青柳優馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青柳 優馬
青柳 優馬の画像
2018年
プロフィール
リングネーム 青柳 優馬
本名 青柳 優馬
ニックネーム ロックスター
身長 186cm
体重 90kg
誕生日 (1995-11-02) 1995年11月2日(23歳)
出身地 長野県松本市
所属 全日本プロレス
スポーツ歴 サッカー
陸上
トレーナー 青木篤志
デビュー 2014年12月14日
テンプレートを表示

青柳 優馬(あおやぎ ゆうま、1995年11月2日 - )は、日本プロレスラー全日本プロレス所属。長野県松本市出身。長野県田川高等学校卒業。

経歴[編集]

中学まではサッカーをしていて、プロレスファンだった父と一緒にテレビや試合会場でプロレスを観戦していた。青柳も「好き」からいつしか「自分もプロレスラーになりたい」という憧れに変わり、高校受験を控えた時期にプロになる決意を両親に伝えた。

新人時代[編集]

高校卒業後、2014年4月1日に全日本プロレスに入門。その後、約8か月の練習生期間を経て12月14日後楽園ホール大会にて宮原健斗とのシングルマッチでデビューを果たす。和田京平レフェリー40周年&還暦記念大会の第一試合が青柳のデビュー戦となった。デビュー戦のレフェリーを和田が務め、後楽園ホールで開催され、「青色のショートタイツのコスチュームを着用する」との状況は全日本プロレス社長の秋山準と同じである。また、青柳が着用した青色のショートタイツは秋山からのプレゼントである。

2015年末、世界最強タッグ決定リーグ戦にて野村直矢とのタッグで出場したが、結果は勝ち点2で予選敗退となった。

2016年2月、中島洋平の持つGAORA TV王座に挑戦したが敗れる。また4月のチャンピオン・カーニバルには野村、ジェイク・リーが出場したが青柳だけは出られず、これを逆にチャンスと考え社長の秋山が出場するWRESTLE-18月11日横浜大会での秋山のパートナーに名乗りを上げ、さらに8月新日本プロレスプロレスリング・ノア共催のスーパーJカップへの出場希望もぶち上げた。

5月25日、社長の秋山の要請により「AJレンジャー」のブルーとなる。

ジュニアヘビー級時代[編集]

Yuma Aoyagi 2016424.jpeg

7月20日には第6回スーパーJカップに出場したが、一回戦で鈴木軍タイチに敗れた。青柳も大舞台に向けて用意したシューティングスター・プレスの目測を誤るなど不甲斐ないファイトが目立ち、タイチからも「あんな小僧なんか当てるな。オレとやるレベルじゃない」と酷評された[1]

9月19日、後楽園ホール大会で宮原&ジェイクのNEXTREAMに野村とのタッグで対戦。青柳も三冠王者に強烈に食い下がる等熱戦を展開して会場を熱気で爆発させた。試合には敗れたものの、試合後に宮原から直接勧誘を受けNEXTREAMに加入する。

11月27日両国国技館大会の世界ジュニアヘビー級選手権試合勝者の石井慧介にベルトへの挑戦をアピールし翌年の1月3日に同王座挑戦が決定した。また王座戦に向けて新開発した技「ロックスターバスター」を12月20日に披露した。2017年1月3日にタイトル挑戦を迎えるが敗北した。

4月13日、新日本の若手興業「LION'S GATE」に参戦。岩本煌史とのタッグで邪道外道組と対戦するが、邪道のグリーンキラーで破れた。

2017年8月27日、全日本プロレス45周年記念両国大会 〜新たなる決意〜においてJカップ以来となるタイチ戦を実現させる[2]。青柳もゴング前に奇襲してドロップキックを放った。さらにジャーマンスープレックスの3連打などで攻めてタイチから何度か2カウントを取ったが、最後はタイチのバックドロップ、後頭部へラリアット、ジャンピング・ハイキック、タイチ式ラストライドで仕留められた。試合は13分19秒、タイチ式ラストライドからのエビ固めにより青柳の負けとなった。しかし、青柳の試合内容の良さからタイチからは「あの若いのだってよ…このバカ団体よりはちょっとぐらいいいんじゃねぇか」と前回の激怒から打って変ったコメントを出した。試合後に青柳は「まだまだ自分の力が足りないですね。負けたままじゃ終わらないです」と自らリベンジを誓った[1]

