全日本プロレスTV認定6人タッグ王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
全日本プロレスTV認定6人タッグ王座
詳細
現王者 ヨシタツ&立花誠吾&植木嵩行
獲得日 2021年10月16日
管理団体 全日本プロレス
創立 2020年12月13日
統計
初代王者 大森隆男&ブラックめんそーれ&カーベル伊藤
最長保持者 大森隆男&ブラックめんそーれ&カーベル伊藤:195日
最年長 大森隆男:51歳
最年少 立花誠吾:23歳

全日本プロレスTV認定6人タッグ王座(ぜんにほんプロレスティー・ブイにんていろくにんタッグおうざ)は、全日本プロレスが管理・運営するタイトルである。

概要[編集]

2018年頃、諏訪魔が6人タッグ王座の新設を提唱。2020年に新設予定であったが、コロナ禍による影響などを受けて設立が遅れていたところ、団体スポンサーのカーベルよりベルトが寄贈され、全日本プロレスTV認定による6人タッグ王座設立が11月13日に発表された[1][2][3]。6人タッグ王座は団体初であり、王座の新設は2012年GAORA TV チャンピオンシップ設立以来8年ぶりとなる[4]

創設時点ではPWFの認可は受けていない[4]

歴史[編集]

2020年12月13日の後楽園ホール大会で、同王座初代王者決定戦を開催。大森隆男&ブラックめんそーれ&カーベル伊藤組と、崔領二&レブロン&大門寺崇組により時間無制限一本勝負で行われ、大森&めんそーれ&伊藤組が勝利、初代王者チームに輝いた[4]

歴代王者[編集]

歴代 レスラー 防衛回数 獲得日付 獲得した場所(対戦相手・その他)
初代 大森隆男&ブラックめんそーれ&カーベル伊藤 1 2020年12月13日 後楽園ホール崔領二&レブロン&大門寺崇
第2代 TAJIRI&大森北斗&児玉裕輔 0 2021年6月26日 大田区総合体育館
第3代 ヨシタツ&立花誠吾&カーベル伊藤 2 2021年7月22日 後楽園ホール、王座返上
第4代 ヨシタツ&立花誠吾&植木嵩行 2021年10月16日 大田区総合体育館

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]