • 目指すプロレスラー像として「猛スピード」な選手であることを挙げている。
  • 学生時代は水泳部であったことから当時使用していた競泳用水着とゴーグルや水泳帽を着用して試合に登場することもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “アイス勢とTeam DATEが舌戦/アイスリボン会見(1)”. 女子プロレスマガジン. (!2017-04-18). http://ameblo.jp/joshi-puroresu-magazine/entry-12266894035.html !2017-04-18閲覧。 
  2. ^ 週刊プロレス2017年9月13日号p.112

外部リンク[編集]