神田うの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かんだ うの
神田 うの
プロフィール
愛称 うのちゃん
生年月日 1975年3月28日
現年齢 41歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県 川崎市
血液型 O
公称サイズ([1]時点)
身長 / 体重 169 cm / kg
活動
デビュー 1989年
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 モデル、女優、タレント、ファッション・デザイナー
その他の記録
既婚者
モデル: テンプレート - カテゴリ

神田 うの(かんだ うの、本名:西村 うの(旧姓:神田)、1975年3月28日 - )は日本モデル女優タレントファッション・デザイナー芸能事務所スペースクラフト所属。

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

通産省の元技官大分県出身・大分県立佐伯鶴城高等学校東京大学工学部→東大大学院修了)の父と母(大分県立佐伯鶴城高校)との間に第一子として出生[2]東京都目黒区に生まれる。本名である「うの」は、持統天皇の幼名「鵜野讃良皇女(うののさららのひめみこ)」が由来であり[3] 、幼い頃はこの「ひめみこ」をとって両親や祖母から「ヒメ」と呼ばれて育つ。

父親の赴任に伴い、1歳のときにインドネシアジャカルタに移住。4歳まで同地で過ごしたのち日本に帰国し神奈川県横浜市栄区に居住した。

5歳のときにバレエをはじめる。谷桃子バレエ団に所属していた。

1985年神奈川県川崎市中原区へ転居し、川崎市立木月小学校へ転入。その後、川崎市立住吉中学校を経て1990年白鵬女子高等学校へ入学した。

同高校卒業が最終学歴となった。

モデルからタレントに[編集]

子どもの頃から街を歩くたびに芸能事務所からスカウトされ、何枚もの名刺をもらい続けるが、家族に反対され実現ならず。本人も「芸能」には興味がなかったが、当時からファッション好きだった彼女は、モデル事務所からのスカウトに興味を抱き、親を説得。1989年、14歳でモデルとしてのキャリアをスタートさせる。広告などのモデルを経て、3年後の17歳のときに雑誌『プチセブン』(小学館刊)のモデルに。

19歳の頃から「学校では教えてくれないこと!!」や「笑っていいとも!」、「オールナイトフジ」、「タモリのSuperボキャブラ天国」等多数のバラエティー番組にも出演。

タレントプロデューサーとして[編集]

1999年毛皮メーカーとのコラボレーションで「コスタ・モーダ・ウノ」ブランドを発表、その後サングラスブランド「U-NO」を発表し、現在ではストッキング・下着(Tuche' UK UNOKANDA トゥシェ・ユーケー)、和洋ウエディングドレス(Scena D'uno シェーナ・ドゥーノ)、ウェディングドレス(UNO et L‘ETOILE ウノ・エレトワール)、振袖(Scena D'uno Salala シェーナ・ドゥーノ サララ)、ジュエリー(DUNOA デュノア)、ゴールドジュエリー(Umpresse アンプレーゼ)、の自己ブランドのタレントプロデューサー。

2005年春には南青山に推定5億円ともいわれる豪邸(通称・パンスト御殿)を建てたことで話題になった[4]

2008年5月29日自身のブランドUNO KANDAを始める。パーティー・バッグ、ビジネス・バッグ、財布、パス・ケースを発表。

「嫌われ有名人ランキング」に20年間ずっと入っており、若いころはバッシングへの対処に悩み、泣いた日々もあったそうだが、その後はあまり気にならなくなったという[5]

エピソード[編集]

家族[編集]

前述の父、母に加え2人の弟がいる。長男の神田伸一郎は、東京農工大学卒、同大学院中途退学。大学の柔道部部員同士であった浜谷健司と共に漫才コンビ「ハマカーン」を結成し、2012年の「THE MANZAI」で優勝を果たすなど、第一線で活動している。次男神田昇二郎は、上智大学卒で現在会社員。なお大学在学中に短期間であったが本名名義で芸能活動をしていた時期があった。SMAP木村拓哉とは再従兄妹同士である。

