全日本プロレス2 3・4武道館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
全日本プロレス2 3・4武道館
ジャンル スポーツ
対応機種 スーパーファミコン
開発元 ナツメ
発売元 メサイヤ
人数 1 - 2人
メディア ロムカセット
発売日 1995年4月7日
テンプレートを表示

全日本プロレス2 3・4武道館』(ぜんにほんプロレスツー さんてんよんぶどうかん)は、1995年4月7日メサイヤから発売された日本スーパーファミコン専用ゲームソフト

概要[編集]

1993年に発売されたプロレスゲーム全日本プロレス』のシリーズ通算四作目である。また、唯一のナンバリング作品である。

スーパーファミコン用ソフトとしては『全日本プロレス´ 世界最強タッグ』の続編にあたる。

タイトルの「3・4武道館」とは、同年3月4日に開催された日本武道館興行を示す。ただし、同興行の開催時点でのアジアタッグ王者に誤りがある(ゲーム中ではカンナム・エクスプレスだが、実際には同年1月29日秋山準&大森隆男組が奪取している)。

前作からの変更点[編集]

  • 『世界最強タッグ』で削除された渕正信が再び使用キャラクターに追加され、新たに大森隆男ジョー・ディートンが使えるようになった。
  • 体力ゲージが非表示となったため、勘に頼ってプレイしなくてはならない。
  • 「馬場のプロレス道場」が削除された。

ゲームシステム[編集]

基本的には前作と同じであるが、興行モードがゲームのメインとなっている。

ゲームモード[編集]

  • 三冠ヘビー級選手権
  • 世界タッグ選手権
  • 世界最強タッグ決定リーグ戦
  • チャンピオン・カーニバル
  • ジャイアントシリーズ
  • 新春バトルロイヤル

登場するプロレスラー[編集]