高橋奈七永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高橋 奈七永
Nanae Takahashi
高橋 奈七永 Nanae Takahashiの画像
2020.12.23撮影
プロフィール
リングネーム 高橋 奈七永
MOMOKO
高橋 奈苗
本名 高橋 奈苗
ニックネーム 空飛ぶ爆裂冷蔵庫
女子プロレス界の人間国宝
MIRACLE PASSION
身長 165cm
体重 65kg
誕生日 (1978-12-23) 1978年12月23日(44歳)
出身地 埼玉県川口市
所属 フリー
スポーツ歴 アーチェリー
トレーナー アニマル浜口
日高郁人
デビュー 1996年7月14日
中西百重
テンプレートを表示

高橋 奈七永(たかはし ななえ、1978年12月23日 - )は、日本女子プロレスラー。本名及び旧リングネームは高橋 奈苗(読み同じ)。血液型B型。

ラウェイ参戦時にはMOMOKO(モモコ)のリングネームを使用することもある[1]。高校1年の時に中高一貫校を中途退学してプロレスラーになる[2]。アニマル浜口ジム出身。

所属[編集]

経歴[編集]

1996年
2000年
「バクバクKiss」(2000年5月24日発売)
「Kiss of the world」(2001年9月15日発売)
2005年
  • 1月7日、後楽園ホールにおいて、中西百重の引退試合の相手を務める。
  • 4月17日、全日本女子プロレスの解散まで所属した。
2006年
2007年
  • 5月13日、アメリカ合衆国アメージング・コングを破りAWA世界女子王者を奪取するものの、翌14日にAWAによって剥奪された(AWAベルトは協会預り)。
  • 5月27日、後楽園ホールにおいてウェズナー・ビュージック、アメージング・コングによる3WAYマッチで王座決定戦が行われ、試合形式も2人からフォールを奪わなければならない勝ち残り方式となったが、ビュージックがアメージングを裏切り、フォールを奪った。その後、ビュージックからもフォールを奪い、王座奪回に成功した。
  • 9月11日、プロレスリングWAVE初参戦。メインにて同団体のエースである桜花由美に勝利。
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
  • 2月19日、最初で最後のSMASH参戦。TDCホール大会で中川ともか花月と組み、真琴&リン・バイロン&雫あき(現:雫有希)と6人タッグで対戦。
  • 3月20日、後楽園大会にて里村明衣子をワンセコンドEXで下し、ワールド・オブ・スターダム王座を奪取。
  • 10月8日、ディアナ六本木大会における「井上京子25人掛け」の23人目として登場。
  • 11月4日、我闘雲舞に初参戦。板橋グリーンホール大会で中森華子と対戦して勝利。試合終了後、モーリーの挑戦を受けて12月20日の我闘雲舞板橋大会でメインカードとして対戦することが決定。
2013年
  • 3月17日、後楽園でアルファ・フィーメルに敗れ、ワールド・オブ・スターダムから陥落。
  • 7月15日、大阪・ナスキーホール・梅田大会で第5代ゴッデス・オブ・スターダム王座決定トーナメントを制し、王座に就く。(パートナーは脇澤美穂、決定戦の相手は夏樹☆たいよう&世IV虎)
2014年
  • 10月5日、ディアナ初の後楽園大会にて、井上京子から推薦され生え抜き第2号となる田中盟子のデビュー戦の相手を務め勝利[8]
2015年
