雪妃真矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
雪妃 真矢
Maya Yukihi
雪妃 真矢Maya Yukihiの画像
プロフィール
リングネーム 雪妃 真矢
雪妃 魔矢 (正危軍)
ニックネーム クリスタルスノー
ダークスノー
身長 164cm
体重 55kg
誕生日 1月9日
出身地 千葉県
所属 アイスリボン
トレーナー 235
成宮真希
尾崎魔弓
デビュー 2014年11月24日
中川ともか&くるみ
(パートナーはつくし
テンプレートを表示

雪妃 真矢(ゆきひ まや、1月9日[1] - )は、日本の女子プロレスラー千葉県出身[1]。身長164cm[1]、体重55kg[1]アイスリボン所属。フェリス女学院大学英文科卒業[1]

所属[編集]

経歴[編集]

大学卒業後、銀行員として勤務し、プロレスサークルに通う[1]
2014年
6月末を以って銀行を退職、練習生となりプロレスラーを目指す[2]
7月12日、道場マッチにて練習生「ユキ(仮)」として紹介される[2]
11月24日、横浜ラジアントホール大会にてリングネームが発表され、中川ともか&くるみ戦(パートナーはつくし)でデビュー、中川の唸れ豪腕で敗れる[3]。当初発表されたカードは宮城もちとのシングル[4]だったが、紆余曲折を経てこのカードになった。ちなみに中川のアイスリボン参戦は7年ぶりそして最後となった。
12月28日、後楽園ホール大会にて渋谷シュウ&弓李組と対戦。パートナーのチェリー直伝のスワントーンボムを使い弓李に勝利しデビュー1か月で自力初勝利を飾る。
2015年
1月4日、新宿FACE大会にて自身と似ていると言われる春日萌花とタッグを組み、渋谷シュウ&チェリーの「クラシックギャルズ」と対戦。春日のアイスリボン参戦は8年ぶりだった。
2月、試合中中指を骨折し欠場。2月23日手術を行う。
3月21日復帰予定も、自宅にて足の薬指を骨折し復帰見送り。
5月4日、ラジアントホールで復帰戦。その後再び欠場し10月17日に復帰。
11月28日、道場マッチにて世羅りさとのタッグ名を「アジュール・レボリューション」と決定、継続的なタッグとする。
2016年
3月12日後楽園大会より、OZアカデミーの協力を得て7番勝負を開始する。
※最終的に、1勝6敗で終える。
※この過程において、第2戦の尾崎戦の後、尾崎から西尾美香の後継者として正危軍入りの誘いを受け、「強くなりたい」との理由でこれを受諾する。また4戦目では、尾崎をセコンドに付けた上で正危軍仕様で試合をしている。
4月9日夜、OZアカデミー横浜大さん橋ホール大会にて正危軍の「雪妃魔矢」としてヒールデビュー。
7月18日昼、横浜ラジアントホール大会にて、藤本つかさの持つICE×∞王座に挑戦するも失敗。
12月29日、さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナでのレジェンド女子プロレス~ファイティングガールズ~に出場。アイスリボン提供試合に出場したほかデビュー曲『Azure sky』を歌唱した[5]
2017年
1月9日、横浜ラジアントホール大会にてタッグマッチでアジャ・コングと対戦後、「7番勝負で対戦を希望していたが実現しなかった」としてシングルマッチを直訴し、了承を得る。
1月29日、両国KFC大会にてアジャ・コングとシングルで対戦するも、垂直落下式ブレーンバスターで完敗。
3月26日、後楽園大会にて行われたタッグマッチで井上貴子と組む。井上は以前、正危軍の前身である「尾崎軍」に在籍していた為、「新旧正危軍」タッグが実現した。

人物[編集]

