NEXTREAM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

NEXTREAM(ネクストリーム)は、全日本プロレスで活動するプロレスユニット。コンセプトは今風。NEXTREAMは「NEXT(ネクスト)=次の」、「STREAM(ストリーム)=風」をあわせた造語。「全日本プロレスに新たな風を巻き起こすということ、新しい流れ、勢いを生み出していく」という意味がある[1]

概要[編集]

2015年12月7日世界最強タッグ決定リーグ戦で優勝した宮原健斗&諏訪魔組だが、優勝セレモニーの直後に諏訪魔が宮原の差し出した握手を拒み仲間割れ。暴行を加えられた宮原を救出する形で割って入ってきたジェイク・リーが、宮原との共闘の意思を表明。その場に青柳優馬佐藤恵一もおり、青柳は宮原らとは握手せずにそのままリングを下りて、佐藤は両者と一緒に勝ち名乗りを上げたため、宮原・ジェイク・佐藤でのユニット結成になるかと思われた。しかし結局翌日の会見では佐藤は姿を現さず、宮原とジェイクだけの会見になった[2]

12月15日後楽園ホール大会「ファン感謝デー」でユニットとして正式始動。12月25日、会見でユニット名を発表[1]。翌2016年2月12日には、宮原が三冠ヘビー級王座を初戴冠する。

2016年9月19日、後楽園ホール大会で宮原&ジェイクvs野村直矢&青柳のタッグマッチが組まれ、試合後に宮原が二人を勧誘、二人も受諾し野村と青柳が加入[3]

2017年7月17日、ジェイク&野村組が世界タッグ王座に輝くも、7月29日にジェイクが足首の負傷で長期欠場に入り、タイトルも返上を余儀なくされる。

2018年4月25日、長期欠場から復帰するジェイクが、復帰前のあいさつでNEXTREAM脱退を宣言。6月5日崔領二らと新ユニット「Sweeper」を結成する。9月27日ダスキンのマスコット「ダス犬」のYouTube動画「ダス犬さんぽ」に、NEXTREAMの3人が出演[4][5]

2019年2月24日、諏訪魔相手に三冠ヘビー級王座を防衛した宮原に、野村が挑戦を表明、NEXTREAMも脱退する。翌2月25日、青柳は野村のアジアタッグ王座返上を巡る一貫しない姿勢に反発し、残留を表明[6]

メンバー[編集]

共闘メンバー[編集]

元メンバー[編集]

戦績[編集]

三冠ヘビー級王座
宮原健斗(第55代、第57代、第60代、第62代)
世界タッグ王座
ジェイク・リー&野村直矢(第76代)
宮原健斗&ヨシタツ(第80代)
アジアタッグ王座
野村直矢&青柳優馬(第103代、第105代)
チャンピオン・カーニバル優勝
宮原健斗(2019年)
王道トーナメント優勝
宮原健斗(2018年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]