  • 5月13日、当日付でスターダム退団を発表[9]。足首の怪我が治り次第、フリーとして復帰する予定。
  • 6月12日、引退後世界旅行を終え帰国した夏樹(後に「南月たいよう」に改名)と新団体「SEAdLINNNG」の設立を発表[10]
  • 6月25日、SEAdLINNNG後楽園ホール大会の開催並びにリングネームを高橋奈七永に改名することを発表。
  • 7月17日、ラスベガスで行われたROHの興行で復帰。
  • 8月26日、SEAdLINNNG後楽園ホール大会を開催。
  • 10月30日、Rt 10-Happy Halloween WAVEの試合後に二上美紀子に呼びこまれて登場。山下りなにSEAdLINNNGに参戦を要求すると、山下から対戦を要求される。
  • 12月27日、年末大感謝祭 THANKsGIVING WAVEに参戦し、山下に冷蔵庫爆弾を決めて勝利。試合後大畠美咲から対戦を要求される。
2016年
  • 1月3日、HAPPY NEW YEAR WAVE’16に参戦し、大畠と息吹でのシングル以来2度目のシングルを行う。ワンセコンドEXを決めて勝利。試合後、水波綾からも対戦を要求される。
  • 2月6日、Early Valentine waveに参戦し、水波と対戦し勝利。
  • 7月3日、WAVE後楽園ホール大会で水波と再戦。
  • 12月11日、ミャンマーヤンゴンで開かれたラウェイ興行に出場し、現地の女子61 - 64キロ級王者であるシェー・シン・ミンに勝利[1]
2017年
  • 8月24日、後楽園ホール大会でザ・グレート・サスケと対戦。高橋もイスを駆使した試合運びを見せる、ラダーからの冷蔵庫爆弾を投下するなどの活躍を見せ、最後はラダー上へのイクボムで3カウントを奪い、TLCマッチを制した。記録は13分34秒でエビ固め。試合後、高橋はサスケから「凄い人がいました。私の目に狂いがなかった。彼女こそがリアルワンダーウーマン」と賛美の言葉を受け、さらに「私の頼もしいパートナーになってもらいたい!」とムーの太陽への勧誘を宣言される[11]
2019年
  • 9月18日、後楽園ホール大会でで中島安里紗彩羽匠を破り、BEYOND THE SEA SINGLE王座を獲得。試合後、中島が高橋を挑発してシングルマッチの流れとなり、高橋が「髪を懸けろ」と要求。中島は断固拒否の構えを見せていたが、9月23日川口での直接対決(6人タッグマッチ)で高橋が中島から直接フォール勝ちし、再度、髪切りを要求したことを受けて中島も受諾。11月2日のカルッツかわさき大会でのシングルマッチは敗者髪切りマッチで決行される事になった。さらに10月6日新宿大会で中島が笹村あやめを相手に王座防衛に成功。この結果を受けてBEYOND THE SEA SINGLE王座も懸けられることになった[12]
  • 11月2日、カルッツかわさき大会にて中島とBEYOND THE SEA SINGLE王座戦および髪切りマッチ行うも敗戦し、高橋が坊主となった。
2021年
  • 12月14日、高橋は社長を務めるSEAdLINNNGを年内で退団することを発表。また2017年にうつ病を患っていることを告白した。退団する理由として2020年2月に手術した左足関節および10月手術した右ヒザの治療に専念するためとして、来年以降社長兼プレーヤーとして活動することは困難と判断したうえでの退団と説明した[13]
2022年
  • 高橋の全女の先輩に当たるブル中野のYouTube「ぶるちゃんねるBULLCHANNEL」にゲスト出演。
  • 3月23日、GLEAT新宿大会に来場し参戦を宣言した[14]