ヘビー級時代[編集]

9月12日にヘビー級転向の意思を表明。野村とのタッグでアジアタッグ王座を奪取すると4度の防衛に成功し、東京スポーツプロレス大賞新人賞を受賞する。だが、2018年1月25日の新木場大会で対戦相手の崔領二の場外へのリフトアップホイップの着地に失敗、右足を骨折し欠場[3]。同年6月5日に復帰[4]すると、7月29日に再度野村とのタッグでアジアタッグ王座を奪還。4度の防衛を果たす。

2019年2月25日、野村のNEXTREAM脱退に伴い、アジアタッグ王座を返上。青柳自身はNEXTREAM残留を表明する[5]。同年チャンピオン・カーニバルに初出場、新技「エンドゲーム」でゼウスに土を付けるなど健闘したが、最終的に3勝5敗、ギアニー・ヴァレッタと同点の得点6でリーグA最下位に終わった[6]

得意技[編集]

エンドゲーム
ハンマーロックフロント・ネックロック
左腕でネックロック、右腕で相手の左腕をハンマーロックに固める複合技[7]
2019年4月10日、チャンピオン・カーニバルゼウス戦で初公開。
ロックスターバスター
2016年12月20日に初公開した青柳のフィニッシュホールド。
DDT・石井との世界ジュニアヘビー級戦用に開発した、キャプチュードのように足をクラッチする変型フィッシャーマンバスター。命名はすぐにはせず、2017年の1月2日に技名を公開した。青柳のニックネームでもある「ロックスター」を冠した名前とした。
ドロップキック
フィッシャーマンズ・スープレックス
ジャンピング・ニーバット

タイトル歴[編集]

全日本プロレス
新春バトルロイヤル
優勝(2016年)
根室食堂杯争奪6人タッグトーナメント
優勝(2017年、パートナーは宮原健斗&ジェイク・リー)
アジアタッグ王座
第103代、第105代(パートナーは野村直矢
プロレス大賞
2017年 新人賞

人物[編集]

  • プロレスラーを目指すきっかけとなったのは、学生時代に地元長野で観戦した全日本プロレスであり、その時から、全日本プロレスに入門する以外は考えていなかったという。
  • 入場時には入場曲に合わせてタオルをまわしながら入場する。
  • 4歳年下の弟である青柳亮生は2018年4月に全日本プロレスに入団、2019年1月2日にデビュー。

入場曲[編集]

  • 初代 : Disillusion
  • 2代目 : Rockstar(tA2)

メディア出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 週刊プロレス2017年9月13日号pp.12.
  2. ^ 【2017 SUMMER EXPLOSION [最終戦 全日本プロレス45周年記念両国大会 ~新たなる決意~】 東京・両国国技館 ≪15:00開始≫]”. 全日本プロレス. オールジャパンプロレスリング. 2017年8月19日閲覧。
  3. ^ “【全日本】青柳が右足骨折で長期欠場”. 東京スポーツ. (2018年1月30日). https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/ajpw/901459/ 2019年4月12日閲覧。 
  4. ^ “【全日本】青柳優馬 復帰戦での敗戦に危機感あらわ”. 東京スポーツ. (2018年6月6日). https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/ajpw/1031206/ 2019年4月12日閲覧。 
  5. ^ 2/25【全日本】青柳が怒りの野村糾弾 ノムヤギ返上でアジアタッグ王座決定トーナメント3・21名古屋…”. プロレス格闘技DX (2019年2月25日). 2019年2月25日閲覧。
  6. ^ 2019 Champion Carnival 得点状況[全日程終了]”. 全日本プロレス (2019年4月29日). 2019年5月1日閲覧。
  7. ^ 4/10【全日本】ゼウス止めた 青柳が新技「エンドゲーム」で値千金の初白星…”. プロレス格闘技DX (2019年4月10日). 2019年4月12日閲覧。
  8. ^ はじめまして!マリンダです!”. FMまつもと(長野県松本市のコミュニティFM放送) (2017年4月5日). 2019年5月1日閲覧。

外部リンク[編集]