私生活[編集]

1998年11月5日、23歳のときに出会い、約8年の月日を経て現在の関係になったというパチンコチェーン店、不動産会社を経営する西村拓郎日拓リアルエステート株式会社社長)と東京都内の料亭にて結納を交わし、13日、報道陣に億単位の婚約指輪(約5カラットのダイヤモンド)を披露した。

2007年10月8日に挙式した。新婚旅行の行先はドバイ

子宝には長らく恵まれなかったが、2011年5月10日、妊娠5ヶ月であることをブログで発表。妊娠中も自身の美意識に沿った生活を続け、マタニティードレスとしてデザインされた服ではなく、日頃から愛用しているブランドの服を着用。腹部を圧迫しないチュニックやワンピースを選んでいた。靴も普段から履き慣れているという理由からハイヒールを愛用した。妊娠9ヶ月に入ってからヌード写真を撮影(2011年10月26日発売・『an・an』』に掲載)。 2011年10月22日12時35分、2960gの女児を出産したことを発表した。女児についてうのは顔写真や名前は公表しない方針をとっているが、ブログには時折女児についての記述がみられる。文中での女児の呼称は「こうの(ちゃん)」。

「趣味は結婚式」と公言しており、2007年10月明治神宮、2008年4月グアム、2008年7月ハワイ、2008年10月サイパン、2008年12月バリ島、2009年7月モルディブ、2010年3月ケアンズ、と今まで7回の結婚式を挙げている。

2009年7月にモルディブで体験ダイビングを経験した事を契機に、2009年10月にはPADIのOPEN WATER DIVERのライセンスを取得後、同年11月にはADVANCED OPEN WATER DIVER のライセンスを取得した。

タレントとしての活動履歴[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

CM[編集]

PV[編集]

受賞歴[編集]

写真集・書籍・雑誌[編集]

  • プチセブン
  • 『別冊ダンスマガジン バレエって、何?』(1993年10月、新書館
    初版本でレッスン写真の撮影モデルとして掲載
  • 『神田うののゆかた美人しましょ』(1996年7月、日本ヴォーグ社
  • 写真集『UNO』 撮影:宮沢正明 (1996年10月、朝日出版社
  • 写真集『GREAT NUDY UNO KANDA 2000』(たかの友梨ビューティクリニック 限定非売品)
  • 語録集『神田うの』(1998年8月、筑摩書房
  • エッセイ『うのはUNO』(2005年10月、ベストセラーズ
  • ムック『ウノダイアモンド』(2006年10月、アスコム)
  • ムック『うの式 幸せのつくり方 ウノダイアモンド』(2007年11月、アスコム)
  • エッセイ『ミセスUNO』(2009年11月、ベストセラーズ)
  • 『うの樫木やせ』(2012年9月、小学館)
  • 『女も殿であれ! 〜UNO式サクセスルール〜』(2016年5月10日、講談社[7]

CD[編集]

  • JESUS!JESUS!(1994年)
  • アニマル Rock'n' Roll(「ミンクのMimi」名義)

クリエイターとしての活動履歴[編集]

  • グンゼ「Tuche」(トゥシェ)ストッキング&下着
  • クラウディア「Scena D'uno」(シェーナ・ドゥーノ)ウエディングドレス・和装
    「Scena D'uno Salala」(シェーナ・ドゥーノ サララ)成人式振袖
    「UNO et L'ETOILE」(ウノ・エレトワール)シェーナ・ドゥーノのセカンドライン
  • Gohshoジュエリー「DuNoA」(デュノア)「Umpresse」(アンプレーゼ)
  • UNO KANDAバッグ・財布・パスケース・日傘・アンブレラ・手袋
  • UNO UNOママ&ベビーのための妊娠・子育てグッズの新ブランド

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]