OZアカデミー正危軍でのコスチューム
  • 英語韓国・朝鮮語スペイン語が話せるマルチリンガル[1]
  • スポーツ暦はダンス。小学生時代に社交ダンス、それ以降はガールズ・ヒップホップを習っていた。また歌も得意で、テレビ番組に出演した際に披露したほか、CDデビューも果たしている。
  • 世羅りさの後を受け、一時期ニコニコ動画アイスリボンchニコ生「週間アイスリボン」でMCを務めていた。
  • リングネームの「真矢」の「真」の字は元アイスリボンの成宮真希から、「魔矢」の「魔」は尾崎魔弓からそれぞれ拝借している。
  • ダークサイドの「雪妃魔矢」の際は白い一本鞭凶器として使用する。一本鞭は元々西尾美香が黒い物を使用していたが、正危軍には引退する西尾と入れ替わりで加入する事になった為、それを色を変えて継承する形となった。OZリングアナ兼ニコプロMCの­中村裕之によれば、「西尾のものと同様、特注品」との事[6]
  • 年齢は非公開であるが、2016年1月9日の横浜大会にて大畠美咲に対して「年上なめんな!」と発したため、少なくとも大畠(1989年1月5日生まれ)より年齢は上であることが判明している。

得意技[編集]

スノウトーンボム
  • チェリー直伝のスワントーンボム
ウィールウィンド
  • 首固めから変形のジャックナイフ固めに以降する丸め込み
  • 「つむじ風」の意
アイシクル バックトライアングル
  • 三角締めから腕固めに移行して極める
  • アイシクルは「つらら」の意
雪の結晶
絡め蹴り
  • 回し蹴りで相手を絡めとってのレッグドロップ
紫閃光
ダブルアーム・スープレックス
チョークスラム
サーフボードストレッチ
STO
トラース・キック
バズソーキック
キャプチュード

作品[編集]

写真集[編集]

  • 雪妃真矢「Color of snow」(2016年11月23日、プリヴェコミュニケーションズ)撮影:野川イサム[7]

CD[編集]

  • Azure sky (2016年、neoplus)

出演[編集]

雑誌[編集]

  • 週刊大衆(2016年12月12日号、双葉社)[8]
  • 『週刊プレイボーイ』(2017年24号、集英社)[9]
  • 「週プレ グラビアスペシャル増刊SUMMER2017」(2017年8月9日、集英社)

テレビ[編集]

ウェブテレビ[編集]

  • お願いランキング#AbemaTV(2017年2月17日、AbemaTVスペシャル2)[10]– 美女レスラー対決
  • お願いランキング第2部(2017年2月17日、テレビ朝日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g “アイスリボン11.24横浜大会でデビューしたユキ(仮)改め雪妃真矢のプロフィールを紹介”. バトル・ニュース. (2014年11月25日). http://battle-news.com/?p=2693 2014年11月28日閲覧。 
  2. ^ a b アイスリボン573 18時00分開始”. 有限会社ネオプラス アイスリボン事業部. 2014年11月28日閲覧。
  3. ^ 横浜リボン2014Ⅴ 12時00分開始”. 有限会社ネオプラス アイスリボン事業部. 2014年11月28日閲覧。
  4. ^ アイスリボン602 19時30分開始”. 有限会社ネオプラス アイスリボン事業部. 2014年11月28日閲覧。
  5. ^ 【試合結果】12・29 レジェンド女子プロレスさいたまスーパーアリーナ大会 長与千種&豊田真奈美&井上貴子vsダンプ松本&ZAP T&アイガー”. バトルニュース (2016年12月29日). 2016年12月30日閲覧。
  6. ^ 2017年3月20日OZアカデミー・グリーンドーム前橋大会のニコプロ配信より。
  7. ^ 人気女子プロレスラー5人の写真集発売!発売記念のサイン会開催決定!”. プロレスTODAY (2016年10月14日). 2016年11月27日閲覧。
  8. ^ “3大袋とじプロレス美女3人「ここまで脱いだ!」”のタイトルでのグラビア掲載
  9. ^ 人気再燃の女子プロレスから“19歳の妖艶なヒール”木村 花と“クールビューティー”雪妃真矢に直撃!”. 週プレNEWS (2017年6月1日). 2017年6月1日閲覧。
  10. ^ 【公式】AbemaTVお願い!ランキング‏@abema_onegai”. twitter (2017年2月16日). 2017年2月17日閲覧。

外部リンク[編集]