得意技[編集]

女子レスラーとしては貴重なパワーファイターであり、優れた体を生かしながらラリアット、冷蔵庫のような飛び技といった気合いの入ったプロレスを身上としている。

冷蔵庫爆弾
変形バックドロップ
ナナラッカ
ナナロック
チャナラッカ☆百
技名の「百」は、技の開発者で親友の中西のことを指している。
アルバトロス
ワンセコンド
ワンセコンドEX
ショットガンΩ
イクボム
技名の「イク」は、CHICK FIGHTS SUN時代に技を伝授してくれたコーチの日高郁人のことを指している。
19
技名は、技を使用した日が現役生活19年目を迎えたことが由来。
シャイニング膝アッパー
リバーススプラッシュ
ラリアット

入場曲[編集]

  • 初代 : NANARACKA ※「バクバクKissの世界-W EXPLOSION-」に収録
  • 2代目 : MIRACLE PASSION

タイトル歴[編集]

全日本女子プロレス
JDスター女子プロレス
CHICK FIGHTS SUN
NEO女子プロレス
アイスリボン
JWP女子プロレス
スターダム
SEAdLINNNG
超花火プロレス
プロレス大賞
  • 女子プロレス大賞(2010年)

エピソード[編集]

  • 以前の団体内でのキャッチフレーズは「極太あやや」。現在でも東京スポーツ紙面に「極太」と書かれることもある。
  • アイスリボン参戦時には「初心に帰りたい」という意向から、ナナラッカ等の一部の技を封印している。
  • 情熱的な戦いをモットーとしており、パッションレッドを結成以降は、それを「パッション」と表現している。スターダムでは「情熱注入」と称し新人の壁となって立ちはだかる。
  • デビュー戦や引退試合の相手として指名されることが多い。スターダムでも鹿島沙希のデビュー戦の相手となり、夏樹☆たいようの引退試合の相手に指名されている。また、他団体であるワールド女子プロレス・ディアナ代表の井上京子より、田中盟子のデビュー戦の相手として推薦されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “高橋奈七永 ミャンマーのラウェイ大会で王者にKO勝利”. 東京スポーツ. (2016年12月12日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/173680/ 2022年9月25日閲覧。 
  2. ^ シードリングを退団した高橋奈七永選手登場!! - YouTube
  3. ^ [いざ、3・14川崎へ]《22》高橋奈苗vs華名は発表前に中止”. livedoor Blog. NEO女子プロレス社長のブログ (2010年3月4日). 2012年7月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年9月25日閲覧。
  4. ^ “いろいろあった女巌流島対決は、ノンタイトル戦ながら30分を超す熱戦に!JWP勢も見つめる中、奈苗がさくらに激勝!”. バトル・ニュース (コラボ総研). (2010年7月2日). http://battle-news.com/battle/2010/07/000156.php 2022年9月25日閲覧。 
  5. ^ “RENAと渡辺久江、Girls S-cup一回戦で激突”. バウトレビュー. (2010年7月27日). オリジナルの2017年10月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171026182200/http://www.boutreview.com/2/news/shootboxing/item_5452.html 2022年9月25日閲覧。 
  6. ^ “【シュートボクシング】5Rの死闘の末、RENAが高橋藍を破りGirl’sS-cup二連覇を達成!”. GBR (ヨシクラデザイン). (2010年8月29日). http://gbring.com/sokuho/result/result2010_08/0829_sb.htm 2022年9月25日閲覧。 
  7. ^ “風香プロデュースの新団体『スターダム』に、奈苗や夏樹、ゆずポンらが参加!所属選手11名で来年1月旗揚げ!”. バトル・ニュース. (2010年9月7日). http://battle-news.com/news/2010/09/000199.php 2022年9月25日閲覧。 
  8. ^ 10/5(日)後楽園大会 試合結果”. ワールド女子プロレス・ディアナ. 株式会社サン・プロレス事業部 (2014年10月6日). 2022年9月25日閲覧。
  9. ^ “2015年5月13日 高橋奈苗が退団を発表” (プレスリリース), 株式会社スターダム, (2015年5月13日), http://wwr-stardom.com/?new01=2015%E5%B9%B45%E6%9C%8813%E6%97%A5%E3%80%80%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%A5%88%E8%8B%97%E3%81%8C%E9%80%80%E5%9B%A3%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%A8 
  10. ^ “高橋奈苗が愛弟子・世IV虎への思いを初激白”. 東京スポーツ. (2015年6月12日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/117154/ 2022年9月25日閲覧。 
  11. ^ 週刊プロレス2017年9月13日号p.117-119
  12. ^ 高橋奈七永 (2019年10月7日). “11・2川崎で中島安里紗のベルトと髪の毛いただきますね。”. Amebaブログ. 高橋奈七永オフィシャルブログ「PASSION!」. 2022年9月25日閲覧。
  13. ^ “【シードリング】社長兼選手の高橋奈七永が年内退団!うつ病を告白し「迷惑かけちゃうと思った」”. 東京スポーツ. (2021年12月14日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/132847/ 2022年9月25日閲覧。 
  14. ^ “【GLEAT】高橋奈七永が電撃登場、GLEAT参戦を宣言「本当の女子プロレス教えてやるよ」…”. プロレス格闘技DX (ジグノシステムジャパン). (2022年3月23日). http://dx-sp.gsj.bz/dxnews.Index/detail/?news_id=20220323019 2022年9月25日閲覧。 

外部リンク[編集]